Our Blog

こんにちは、庄田です。
大学生活もあとわずか、いわゆる
卒論というものに頭を悩ませる
日々が続いています…(笑)
私は骨格をテーマに実験をして
いるのですが、友達の研究室に
新しいイモリが来たよ!と教えて
もらったので早速見てきました!

名前はイベリアトゲイモリ。
巷では「露骨な攻撃手段」をとる
イモリと言われています。
その攻撃手段とは…

このオレンジ色の斑点がある
辺りから肋骨が皮膚を突き破って
出てくるそうです!
しかもその肋骨の先端には毒が
あるんだとか…(°_°)
だから露骨(肋骨)な攻撃手段
と言われているわけですね(笑)

実際に威嚇したところは見て
いないのですが、少しだけ骨が
突き出てくるそうですね。
これは肋骨を回転させることで
骨を飛び出させることを可能に
しているそうです。
全く想像がつかないですよね!
傷口が化膿しないのは、イベリア
トゲイモリ自体の免疫力が高く、
また肋骨周辺のコラーゲン繊維が
多いおかげで傷の治りが早くなる
からではないかと言われている
そうです。

様々な分野において注目されて
いるイベリアトゲイモリ、
科学の発展に一役買ってくれる
かも知れませんね!
個人的にも肋骨が回転する所を
いつか見てみたいものです…(笑)

〜動物紹介〜
和名:イベリアトゲイモリ
英名:Iberian ribbed newt
学名:Pleurodeles waltl
分類:有尾目イモリ科トゲイモリ属
分布:スペイン南部・ポルトガル南部