Category: 昆虫

映画やドラマなど
撮影用に使われる蝶や様々な昆虫の養殖
採集代行なども動物プロダクション内の
昆虫プロダクション事業部として活動し
これまでにも多くの作品やイベント
様々な現場に携わってきております。

手の平で羽ばたく蝶や
花畑に群がる蝶の演出など
様々なロケーションに合わせて操ります。

アゲハチョウとは昆虫綱鱗翅目
アゲハチョウ科の総称
(アゲハ蝶、揚羽蝶、鳳蝶)
チョウ目・アゲハチョウ上科内の分類単位
または同科に属するナミアゲハの別名。

アゲハチョウ科の蝶は全世界に約600種
アゲハチョウ科は、3つの亜科に分類され
更に幾つかの「族」に分けられています。

ナミアゲハ(Papilio xuthus)は
日本におけるその代表種と言える蝶
“ swallow-tail ”
※イギリスでswallow-tailといえば
キアゲハの事を意味する。

国内でアゲハチョウと言えばアゲハチョウ亜科
(Papilioninae)の種を指すことが多いが
アゲハチョウ科にはギフチョウや
ウスバシロチョウなどの蝶の種類も含まれる。

モンシロチョウ(紋白蝶)
学名:Pieris rapae
チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科
シロチョウ科に分類されるチョウの一種。

オス個体は前翅の黒い部分が小さく
全体に黄色みが強く
メス個体は前翅の黒い部分が多く
前翅のつけ根部分が灰色をしている。

翅に紫外線を当てる事でメスの翅は白く
オスの翅は黒く見えるため
オスメスの区別は比較的容易な種である。

蝶は完全変態(かんぜんへんたい)をする
昆虫の仲間であり、完全変態とは
卵から幼虫、幼虫から蛹、蛹から成虫へ
その成長段階と共にカラダの仕組みや
その姿形を変えて成長していく事を言います。

 

撮影に使う昆虫の事なら
昆虫プロ・サイエンスファクトリーにお任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

オーストラリア便入荷
不動の人気を誇るゴキブリ
“ヨロイモグラゴキブリ”

この時期は現地での
採集シーズンも終わる事から
最終便をギリギリまで調整

GWから夏休みイベントまで
各地で行われる展示イベントや
企画展用などの展示生体として
明日より全国へ出荷の予定

※ヨロイモグラゴキブリは
年間を通して採集は可能だが
日本側の外気温が高すぎる為
到着時のロスが非常に多いので
夏場に輸入する事はしない。

自社ショッピングカートはこちら
http://sf-japan.ocnk.net

ヨロイなどのゴキブリ達はココ↓

http://sf-japan.ocnk.net/product-list/17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物プロダクションとしての活動枠の中でも
昆虫プロダクションとしての活動実績が多く
撮影用は勿論、企画展などのイベント展示や
テーマパークなどのアトラクション内での
相乗効果を利用した演出施工など様々ですが
その中でも一番多いのが“ 蝶を使った演出 ”

生きた蝶を実際に飛ばすフライ撮影や
手のひらや指先などで羽ばたくホバリング
舞台背景や情景、四季などを表す為のものや
蝶そのものの優雅さや優美さを表現するもの
蝶の羽化シーンなどは昆虫図鑑や科学館展示

などの学術目的としても活用して頂くなど
様々な用途でご利用して頂いております。

撮影に生きた蝶を実際に使う事の難しさは
蝶の飼育方法や蝶の生態に詳しい方なら
理解して頂けるかと思いますが
大抵の場合、一般的なイメージとしては
“ その辺で飛んでるのを捕まえて使ってる ”
“ 常に成虫を飼っている(持っている) ”
そんなイメージでお問合わせを頂くケースが
圧倒的に多いのが現場サイドの現状です。

勿論、撮影内容やシーズンによっては
採集個体を使うような場合もありますが
野外採集品の場合はスレ傷や欠損、鱗粉落ち
ビジュアル的に寄りの映像に耐えられない。
野外採集品ゆえに寿命が読めない為
撮影日まで持ち堪えられるかが賭けとなる。

それらの問題をクリアする為にも基本的に
撮影用には人工飼育された個体を用います。

成虫での飼育方法(ストック方法)などは勿論
人為的なタイミングで羽化させる方法や
蝶のフライ撮影の為に必要な技術や技法など
撮影までの準備期間なども含めますと
意外にも大変なミッションなのが実情であり

撮影日の数日前に“ 蝶を使いたい ”
“ 蝶を飛ばして欲しい ”と言われましても
タイミングにもよりますが…“ ほぼ無理 ”

“ 採れれば… ”     “ 生きてたら… ”   やります。

そんなタラレバなノリで仕事が貰えるなら?
喜んでやらせて頂きますが(笑

習性などを利用して撮影するパターンの中に
“ 街灯の光に群がる蛾 ”というシーン
この際に利用するのが“走行性”という習性
光に反応して移動する習性を利用する。
勿論、蛾の種類によっても走行性の強弱や
街灯に使われている光の種類によっても違い
どの位置に群がらせたいのか
どの方向に飛ばしたいのかなどにより
照明や温度などの調整なども必要となります
蛾以外にもジャノメチョウや
イチモンジセセリなどにも走行性があるので
やってみたい方がいる場合に限定な話ですが
蛾が見つからない時にはオススメします。

 

【 Facebook 】
https://www.facebook.com/sciencefactory1996
【 Twitter 】
https://twitter.com/1996SF
【 YouTube 】
https://www.youtube.com/user/sciencefactory1996
【 Shopping Cart 】
http://sf-japan.ocnk.net

 

 

近い将来に食糧危機が訪れた際
昆虫食が食糧難を救うとして国連さんも推奨
食糧問題を解決する将来有望なタンパク源
日本でも「昆虫」が注目されているという話

“ まだ来ないの?いつ来るの? ”

撮影用の昆虫の養殖事業に力を入れている為
食用の為の昆虫農家に転身する日が来るかも
そんな能天気な発想からも昆虫食ブームから
目が離せないのである…たぶん。

勿論、食料危機などの近い将来は望まないが
日本では昆虫食に対しての抵抗感は半端なく
ゲテモノ喰いのイメージは払拭されぬまま
虫を食べる事がパフォーマンスとされたり
罰ゲーム的な要素として使用するメディアも
圧倒的にゲテモノ喰いなイメージで伝える。

 

 

見た目からくる抵抗感を払拭しようとする
海外のような取り組みは未だ見られないまま
姿煮や丸焼きの状態でゲテモノ感を煽ってる
この風潮のお陰で?撮影関係のお仕事が増え
ホクホク状態な立場の私が言う事ではないが
そろそろ違う食べ方も定着させたいところ。

海外では虫を使ったスナック菓子なども販売
原材料として使用しやすい用に粉末加工した
加工済みの昆虫食材などが流通しています。

ま、食糧危機が来ずに
ゲテモノ喰いなノリが末長く続いてくれれば
自社としては一番有難い事なのですがね。

★昆虫食を試してみたい方への注意点…

「虫は生で喰うな!!」

野生の昆虫=野生動物の生肉を喰うのと同じ
刺身感覚や新鮮さはウリにならないので注意
天然採集された昆虫には食中毒を起こす細菌
人にも寄生するタイプの寄生虫を持っている
可能性もあるので必ず加熱して食べるべし。

焼くも良し、茹でるも良し、煮るも良し
揚げたり蒸したり炒めちゃっても良い。
生はダメ、絶対。

「昆虫食アレルギーかも!?」

昆虫の身体を構成する成分にはエビやカニと
同じ殻の成分「キチン質」が含まれています。
なので甲殻類アレルギー持っている方などは
特に注意が必要です。
昆虫食も他の食品同様にアレルギー症状などを
引き起こす可能性を持っている事を認識し
先ずは少量から食べてみるべし。

「毒ある虫でも大丈夫!?」

食用として流通しているタイプのサソリや
タランチュラは高温で長時間の加熱をする事で
毒性は無くなるそうなので食べてみるべし。
※全ての種に当てはまる訳ではありません。

ちなみに、ツチハンミョウやマメハンミョウは
体液に「カンタリジン/cantharidin」という
猛毒を持っており体液に触るだけでも危険です
食べてしまった場合のカンタリジンの症状は
嘔吐や腹痛、下痢等を発症しますが、致死量が
極めて少量に為に最悪の事態も起こりますので
絶対に食べるな!
※カンタリジンはカミキリモドキ類にもある。

「虫だからと何でも喰うな!!」

腐肉をエサとしているゴミムシやシデムシ
家庭内で見かける雑食性の高いゴキブリなどの
感染性の細菌を保有している可能性の高い虫や
毒性の高い植物を食べて育ち体内に毒素を蓄積
しているような昆虫などもいますので注意。

昆虫食ブームのパイオニアになりたいなら
昆虫マニアになって虫を選んでから喰うべし!!

※無菌タイプの養殖ゴキブリが必要な場合は
国産種外産種問わず 当社までご連絡下さい。

そんな日は来なくて良い。

大半の方はそう思われると思いますが
映像の世界などでは意外と使われており
シチュエーションや舞台背景などに合わせ
走らせてみたり…飛ばしてみたり…

時には大量のゴキブリ達を使用するような
変わったご依頼もあったり

そんな状態を想像するだけで
気分を害される方も少なくないはずなので
施工方法などをあまり細かくは書きませんが
虫を操る事も我々のお仕事のひとつですので
どんな昆虫であれご用意させて頂いてます。

※撮影用のゴキブリは無菌タイプの養殖個体

そんなゴキブリ依頼(国産種限定)の中で
最も出番多いのがコイツ↓

【1位】

■和名:クロゴキブリ
■英名:smoky brown cockroach
■学名:P. fuliginosa
■原産:中国南部
■体長:30~40mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月中旬~10月上旬
■卵鞘内日数:30~60日
■卵鞘内卵数:約20個
■幼虫期間:約半年~1年
■成虫寿命:約半年(単為生殖)
■産卵数:年間約300個
■生態:温暖多湿な環境を好む

【2位】

■和名:ヤマトゴキブリ
■英名;Japanese cockroach
■学名:P. japonica
■原産:在来種
■体長:約20~25mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月初旬~9月中旬
■卵鞘内日数;35~50日
■卵鞘内卵数:16個
■幼虫期間:180~600日(幼虫休眠)
■成虫寿命:3ヶ月~半年(単為生殖)
■産卵数:年間約280個
■生態:温暖多湿、半屋外生息

【3位】

■和名:チャバネゴキブリ
■英名:German cockroach
■学名:Blattella germanica
■原産:アフリカ
■体長:約10~15mm
■最適活動温度:33℃
■発生回数:年数回
■活動時期:通年
■卵鞘内日数:20~35日
■卵鞘内卵数:約40個
■幼虫期間:30~90日
■成虫寿命:3ヶ月~半年
■産卵数:年間約200個
■生態:温暖乾燥、水場付近

【4位】

■和名:ワモンゴキブリ
■英名:American cockroach
■学名:Periplaneta americana
■原産:アフリカ
■体長:約30~45mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月中旬~10月上旬
■卵鞘内日数:29~58日
■卵鞘内卵数:約15個
■幼虫期間:約半年~1年
■成虫寿命:約半年~2年 (単為生殖)
■産卵数:年間約800個
■生態:温暖多湿な環境を好む

ま、何の順位やねん!!って感じですが

如何でしょうか
お気付きになられました?

残念なことにほとんどの種が単為生殖が可能
オスがいなくてもメスだけでも増える

これらの発生回数や活動周期を見ても
1年足らずで途方もない数に増えてしまう…

なので皆さんのご家庭では?コイツらに
くれぐれも出番がないようにご注意を~

 

 

■サソリの寿命について…

タランチュラでは大抵どの種もメスであれば
10年以上という寿命を持ち、成体からでも
比較的長生きする事が知られていますが
サソリに関しては幼体から育てた場合でも
2年~10年ほどの寿命である場合の種が多く
多くの種は成体で何年も生きられる事はなく
フルアダルトなどの成体で購入し数ヶ月後に
原因不明で死亡という場合の多くの要因には
この寿命の短さが原因のひとつと考えられる
一般的なダイオウサソリの場合で
成体になるまでに約3年、寿命で約10年
成体になってからは外見で年齢的なものを
判断する術は無い為、より大きい個体などを
選んでしまうと残された余命は短く
ワイルドの持ち腹個体のメスだった場合は
この時点で性成熟までの3年程度の期間と
約10ヶ月程度の妊娠期間がプラスされるので
確実に4年程は生きている事になるのである。

だが、より大きなカッコイイ個体が欲しい。
繁殖を狙えるような持ち腹個体を選びたいと
店頭などで選ぶ際に考える者も少なくはなく
その時点から?この寿命による問題に
知らぬ間に翻弄させられてしまうので注意

尚、サソリが短命だというお話ではなく
サソリの生涯寿命から考えると
国内に入荷する個体群は成体サイズが多く
本当の寿命が読めないよね。ってお話。
ま、サソリに限らずワイルド便で入荷する
多くの生き物に言える事ではありますが。

 


■和名:ダイオウサソリ
■学名:Pandinus imperator
■英名:Emperor scorpion
■分布:アフリカ大陸中西部

■サソリの発光(蛍光)現象について…

サソリにブラックライト(紫外線ライト)を
照射すると外骨格が青白く発光するが
サソリであればどの種も発光する訳でなく
一部には発光しない種も存在する。
サソリの発光現象については諸説があるが
何の目的のために光るのか本当のところは
未だ解明されていない。

産まれたてのベビーは外骨格の問題なのか
脱皮を繰り返さないと発光しない。
脱皮の回数を重ねる事で蛍光性が強くなる
ゆえに脱皮直後の外骨格が固まっていない
段階では発光せず、時間経過と共に発光し
何故か脱皮した脱皮殻も発光する。

サソリの外骨格にあるヒアリン層には
β・カルボリンという化学物質が含まれ
この化学物質が紫外線に当たって反応し
青白く発光しているという。

ちなみに?標本作成時、油抜き処理の為に
亡骸をアセトンに漬けていた際
翌朝にはアセトン全体が神々しく発光し
不思議な液体になっていました。
次にやる時は不思議な液体が何日光るか?
色々と実験してみたいと思います。

 

 

Herf Sider(ハーフサイダー)とは…
体色などが半々に現れた動物を表す言葉で
受精卵が細胞分裂する過程で遺伝子異常が生じ
体の真ん中部分でくっきりと体色が別れるとされる。
左右だけでなく上下で分かれる個体なども存在し
親から色素遺伝子を半分ずつ受け継ぐ事で
ハーフサイダーとして産まれて来る確率は極めて低く
その遺伝子メカニズムには謎の部分が多い。

画像の個体はハーフサイダーと呼ばれる個体だと
思われますが、雌雄モザイク、雌雄嵌合体
性的モザイクらとは異なり、交尾器はメス個体
フォルムも完全にメス個体のものである。

画像…マダガスカルオオゴキブリ(雌)の
ハーフサイダーと思われる個体

この前、いつものように
コンビニに行った時の話です。

商品を店員さんに渡し
会計を済ませた後
帰ろうとしたら
「お大事に!!」
と言われてびっくりしました(°▽°)

別に絆創膏や、薬を買ったわけでもなく
“お大事に”その斜め上から発言
に少し笑ってしまいました^ ^

人を面白くさせようとすると
なかなか難しいものがありますが
面白くさせようとしてるわけでは
無く、真剣にボケられると
笑っちゃうものなんですね!!

さて、いよいよ夏本番ですね!
最近では家のクーラー
ガンガンです^_^
「まだ早いよ〜」と言われましたが
もぉ十分暑いです(°▽°)
さらに気温が上がると考えると
思いやられますが…..

そんな暑い中にもかかわらず
夏には似合わない
群がってる者がいました!!

暑いのが好きだからって〜
見てるこっちが汗かきそうな
具合に群がっちゃってます^ ^

ペットとしても人気の
サソリで名前はチャグロサソリ
なんか可愛いですね〜

まだまだ小さいですが
成長するとダイオウサソリ
並みに大きくなります!!

やれやれ今日も今頃
群がってるんだろ〜な〜

〜今日の生き物〜
アジアンフォレストスコーピオン
学名:Heterometrus spinifer
別名:チャグロサソリ
分布:タイ、マレーシアなど

 

久々のブログ投稿に躍起になっている?
イソこと磯田です。

画像のゴキブリは
マダガスカルゴキブリと言います。
敵を威嚇する時などに
腹部の気管を使い
「シューシュー」という音を出すことから
ヒッシングコックローチという別名も持ちます。

ペット用ゴキブリとしては定番種で
成虫になっても無羽で
飛び回るようなことはありませんが
壁を登れるタイプのゴキブリな為
飼育する際にはきっちり蓋を閉めれるような
ケースが必要です。
また、雑食でなんでも食べ、
丈夫なゴキブリでもあり
飼育繁殖なども比較的容易です。

ドッグフードをあげたら抱え込んで
カジカジしてる姿に
可愛いと思ってしまったのは
重症でしょうか笑

お風呂に入る時はバスロマンなんて
考えてるそこのあなた!!!
絵になるのは
あのイケメンモデルさんだからo(`ω´ )o

男は黙ってマダゴキ風呂!
これで気分はもう
そ〜れ、ここマダガスカル!
なんちって笑

少しそれましたが・・・
ゴキブリが大量にいる絵を撮りたい
などお探しならばご相談ください。
御用意致しましょう

100、200いや違う!
1000、2000いや違う!!
おチビさんを含め、
約1万のマダガスカルゴキブリ軍団を!!!

それはそれはもう

トラウマに

なる

ほどに

ね♡

ちなみに、マダガスカルゴキブリ・・・
食べれるそうですよン♪

マダガスカルゴキブリ
学名:Gromphadorhina portentosa
英名:Madagascar hissing cockroach
科目:ゴキブリ目 オオゴキブリ科
分布:マダガスカル
体長:約70mm
寿命:約2〜5年

 

※動画のゴキブリは国産のクロゴキブリの映像です。

by.磯田舞雪

いよいよ本格的に寒くなっている中
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。
私は、相変わらず布団が友達です(^-^)
12月になると今年もあともう少し
と思います!
私の場合は競馬なども好きなので
有馬記念のレースが始まると
今年も終わりかぁと実感します^_^
来年に向けて頑張っていきたいですね!

今回はリアルムシキングという事で
またまた、ヘラクレス君の登場です。
ムシキングといえば
小学生やちびっこなどの間で
大人気だったゲームですよね!
私も当時は小学生で、お小遣いを
貰うとすぐにゲームセンターや
コンビニなどに行き
遊んでいました^_^

お金を入れるとカードが出てきて
ゲームスタートなのですが
そのカードにもレア度があり
なかなか当たらない大当たりの
カードの一つが、ヘラクレスオオカブト
のカードでした!!

なかなか当たらない分その強さは
ピカイチで、そのカード欲しさに
何度も何度も遊んでいたものです!

そんなヘラクレス君はやっぱり
大人になった今でもカッコいい
存在です^ ^

 

15139551_372096676465628_1764589169_n

 

ヘラクレス君とオオクワ君がいるという事で
ムシキングっぽく並べて見ました^ – ^
こうしてみるととても懐かしいです!!
やっぱりヘラクレス君は圧倒的に
強そうですよね^_^

昔は憧れだったヘラクレス君が
今、カードではなく本当に
いると思うと子供の頃のように
興奮してしまいます!!
皆さんもたまには子供の頃に
戻った感覚で何かをしてみると
楽しいかもしれませんよ(^-^)

〜今日の生き物〜
ヘラクレスオオカブト

オオクワガタ
学名:Dorcus hopei binodulosus
分布:日本列島全般と近縁種が
朝鮮半島から中国北東部 にかけて生息