Category: 爬虫類・両生類

画像の個体群は西日本(近畿)産のヒキガエル
主に大阪南部にて採集した個体になります。

 

■和 名:ニホンヒキガエル
■学 名:Bufo japonicus japonicus
■英 名:Japanese toad
■別 名:ガマガエル(蟇/蟾蜍)
■原産地:日本
■採集地:大阪
■最大全長:17.5cm程度
■寿命:15程度(最長36年)

尚、日本には亜熱帯域原産の外来種とされる
小笠原諸島などに分布するオオヒキガエル
(Bufo marinus/Rhinella marina)を含め
本土種として代表的なニホンヒキガエル
(Bufo japonicus japonicus)
中部:山地渓流に生息するナガレヒキガエル
(Bufo torrenticola)
沖縄県宮古島固有のミヤコヒキガエル
(Bufo gargarizans miyakonis)

※ミヤコヒキガエルは大東諸島にも生息
アジアヒキガエル(Bufo gargarizans)の亜種

この4種類のヒキガエルがいますが
一般的に本州で見られるニホンヒキガエルは
2つの亜種に分けられており、北海道を除く
東日本ではアズマヒキガエルB.j.formosus
西日本ではニホンヒキガエルB.j.japonicus
となっている。

オオヒキガエル(B.marinus)に関しては
サトウキビの害虫駆除の目的で
台湾から南大東島に移入させた事により定着
分布域を広げながら帰化してしまった事で
生態系への影響が懸念されるという理由から
現在は特定外来生物に指定され
飼育、保管、運搬なども禁じられています。

 


★ヒキガエルの持つ「毒」について…

ヒキガエルの毒は耳(鼓膜)付近の「耳腺」と
呼ばれる器官から分泌されます。
乳白色の汗のような状態で滲み出てきますが
ブフォトキシンという神経毒の一種であり
皮膚に付着すると炎症を起こしたり
誤って口に入ってしまうと嘔吐や下痢
幻覚や心臓発作などの循環器系に障害が生じ
最悪の場合は死に至る猛毒ですが
人間がヒキガエルの毒を人間の致死量分を
経口摂取する可能性は極めて低く

本来は動きの鈍いヒキガエル達が
自分の身を守る為に身に付けた毒ですので
危険を感じた際などに分泌されるだけで
常に付着しているものではありませんので
ご安心ください。

尚、触れる際は手洗いを忘れずに。
ヒキガエル達が身に危険を感じるような
そんな飼い方だけはしないようにご注意を。

★ヒキガエルの病気「赤足病」について…

赤足病「レッドレッグ症候群」
(Red Leg Disease) 細菌性皮膚敗血症
赤足病の原因はエロモナス・ヒドロフィラ
(Aeromonas hydrophila)による感染が有名

※エロモナス属、シュードモナス属
フラボバクテリウム属などの細菌が感染

自然下の個体に見られる病気ではなく
飼育環境が不衛生な場合などに発症する為
飼育中の飼育トラブルのひとつとして
両生類の病気の中ではポピュラーと言える
疾患、具体的な症状や経過としては

手足や腿、腹部や喉元が赤くなり
皮膚の充血や血管の膨張などの兆候が現れ
悪化する事で潰瘍となり皮膚がただれ出血
患部が壊死する事で皮膚や肉がはがれたり
足裏から骨が剥き出しになるなどし
外傷的なダメージからなのか給餌量も減り
最悪の場合は死に至る病気である。

この病気に関しては、進行速度も早い為
早期発見と早期治療が絶対的に必要ですが
自社では感染した個体のみを群れから隔離
メチレンブルーを使った薬浴で細菌の増殖
を抑える手法で最悪の事態は大幅に軽減
採集直後の輸送搬送によるストレスなど
まだ発症していない個体群に対しても
少量のメチレンブルーを薄めて使う事で
細菌感染の広がりも感じられなくなり
多頭飼育でのリスクも軽減されています。

★ヒキガエルの魅力について…

あえて飼育方法や餌などについては触れず
ヒキガエルの毒や病気について書きました
一般的な飼育方法などに関しては
多くの愛好者の方々がおられますので
そちらのページなどをご参考にされ
ご自身の飼育環境を整えてあげて下さい。

上手に飼育してあげれば非常に長生きする
とても表情の感じられる生き物です。
飼育はそれほど難しくはありませんので
機会があれば是非!?挑戦してみて下さい。

 


http://sf-japan.ocnk.net/product-list/4

こんにちは〜上杉です!
一人暮らしをして
あっという間に1年ちょっと経ちました

一人と言うのは案外寂しいものです
しかし、そう言うときは
僕は映画を観ます!

最近観ているのは
ファンタスティックビースト!!

公開中に映画館で観たのですが
あの感動が忘れられないので
今では家で、繰り返し観ています^ ^

魔法動物が沢山登場し
とても世界観に引き込まれます!!
まだ観てない〜と言う方は是非^_^
オススメです!!

さて、今回は少しハデな奴

この黒に黄色の水玉模様
いかにも毒々しい
彼らはマダラサラマンダー
またの名をファイアサラマンダー
と言い、ヨーロッパの森の中に
生息しています!!

名前もさることながら
色もチョーかっこいいですね!

この独特の色は”警戒色”と言い
自分は毒を持ってるぞ〜
危険だぞ〜と外敵に知らせて
いると言います!!

その忠告を無視して近づいて
来たものには毒のキツ〜イ
お仕置きが待っているので
用心したいものです(;o;)

まさに綺麗な薔薇には棘がある
と言う言葉が似合う
ファイアサラマンダーでした^ ^

〜今日の生き物〜
ファイアサラマンダー
学名:Salamandra salamandra
英名:Fire Salamander
分布:中央ヨーロッパから
南ヨーロッパ全域

こんにちは〜上杉です!!
10月9日体育の日に
岡山にあるドイツの森にて
爬虫類展を開催しました!!

写真はオープン前の
ものですが、イベントは
おかげさまで大盛況の中
終えることが出来ました^_^

イベントの中で蛇の
首巻き体験や、リクガメの
餌やり体験など
様々なゲストに楽しんで頂けたかと
思います!!

さらに、あの富水 明氏による
爬虫類トークショーも
大盛り上がり!!
とても貴重なお話を聞くことが
出来ました!!

この日は、体育の日でしたが
僕にとっては”爬虫類の日”
生き物とそして、ゲストと
思い出の時間を過ごすことが
でき、とても感動したと同時に
勉強になりました^ ^

11月3日には毎年恒例の
一大イベントペット博も
控えてますので
余韻に浸りたい所ですが
気が抜けません!!

皆さんも、爬虫類展は
終わってしまいましたが
ペット博是非遊びに来てください!
それでは今日はここまで^ – ^

今年もヒキガエルのシーズン到来!?
採集シーズンの到来と共に
全国各地から採集個体が続々と入荷中~


★ペットの買取・引取・下取について…
http://sf-japan.ocnk.net/page/1

 

どーも!!毎度上杉です♪( ´θ`)ノ
いや〜それにしても桜が散るのは
早いですね(^^;
「あっ!!桜だ 」と思ったら
あっという間です!
今年は写真も撮れなかったので
少し残念ですヽ(´o`;
また来年、春に会いましょう!!

今日は少し国語について触れたいと
思います!!
みなさんは”蛇足”という故事成語を
ご存知でしょうか?
よく日常でも使う場面があるので
わからない人は少ないと思います!

蛇足という言葉の歴史は古く
紀元前3世紀の中国”楚”(そ)
という国のお話で
一人分の酒を巡って
先に蛇の絵を描いた者が
お酒を飲むということになり
一人の召使いが一番先に蛇の絵を
描いたが、あまりにも早く描けたので
その蛇の絵に足を付け足したところ
2番目に描けた召使いに
「蛇に足なんかない、だから蛇を
描いたことにはならない」
と言われて酒を飲まれてしまった!
というように、余計なものを
してしまい全体を駄目にしてしまう
と言うのが蛇足ですよね!!

そこで気になるのは
“蛇に足なんてない”
と言うところです!!
確かに蛇はニョロニョロしていて
足なんて無い!と言うのが
一般常識的なところが
ありますが、ニシキヘビやボアの
仲間にはしっかりと小さい
足が存在するんです^_^

写真はボールパイソンと言う
蛇なのですが小さな
足があるんです!
わかりますか〜??
この爪みたいな足は
正確には”けずめ”という部分で
地中で生活するために進化し
足を退化させた名残
と言われています!!

なので一番に蛇を描き、足をつけた
召使いはある意味間違いでは
なかった!!
と言うことなんですね〜(^.^)
しかし、蛇達も進化するために
足を退化させた訳ですから
“足が必要じゃなかった”
つまり”余計なもの”
と言うところでは
蛇足と言う言葉の意味が
しっかりあっていますよね^_^

こうして動物が出てくる
故事成語やことわざが
いっぱいあるので
実際に照らし合わせてみると
とっても面白いですよね!!
勉強が大嫌いな私も
少し勉強したくなりました(^.^)

みなさんも言葉に動物が
出てきたら詳しく調べて
みはいかがでしょうか?
きっと面白いですよ^_^

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

〜今日の生き物〜
ボールパイソン
学名:Python regius
英名:Ball python
分布:ウガンダ西部、ガーナなど

ども! 上杉です〜
社会人となった今、昔ほど
感動する事は少なくなってきましたが
この季節になるとやはり
桜が綺麗で和みますね^_^
近くの公園や、道路の脇に咲く
桜がなんとも言えない癒しを
与えてくれます!!
まさに春の風物詩ですね^ ^

そんな桜をよそに今日も動物たちは
とってもにぎやかです!

この子はイグアナですが
よく見る緑色とは違い
なんだか青い色をしています!!
この子は実はグリーンイグアナ
なのですがアザンティック(黄色の色素を
持たない)なのでブルーなんです^ ^

ブルーイグアナは少し性格が
荒いところはありますが
一度手懐ければ、トイレの場所を
覚えたり自分の名前を理解したり
すると言われています!!
とっても賢いんですね^_^

また、グリーンイグアナと違い
価格の方も安定しないと
言われているので入手
するのはなかなか困難かもしれません!!

それにしても、このブルーは
とっても綺麗ですよね^ ^
成長するともう少し青色に
深みが出ると言われているので
大きくなるのが楽しみですね!!

なんとなく気に入った写真
とってもかっこいい!!

みなさんもイグアナ
興味が出たら一度迎えてあげても
いいかもしれません^ ^
(ただし飼育は大変です)

それでは今日はこの辺で!!

〜今日の生き物〜
アザンティックグリーンイグアナ

こんにちは〜上杉です!
寒い寒い冬も終わり春がやってきましたね
特に日中はポカポカしていて気持ちが
いいですよね(^^)
晴れている日は外に出て、春を感じるのも
いいかもしれませんね!!

そして、春といえば出会いと別れの季節
でもありますよね〜
学生の方は卒業や進学、就職など様々です!
新たなスタートそれぞれ頑張って
いきましょう^_^

今回は久々にトカゲの登場〜!!

きょ..恐竜??と思うほど迫力があり
体長も頭から尻尾まで1メートルほどあります!
種類はアフリカンロックモニターと言いまして
アフリカ大陸の東部から南部にかけて
分布が広いので、亜種も様々ですが
一般的にはノドジロイワオオトカゲ
ノドグロイワオオトカゲ、アンゴラ
イワオオトカゲの3亜種で別れています!

見かけによらずとてもおとなしく
掃除をしている時はいつも
手を舌でペロペロしてきて
とっても可愛いんです^_^

カメラを近づけるとこの通り
舌でペロペロ攻撃です(‘ω’)

目だけを撮ると恐竜感が一気に
増します^_^

これから夏に向けて暖かくなって
きたので爬虫類達にとっては
過ごしやすい気温になってきて
いますが、やはり生き物は
季節関係なく何が起こるか
分からないので気が抜けません!!
動物達にパワーを貰いながら
頑張っていきたいと思います^ ^

以上、恐竜みたいな
アフリカンロックモニターでした!!

〜今日の生き物〜
ノドグロイワオオトカゲ
学名:Varanus albigularis
英名:African Rock Monitor
分布:アフリカ大陸南東部

どうも〜上杉です!
2月がやって来ましたね
やはり2月といえば
“バレンタイン”ではないでしょうか!

私自身バレンタインはあまりいい思い出
はありませんが(;_;)
学生の時はそれはそれは
机の中、靴箱の中を確認したものです^ ^

人生で一度でもいいから
本命のチョコが欲しい
と思う上杉でした^_^

そんな話はさておき!!
今回はトカゲ、、ではなく
トカゲモドキの登場です\(^^)/

名前にモドキとついていますが
そもそも”モドキ”とは何なのか?
知っている方も多いと思いますが
改めて説明させて頂きますと

名前の下につけて、それに似て非なるもの
またはそれに匹敵するものと言う
意味があります!

おでんの具である”がんもどき”
の”もどき”も、鳥である雁(がん)
の肉の味に似ていることから
付けられたと言います!

これにちなんで
“モドキ”とつく本種も
ヤモリなのにトカゲの様な特徴を持っているため
トカゲモドキと名前が付いているんですねぇ^ ^

ではどこがトカゲの様な特徴なのでしょうか?
それは、、、ヤモリは本来瞼(まぶた)を持たず
目を薄い膜で覆っているのに対し、本種は
しっかり瞼があるんです!!
瞼があるので表情も豊かで
とても可愛いです^ ^

ん〜、トカゲの様なヤモリ
ややこしいですが(^^;
つぶらな瞳が癒されます^ ^

餌を見せるとお部屋から
顔だけを出すところが
またまた可愛いです^_^

爬虫類としては大人しく
体も丈夫なため
ペットとしても人気があります(´∀`)
ぜひ気になった方は
飼育してみてはいかがでしょう!!

それでは今日はここまで!
また次回(^O^)/

〜今日の生き物〜
ヒョウモントカゲモドキ
学名:Eublepharis macularius
英名:Leopard gecko
分布:インド北西部、パキスタン
アフガニスタン南東部

 

こんにちは、庄田です。
大学生活もあとわずか、いわゆる
卒論というものに頭を悩ませる
日々が続いています…(笑)
私は骨格をテーマに実験をして
いるのですが、友達の研究室に
新しいイモリが来たよ!と教えて
もらったので早速見てきました!

名前はイベリアトゲイモリ。
巷では「露骨な攻撃手段」をとる
イモリと言われています。
その攻撃手段とは…

このオレンジ色の斑点がある
辺りから肋骨が皮膚を突き破って
出てくるそうです!
しかもその肋骨の先端には毒が
あるんだとか…(°_°)
だから露骨(肋骨)な攻撃手段
と言われているわけですね(笑)

実際に威嚇したところは見て
いないのですが、少しだけ骨が
突き出てくるそうですね。
これは肋骨を回転させることで
骨を飛び出させることを可能に
しているそうです。
全く想像がつかないですよね!
傷口が化膿しないのは、イベリア
トゲイモリ自体の免疫力が高く、
また肋骨周辺のコラーゲン繊維が
多いおかげで傷の治りが早くなる
からではないかと言われている
そうです。

様々な分野において注目されて
いるイベリアトゲイモリ、
科学の発展に一役買ってくれる
かも知れませんね!
個人的にも肋骨が回転する所を
いつか見てみたいものです…(笑)

〜動物紹介〜
和名:イベリアトゲイモリ
英名:Iberian ribbed newt
学名:Pleurodeles waltl
分類:有尾目イモリ科トゲイモリ属
分布:スペイン南部・ポルトガル南部

こんにちは! 上杉です。
今年ももうすぐで終わりですね^_^
みなさんにとって今年はどんな年だった
でしょうか!
やり残したことはないですか?

私の中では今年はいろんな意味で
特別な年でした!

さてさて今回はカメレオンということで
これまた爬虫類について書いていきます‼︎
カメレオンというと体の色を変えるのは
有名ですよね‼︎
環境に擬態すると言うのもそうですが
それだけではなく、気分や
体調によっても体の色が変わるんです^ ^

他のカメレオンよりは比較的飼育がしやすい
と言われていますが
やはり飼育はそう簡単ではなく
臆病でストレスも溜まりやすいんです(^-^;

餌は、動物食傾向の強い雑食性で昆虫などが
主食です‼︎
ミルワームやデュビア(ゴキブリ)などを
食べます‼︎
しかし、エボシカメレオンは珍しいことに
植物も食べると言われており
家で飼っていると観葉植物が食べられた
なんてこともあるんだそうです‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
目がクリクリしていて可愛いですね^ – ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 
こちらは少々威嚇気味のエボシくん‼︎

爬虫類の飼育は温度管理などなど
大変ですが
面白い生態を持った種類がたくさんいます‼︎

小動物もそうですが、私たちの想像を
超える美しさや、たくましさがあり
感動を与えてくれます^ ^
みなさんも機会があれば是非
爬虫類の飼育に挑戦して見てください‼︎
それではまた^_^

〜今日の生き物〜
エボシカメレオン
学名:Chamaeleo calyptratus
英名:Veiled Chameleon
分布:イエメン