Our Blog

冬のこの時期は集客率が下がる傾向とされる
屋外展示系の動物園さんや水族館さん達の
冬の集客アップ作戦が全国各地で展開され
公立も民間運営も競ってイベントを打ち出す

内容的にはどの施設も期間限定モノが大半で
干支絡みや縁起もの系での展示が主流であり
目新しいスタイルのものや企画は少ないが
色々と勉強になるので時間があればチェック
生体種や展示方法は勿論、イベントに関する
メディアパブの有無、各SNSなどでの反響や
ゲストの反応など参考にさせて頂いてます。

勿論、自身がプロデュースに携わった企画や
イベントなども含まれますので、この時期の
独特な緊張感は半端ないですが、、。

そんな中、昨今の依頼で目立つワードには
エンターテイメント性という言葉を含めた
幾つかのワードが存在する傾向にある。
動物展示とコラボするには極めて難しいもの
なかなかの苦戦を強いられる案件ばかり…

時代の流れとしては
飼育動物の正常な行動の多様性を引き出し
動物の福祉と健康を改善するための飼育環境
この環境エンリッチメントと呼ばれる対応が
行動型展示というスタイルを作ったように
ランドスケープイマージョンと呼ばれる
生息環境一体型展示などの概念をベースに
ゲストがコンクリートと檻の中に動物を見る
この従来の生体展示の形を崩さない限り
色々な意味で難しくなって行くと思われる。

自然の中に動物を見る展示が主流となり
教育普及事業としての取り組みがなされ
各施設で展示の多様化と個性化が進まねば
本当の意味での集客アップにはならない…
そんな気がします。

動物イベントの企画プロデュースから
動物施設のアミューズメント施工は勿論
新規参入のショップ様のプロデュースなど
WEB構築~実店舗の改装図面までフル対応
動物ビジネスの事なら先ずはご相談下さい。

動物プロダクション
有限会社サイエンスファクトリー

【 Facebook 】
https://www.facebook.com/sciencefactory1996
【 Twitter 】
https://twitter.com/1996SF
【 YouTube 】
https://www.youtube.com/user/sciencefactory1996
【 Shopping Cart 】
http://sf-japan.ocnk.net