7月 2013

P1050166_convert_20130726003336.jpg
巣作りまっさいチュウ!
この木にはいっぱいご近所さんもいるんです
にしても鳥って器用ですよね
嘴で巣を作ったりひまわりの種を剥いたり
人だったら両手に、指に使えるとこが
いっぱいだから簡単だけど
巣材を運んできてそれを上手い事組み立てて
やっぱりすごい( *`ω´)


ニョロっと頭を持ち上げて
どこかを見つめるマメちゃん。
いったいどこをみているのかというと

他のヘビたちが入ったプラケースの棚。
と思いきやちょっとずれて
特に何もないオリの格子を見てるんですよね。
もしかしてマメちゃん脱走計画中ですか?笑

テリムクっていいですよね
P1050225_convert_20130726003413.jpg
テンとした目に
スマートな体型
光沢のある青い体
綺麗です!*・゜゚・*:.。..(*゚▽゚*)
ツキノワテリムク
学名 Lamprotornis superbus
英名 Superb Starling
分布 アフリカ
胸と腹の間に白帯があるため
ツキノワの名がある
人によく馴れ、都市部の公園では
餌付けされた個体がよく見られ、
掌の上で餌を啄むことがある。

今日の齧歯は〜
みんな仲良し、
ジャンガリアンハムスターの家族です
このサイズ、コロっとした体型、毛色
何をとってもかわいいですね
fc2blog_20130724233619448.jpg
チビちゃんたちも巣箱の中でお団子に
fc2blog_20130724233610a84.jpg
ジャンガリアンハムスター
学名 Phodopus sungorus
英名 Djungarian hamster
分布 シベリア、中国
ジャンガリアンハムスターは目が悪く、
基本的に環境を鼻と耳で認識
臭腺の臭いを周りに散布し
なわばりを主張するとされている
毛づくろいと共に唾液の臭いを
体につけることで安心するため、
安堵しているときや
逆に恐怖を感じたときなど、
頻繁に毛づくろいをする

fc2blog_2013072323530395d.jpg
サボテンて置いてあるとつい
見ちゃいますよね
細長かったり丸っこかったり
トゲが細かかったりと
いろんなヤツがいるんです
実に面白い!
トゲも花も形も楽しめる、
魅力的な植物ですね

P1050174_convert_20130717232808.jpg
ワニは、クロコダイル、アリゲーター、
ガビアルの3科に分類されます
 
ガビアル科はインドガビアル1種のみで、
魚を捕らえるのに適した
細長い口を持っています
クロコダイルとアリゲーターの違いは
口先が丸みがかっていて牙が上顎の穴に
収まっているのがアリゲーター科、
口先が細くとがっていて牙が外に
出ているのがクロコダイル科
他にも、
クロコダイル科のワニの鱗板には
熱感知器官があり、温度変化に敏感で
アリゲーター科にはその器官がない為、火傷や凍傷に無防備
などいろいろあります

社内ではスキニーラットのベビーラッシュが来てます!
fc2blog_201307210742005a8.jpg
妊婦さんもいっぱいで
これから増えていきますよ〜^_^
生まれたては普通のラットと変わらないのに
成長しても毛が無いんです(*゚▽゚*)
お母さん達子育て頑張って!


このカエルはクツワアメガエル。
大型樹上棲のカエルでオーストラリアやパプアニューギニア、インドネシアに生息しています。
とても大きくなる種類のカエルで
メスは最大で約14センチにもなります。

このカエル、英語で
White Lipped Tree Frogと言うんです。
確かに下唇が白くなっていて
まるでここだけ誰かが塗ったみたいで面白いですよね( ̄▽ ̄)

P1050205_convert_20130717232950.jpg
このニワトリすごく姿勢がいい(>_<) ニワトリといえば 生まれて小さかったあのゲームバンダムも 今では fc2blog_20130719074908070.jpg
こんなに大きく成長して
よく卵も産むようになりました!
たまにケンカもしてますけど・・・
それだけ元気ってことで!

7月、まだまだ暑い夏が続きますが
社内にはひと足早く秋の風物詩が
やってきました。

リーンリーンと涼しげな声で鳴くスズムシです。
ただいま社内の虫部屋では
スズムシ達が大合唱。
そのおかげか
虫部屋がいつもより涼しくなった気が?

スズムシのオス。
鳴くためにメスより羽が大きく、ちょっと太くみえますね。

こちらはスズムシのメス。
オスに比べてスマートな体型でお尻から産卵管が長く伸びています。