5月 2013

サバンナの真ん中
こんな可愛い花が咲いてるなんて思わなかった
P1050067_convert_20130531233128.jpg
力強く育っています
もっとからっからの葉っぱしかないイメージだったのですが
違うんですね
ちゃんと花も育つんだ(^-^)

前にご紹介したオタマジャクシ達ですがついに上陸してカエルになりましたー!

この間までオタマジャクシだった子たちが小さいですが立派なカエルになりました。
コレがとっても小さくて可愛いんですよ。
でも体が小さい分、口も小さくてエサを探すのも一苦労。
今日もこの子達のご飯を調達にいってきまーす( ̄▽ ̄)

P1050047_convert_20130530235703_20130531000327.jpg
バルーンに乗って空の冒険
下を見ればいつもとは違う角度の動物たち
P1050046_convert_20130530235613.jpg
みんなのほほんとしています
そしてここでも出会ったブチハイエナ
P1050051_convert_20130530235744.jpg
目についてしまうんですよね(*゚▽゚*)

P1110238 (640x480)
エミューの羽
鳥類では唯一2本が1対となっていて
愛情や絆の証とされています
それがなんと!!!
たまたま見つけたこの羽は
fc2blog_20130529225022e6b.jpg
3本1対になってる〜
という事は
3倍の幸せが*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
エミュー
学名 Dromaius novaehollandiae
英名 Emu
分布 オーストラリア
オーストラリアの国鳥

マウス達の掃除をしていると
何か横から視線が・・・
fc2blog_20130529002049655.jpg
犬でいうダックスの様な短い足が特徴的な
マンチカンのショー君です
ダ、ダメだからね
マウスは狙っちゃダメ!!
ショー君にはキャットフードがあるでしょ!
そしてまた熱い視線を感じるのでした〜
(*`へ´*) 

本日はニューフェースのご紹介
02_20130528193502.jpg
「 ? 」
05_20130528193504.jpg
「 ! 」
06_20130528193505.jpg
「 ニッ* 」
16.jpg
この子の名前は「カレン」女の子です。
正式名はブラッザグエノン( ゲノン) 別名ブラッザモンキー
「世界で最も美しいサルのひとつ」と言われるサル
学名 : Cercopithecus neglectus
英名 : De Brazza’s Guenon / De Brazza’s Monkey
分布 : アフリカ中部
本種の飼育には特定動物の登録が必要となります。

P1050017_convert_20130528001013.jpg
ホロホロチョウの狩りに失敗したーチーター
遠くを眺め、次の獲物を探すのでした
チーター
学名 Acinonyx jubatus
英名Cheetah
分布アフリカ
チーターは世界最速のスピードで走ることができる哺乳類
獲物を追いかける際には、
敏捷な動作を高速で行うことができ、
急激な方向転換にも対応できる
四肢は細長く、爪をさやに引っ込めることができない爪がスパイクの役割を果たしている

fc2blog_20130527002820c6c.jpg
ミルクをたくさん飲んだマウスの赤ちゃん
お腹にミルクが透けて見えてますね
必死にお母さんにしがみついて
飲んでるんですけどちょっとやそっとじゃ離れないんです
い〜っぱいミルク飲んで
スクスク成長してくださいね(^-^)

最近、家に帰ってから
そろそろ寝ようかなとベッドにむかうと
何やらすでに先客の姿があるんです。
それの先客がこの子。
fc2blog_201305262336184df.jpg
あのー、そこで寝られると
寝るところがないんですけど(^_^;)
このまま寝ると寝返りで
潰してしまいそうなので起こしてみるも…
fc2blog_20130526233626df0.jpg
「うるさいなー。先に寝てたのはボクだもん。」
と言わんばかりに動く気配がないので
最後は抱っこしてカゴまで連れていきます。
もうちょっと大きくなったら一緒に寝ようねー( ̄▽ ̄)

P1080266_convert_20130523200308.jpg
アルビノモモンガさん
よくエサ皿の中に入ってるんですけど
今日のポーズはお風呂入ってるみたい!
「お湯がぬるいぞ!!」
とか笑
フクロモモンガ
学名 Petaurus breviceps
英名 sugar glider
分布 インドネシア、オーストラリア、
パプアニューギニア等
アルビノとは先天的なメラニンの欠乏により体毛や皮膚は白く、
瞳孔は毛細血管の透過により赤色となる
劣性遺伝や突然変異によって発現する