3月 2016

こんにちは、庄田です!

3月19~21日までの三日間、住宅展示場で
移動動物園を行いました。

carryzoo2

carryzoo3

carryzoo1

今回はイヌ、ヒヨコ、ウサギ、モルモット、
クサガメとの触れ合いやハリネズミ、
チンチラ、フェレットなどの小動物や
ハリスホーク、シベリアワシミミズクを
展示しました。

私も参加させてもらったのですが、移動動物
園に参加するのは初めてで内心とてもドキド
キしていました(^^;

興味津々に動物達を眺めたり、思い思いに
動物と触れ合う子供達。
普段見かけることのないヒヨコなどの動物
に思わず童心に返る大人達。

私が対応していた女の子は、カメが怖くて
初めは触ることができなかったのですが、
一度触れてみると興味津々にカメばかり観察
していました(^^)
すごく怖がっていたのに、勇気を出して
生き物と触れ合おうとする女の子の成長が
垣間見えた気がして、とても印象に残って
います。
この女の子のようにこういったイベントを
通して、生き物の素晴らしさを子供達に
感じてもらえたら…と改めて感じました。

幼稚園や小学校、自治体など子供達と動物と
の触れ合いをサポートする移動動物園。
豊かな心を育む「街・人・動物・自然」の
架け橋としてサイエンスファクトリーと
アニマルプランニングが運営しています。
ご依頼や詳細は気軽にお問い合わせ下さい♪

サイエンスファクトリー
http://www.sf-japan.net/#services
アニマルプランニング
http://animal-planning.com/carry-zoo/

by 庄田明日香

タランチュラというクモを皆さんはご存じでしょうか!?
とても強い毒を持っていて、素早くて、凶暴で・・・・というイメージをお持ちの方も
少なくないと思います!
たしかに、あの毛むくじゃらでたくましい姿を見るとそう思われても仕方ないですよね!
バードイーターや、アースタイガー、バブーンなど気性が荒い種類もいますが
人を殺すほどの毒は持っていないと言います!

13711670_300491990292764_72926263_o

このタランチュラはローズヘアーという種類のクモです!
ローズヘアーは、足を含めて約10センチと小柄ですし比較的おとなしいため
タランチュラの中では非常に飼いやすい種類と言われているんです。
しかし、毒はあるので飼うときには飼育ケースから脱走しないように注意が必要ですね!

手に乗せたりするととってもかわいいんです!(^^)!
(皮膚の弱い方は特に真似しないでください)

13728418_300492226959407_1188406461_o

タランチュラを飼いたーい!!!という方は
このローズヘアーから飼育してみてはいかがでしょうか!!!

by上杉 遼直

こんにちは、庄田です!

威嚇していないとっとりの撮影に
ついに成功しました!
(画質は悪いですが…)

58ac893d-470b-4622-a4ac-805bc4a005f1

膨らんでいるとっとりも可愛いですが、
通常時のとっとりのほうがコノハズク感が
あると思いませんか?笑

以上、庄田でした!

~動物紹介~
*とっとり
種名:サバクコノハズク
英名:Pallid Scops Owl 学名:Otus brucei
分類:フクロウ目フクロウ科コノハズク属
分布:イスラエル、イラク、パキスタン、
トルコなどの中東アジア

By 庄田明日香

ミナミコアリクイのミクちゃんは
一人で遊ぶ天才!!
今日も一人で遊んでました^ ^

13728483_301345650207398_1438846631_o

ん〜、それにしてもなかなかの体勢!!
by 上杉 遼直

こんにちは、庄田です!

この子はキバタンのアルです。
とても人懐っこい子で、「撫でてー♪」と
言わんばかりに頭を差し出してきます♪
翼を広げてバイバイもできる賢い子です。

aru

いつも網スノコをひっくり返して、スタッフ
が戻そうとする度に腕に乗ろうとしてくるん
です。それがまた可愛い(^^)
でもスノコを戻して数時間のうちに再び
ひっくり返しちゃうので、何か対策を考え
ないといけないですね(^^;)

以上、庄田でした!

~動物紹介~
種名:キバタン
英名:Sulphur-crested Cockatoo
学名:Cacatua galerita
分類:オウム目オウム科
分布:オーストラリア、パプアニューギニア
など

By 庄田明日香

どうも庄田です!

今回はナンベイヒナフクロウの南を
紹介します。

minami
南(ナンベイヒナフクロウ)

南もとっとり同様、スタッフで案を出し
合って名前を付けました。
ナンベイと聞くとどうしても「サンバ」など
の名前を付けたくなりますが、この子に合わ
ないので…(笑)
南米の最初の文字からとって、南と命名する
ことになりました!

ナンベイヒナフクロウは小型種です。
名前にヒナと付いているのは外見が
可愛らしいためだと言われています。
胸面は白地に茶色の縦斑が入った羽色をして
いますが、雛は薄茶色の綿毛に覆われて
とても可愛いそうです。私もまだ雛は写真で
しか見たことがないので、いつか拝む機会が
あればいいなぁ…(´・ω・`)

南は虹彩がダークブラウンで黒目が大きく
見えるので、目がクリクリしていてとても
可愛らしいです。頭を撫でると目を瞑って
気持ち良さげな表情を浮かべます♪
性格は臆病で怖がりですが、一旦据えて外に
出るとすごくおとなしくて、車などを見ても
堂々としています。もっと触れ合う機会を
増やしていき、外に出る機会も増やして
いきたいですね。

前回から2回に渡り新しく名前の付いた
フクロウ達を紹介しました!
変わった名前の二羽ですが、ぜひ覚えて
頂けると嬉しいです♪笑

以上、庄田でした!

~動物紹介~
*南
種名:ナンベイヒナフクロウ
英名:Mottled Owl 学名:Strix virgate
分類:フクロウ目フクロウ科フクロウ属
分布:メキシコ、コロンビア、エクアドル、
ベネズエラ、ブラジルetc…

By 庄田明日香

こんにちは、庄田です!

kukuru

この子はアフリカオオコノハズクのククル

オオコノハズクはフクロウブームの時に
有名になりましたよね!

ククルはシュッと体を細める事はあまりせず
威嚇ばかりしてくる勝気な子です。

そんなククルさんのレアな1枚!

kukuru2

おぉ、珍しくシュッとしてる!と思い
思わずパシャリ。

体を細める時は木に擬態している時だと
考えられている説もありますが、木に
なりきっているんですかね?(^^)

以上、庄田でした!

~動物紹介~
*ククル
種名:アフリカオオコノハズク
英名:Southern White-faced Owl
学名:Ptilopsis granti
分類:フクロウ目フクロウ科
アフリカオオコノハズク属
分布:ガボンから南ウガンダ、南アフリカなど

By 庄田明日香

こんにちは、庄田です!
今回は前回とっとりと名前がついた
サバクコノハズクについて紹介します!

無題

前回書いたようにスタッフで案を出し合って
名前を考えたのですが、実はとっとりの案を
出したのは私なんです(砂漠→鳥取砂丘→
とっとり 我ながら安直過ぎたと思って
いますが…笑)

1周回って可愛い響きだし、インパクトの
ある名前だと思って気に入っています♪

砂丘から取った名前ですが、
サバクコノハズクは中東アジアに分布して
いるフクロウです。鳥取砂丘は関係ありま
せんのでご注意を(^^;)

体重が約120gしかない超小型種です。
全長は18~21cm程と言われていてとっても小柄。
昆虫食傾向が強い種でもあるので、私達は
普段のエサの他にワームを与えることも
あります。
とっとり自身も虫が好きみたいで、ひよこ
などは残すこともしばしばあるのですが
ワームを与えるとキレイに完食してくれる
んですよ♪

個人的にとっとりにも人気者になって欲しい
と密かな願望があるので、今後も
ちょくちょくとっとりの写真をアップして
いこうと思っています!(笑)

以上、庄田でした!次回は南
(ナンベイヒナフクロウ)の紹介を予定
しています☆

~動物紹介~
*とっとり
種名:サバクコノハズク
英名:Pallid Scops Owl 学名:Otus brucei
分類:フクロウ目フクロウ科コノハズク属
分布:イスラエル、イラク、パキスタン、
トルコなどの中東アジア

By 庄田明日香