1月 2014

ロープウェイを引き寄せ向こう側へ
ゴール台へジャンプし
くす玉を割りました〜!!
fc2blog_20140130204218c46.jpg
までは良かったんだけど
その引っ張った紐がジャッキーの上に!
fc2blog_20140130204158f0f.jpg
あ〜ぁ、最後の見せ場がちょっぴりザンネン笑
それでも気にせず
ご褒美を食べるジャッキーに拍手を〜!

ラットたちにご飯をあげようと
エサ皿を取った時のことでした
何やらピタッとしたものが
エサ皿には新聞が
敷き詰められていいたのですが
そぉ〜っとどかしてみると
fc2blog_20140130073257c95.jpg
ラットの赤ちゃんが!
お母さんも賢いですね(^◇^)
きっとお皿の囲まれ具合とか
ちょうど良かったのでしょう
新聞も使いもうすっかり巣になってました^ – ^

fc2blog_2014012901034060a.jpg
コシジロインコのルーシーのご飯です
このローリーフードってカラフルで
すっごいフルーティーな
いい香りがするんですよね
この誘惑に負けて一粒
おいし・・・くはなかったです笑

fc2blog_2014012713135951b.jpg
爬虫類達が大好きなジャイミル
いっぱい食べて大きくなった子(右)と
まだまだの子(左)を比べてみるとこんなに差が!
大きくな〜れ
大きくな〜れ
いっぱい食べて大きくな〜れ
大きくなって・・・
・・・・・( ̄▽ ̄)

fc2blog_20140126073146420.jpg
この大きな耳が特徴的なオオミミトビネズミ
中国やモンゴルの砂漠に住んでいます
野生では夜行性で数も少なく
滅多にお目にかかることのできない
珍しいトビネズミです
ここでは毎日元気にピョンピョン飛び回ったり
爆睡してたりと、
とても可愛い姿を見せてくれます^ – ^
fc2blog_20140126073127b9e.jpg
でもこの寝ている時のポーズが大丈夫!?
ってなるような姿で寝てるから
いっつも不安になるんですよね(^◇^;)
後は大好きなワームを見せると
バッと奪い取ってムシャムシャ笑
可愛い顔してこの時だけは・・・ね!

Before
fc2blog_20140125070446b5f.jpg
After
fc2blog_201401250705033c8.jpg
器用ですよね(*゚▽゚*)
キレイに緑だけ残すんです
たまには違うドッグフードを
と思ったのですが
どうもお気に召さらなかったようで・・・
ちょっとザンネン(´・_・`)

fc2blog_20140124012536775.jpg
ゲームバンダム警備隊!
今日も見回りを怠りません
ご苦労様です!!( ̄^ ̄)ゞ
この子達は大変優秀で周りに何か異変があると
コケェーコッコッコッコッコゲ〜!!!
と体は小さいですけど
目一杯に知らせてくれるんです^ – ^
でもみんなで大合唱になってしまうのが
玉に瑕(´・_・`)

fc2blog_20140123081801d40.jpg
懐かしいダイチ君
あの頃はミルク大好きっ子だったけど
今はもうミルク卒業!
サルペレを美味しそうに頬張り
少し体型もがっしりと成長^ – ^
お兄ちゃんになってきたかな
だけど最近イタズラを覚えたらしく
新聞を撒き散らしたり、
お隣さんにちょっかい出して見たりと(´・_・`)
またこれが自分で悪いことしてるって
わかってるんですよね
見つかった時の表情が
しまった!ってなってるんですから笑

ちょっぴしおバカで落ち着きの無いダイス
飛んできたディスクをキャッチ
しようとしていたのですが
張り切っていたダイスは
勢い余ってディスクが顔にドーン^_^;
fc2blog_201401220041418f2.jpg
アララ痛そ
ごめん投げる場所悪かったね(>_<) ちなみにダイス、 正面に投げたディスクは なぜか神剣白羽取りなんです笑

クルマサカオウムのルルちゃん
いつもはご機嫌に
こんにちは、
フッフフーン♪と
鼻歌を聞かせてくれるのですが
写真を撮ろうすると一瞬でご機嫌ナナメに
カメラを向けるだけでこの表情Σ(・□・;)
fc2blog_20140119213423a6e.jpg
さらに機嫌が悪くなると
超サイヤ人のような姿に・・・(;゜0゜)
fc2blog_201401192134504fa.jpg
でも普段は優しい子なんですよ
近寄ると喋りかけてくれて、
喜びの舞を踊ったり
こんなおとぼけポーズまで
見せてくれるんです(*´w`*)
fc2blog_2014011921542899f.jpg
普通に撮らしてくれたらいいのに〜(*`へ´*)
クルマサカオウム
学名 Lophocroa leadbeateri
英名 Major Mitchell’s Cockatoo
分布 オーストラリア
世界一美しいオウムと言われている
繁殖が難しく、数が少ないため
高額で取引される
長寿で40年近く生きる