10月 2012

m04041.jpg
ザリガニ違法漁、乱獲荒稼ぎ!10年で100万匹1億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121025-00000032-sph-soci
このニュースのせいで本日はザリガニ関連の問い合わせ殺到
何が違法だったのか…
何で捕まったのか?などなど…
「無許可の禁止漁具を使用して」
って記事にも書いてあります。
m05031.jpg
アメザリ採るのが禁止されているわけでも
販売するのが違法な訳でもありません。
今回検挙された方(業者さん?)は
埼玉県が使用を禁止している仕掛け網を使って
ザリガニなどを採っていた事が
違法漁行為として扱われてしまった為であり
網目の大きさが5mm以下のものを使用し
漁などをする場合は県知事の認可が必要なのに
無許可でやっていたいうのが…
違法行為で逮捕された原因です。
m07021.jpg
ちなみに?
流しの仕掛け網で採れるようなフィールド…
楽しそうですが
河川が相手だと大きい個体は少ないんでしょうね、、、。

社長自らまめまめしく、
自社宣伝や楽しい内容の記事を更新する中、
負けじと何か写真でも撮って記事にしよう!
そう意気込んでカメラを構えた結果

蛾の幼虫のうんちシーンが撮れました。
最近の表現でいうところの「誰得?」な画像ですみません。
一号のPCやスマホの画像フォルダは
こんな誰得画像ばかりです

今日は一日水槽弄りのようですね、、、。
熱帯魚マニアの休日の過ごし方のようですが
残念ながら?ただのメンテです。
DSCF2507.jpg
画像のような画面で見える
IPカメラなるものを設置してみた。
WEB経由でカメラが動かせるという代物ですが
使ってみるとなかなか面白いので
興味のある方は是非!!
尚、終業時に業務日報を書いて提出するという雑務があるのだが
内容全てをお見せするには“内容が無い内容”なので
一応?出し惜しみしておきますが、、、。
明日の目標を書き込む欄に
“頭をクリアにする。”
DSCF2508.jpg
という、意味不明なコメントを残している奴がいたので
私的に日報を添削してみました。
DSCF2509.jpg
誰の業務日報かは本人の名誉のために伏せておきます。

秋、この時期になりますと
幼稚園や保育園さんなどから
移動動物園関連の出張依頼が多くなります…がッ、、、
更に多くなるのが“干支イベント”に関するお問合わせ
来年は“巳年”で“蛇/ヘビ”
干支待ちしていたつもりはありませんが
伊達にヘビの数は揃えてませんので
どの現場も盛りだくさんで頑張らせて頂きたいと思います。
01_20121023182321.jpg
■Python molurus bivittatus
■ビルマニシキヘビ(アルビノ)
■Burmese python
02_20121023182341.jpg
動物干支イベントのご依頼はコチラまで〜
03_20121023182329.jpg
★本日のサービスショット★
05.jpg

昆虫業界の先駆者であり
わが師でもあったクリーク島田氏亡き後
封印し続けてきた“標本作り”だったが…
と、ネタ話は早々と終わらせ。
義弟から連絡
突然の依頼で標本作りを開始
棚置きの亡骸コレクションから個体をピックアップ
486.jpg
熱湯の蒸気でパーツを軟化中
488.jpg
ハイ、完成。
※内容的に引っ張りようがなく、、、標本ネタは強制終了。
485.jpg
次のお題はこのラジオフライヤー
果たして…イメージどおりに出来上がるのか?
この続きは
また今度。

採った…?
採れた?
釣った…?
476.jpg
まっ、この際何でも良いが
何よりも堺港にハンマーヘッドがいたという事実に驚いた。
■シュモクザメ/撞木鮫
■英名:Hammerhead shark(ハンマーヘッド・シャーク)
※メジロザメ目シュモクザメ科Sphyrnidaeに属するサメの総称。
478.jpg
採れるなら“狙う”
採れるなら“飼う”
食べても美味しいらしいですが…
480.jpg
食べるよりも…飼ってみたい。
そんな思いから
海水魚水槽の立ち上げを
密かに目論んでいる筆者であった。

毎夜毎夜
レアなザリガニを求め
野池を徘徊しているのですが
ある意味?レアな個体を採ったのでご報告…。
67.jpg
一目瞭然ですが、爪の形にご注目
66.jpg
左爪の上爪部分、可動肢部が2本に分かれているのがわかりますか?
68.jpg
遺伝的な要素のものではなく
外傷などの傷を負った場合、脱皮を繰り返す際に
傷口部分だけが過剰に再生してしまう事がありますので
この個体も再生時にできた小さな突起物が
偶然にも成長と共に発達したものだと思われます。

14日記事のロビン君、
TVやイベントだけでなく、
ブログに登場してもカウンターがグンと上がりますね。
さすがです
さて、今日もショッピングカート新入荷のご案内をさせていただきます。

オニオオハシ■Toco Toucan【♂若個体】
学名:Ramphastos toco
英名:Toco Toucan
全長:約55〜65cm
体重:約500〜850g
分布:南アメリカ
★生後1年程度のオスの若個体となります。
詳しくは http://sf-japan.ocnk.net/product/396 ←コチラへ。
sf20121016-02.jpg
■和名:アメリカザリガニ
■学名:Procambarus clarkii
■英名:Red swamp crawfish
■性別:♂(オス)
■TL:12〜13cm/Full:22cm以上
■下爪:7.5cm以上
詳しくは http://sf-japan.ocnk.net/product/395 ←コチラへ。
アメリカザリガニといえば、
先日のペット博2012でもご用意させていただいたザリガニ釣りですが、
がんばって大きいサイズも沢山投入しておりました。
持ち帰られたお子様達は、がんばってお世話してくださってるかな?
sf20121016-03.jpg

昨日はキバタンのロビン君
結婚式のゲストとしてお招き頂いて来ました。
391.jpg
最近はスタジオ収録がメインとなりつつあるロビン
緑に囲まれたオープンガーデンと
ポカポカとした陽気につられ
朝からハイテンションでご機嫌のご様子w
「こんにちは♪」
396.jpg
験担ぎのサプライズとして
“初夢に良いとされる一富士二鷹三なすび”の鷹(タカ)に
ハリスホークのクリス
“不苦労と書いて…苦労知らず”の意味を持つ梟(フクロウ)に
アカアシモリフクロウのショコラも連れて行きました。
400.jpg
390.jpg
【結婚式/イベント/動物/貸出/レンタル/フライトショー】

朝夕の冷え込みに、鼻がぐすり出してきた一号です。
いつまで暑い日が続くのかと思いきや、冷え出すと早いですね。
それでは、本日のメイン。
当社の ショッピングカート
あのゴキブリが追加されましたのでご案内させていただきます。

■和 名 ヨロイモグラゴキブリ
■学 名 Macropanesthia rhinoceros
■英 名 Giant Burrowing Cockroach
■生息地 オーストラリア
■商品サイズ 2011CB:約3〜3.5cm程度 ペア
★2011CB.国内ブリードの個体をペアでご提供!!
※画像は商品と同サイズのサンプル画像になります。
詳しくは http://sf-japan.ocnk.net/product/394 ←コチラへ。
是非お手元で大きく育てて、
超重量級の迫力を堪能してみてください。
sf20121012-02.jpg
(上画像は参考のアダルト個体です)
当ブログをご覧くださってる皆様なら平気だろうとは思いましたが、
念のため、いつもより少しだけ画像サイズを小さめにしております
個人的には、
甲虫の格好良さとズングリ体系が合わさって可愛らしいと
全力プッシュさせていただきます