Tag: 爬虫類プロダクション

明けましておめでとうございます。

猪も七代目には豕になる
(いのししもしちだいめにはいのこになる)

※豕(いのこ)とは豚(ブタ)を意味する。

猪も七代目には豕になる…とは
猪ですら品種改良による交配を重ね
年月をかける事で豚になる事から
長い年月を経れば
どの様なものでも変化するという意味の諺

2019年…
与えられた大きな課題と
更なるミッションに向けて
イノシシがブタになるほどの努力を重ね
私達自身が良い意味での品種改良をし
新たな変化と向上に努めて参りますので
より一層のご支援とお引立てを賜りますよう
お願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし
新年のご挨拶とさせていただきます。

    動物プロダクション
    有限会社サイエンスファクトリー

■SFショッピングカート
http://sf-japan.ocnk.net

■SF公式Facebook
https://www.facebook.com/sciencefactory1996

社会人となった今、昔ほど
感動する事は少なくなってきましたが
この季節になるとやはり
桜が綺麗で和みますね^_^
近くの公園や、道路の脇に咲く
桜がなんとも言えない癒しを
与えてくれます!!
まさに春の風物詩ですね^ ^

そんな桜をよそに今日も動物たちは
とってもにぎやかです!

この子はイグアナですが
よく見る緑色とは違い
なんだか青い色をしています!!
この子は実はグリーンイグアナ
なのですがアザンティック(黄色の色素を
持たない)なのでブルーなんです^ ^

ブルーイグアナは少し性格が
荒いところはありますが
一度手懐ければ、トイレの場所を
覚えたり自分の名前を理解したり
すると言われています!!
とっても賢いんですね^_^

また、グリーンイグアナと違い
価格の方も安定しないと
言われているので入手
するのはなかなか困難かもしれません!!

それにしても、このブルーは
とっても綺麗ですよね^ ^
成長するともう少し青色に
深みが出ると言われているので
大きくなるのが楽しみですね!!

なんとなく気に入った写真
とってもかっこいい!!

みなさんもイグアナ
興味が出たら一度迎えてあげても
いいかもしれません^ ^
(ただし飼育は大変です)

それでは今日はこの辺で!!

〜今日の生き物〜
アザンティックグリーンイグアナ

寒い寒い冬も終わり春がやってきましたね
特に日中はポカポカしていて気持ちが
いいですよね(^^)
晴れている日は外に出て、春を感じるのも
いいかもしれませんね!!

そして、春といえば出会いと別れの季節
でもありますよね〜
学生の方は卒業や進学、就職など様々です!
新たなスタートそれぞれ頑張って
いきましょう^_^

今回は久々にトカゲの登場〜!!

きょ..恐竜??と思うほど迫力があり
体長も頭から尻尾まで1メートルほどあります!
種類はアフリカンロックモニターと言いまして
アフリカ大陸の東部から南部にかけて
分布が広いので、亜種も様々ですが
一般的にはノドジロイワオオトカゲ
ノドグロイワオオトカゲ、アンゴラ
イワオオトカゲの3亜種で別れています!

見かけによらずとてもおとなしく
掃除をしている時はいつも
手を舌でペロペロしてきて
とっても可愛いんです^_^

カメラを近づけるとこの通り
舌でペロペロ攻撃です(‘ω’)

目だけを撮ると恐竜感が一気に
増します^_^

これから夏に向けて暖かくなって
きたので爬虫類達にとっては
過ごしやすい気温になってきて
いますが、やはり生き物は
季節関係なく何が起こるか
分からないので気が抜けません!!
動物達にパワーを貰いながら
頑張っていきたいと思います^ ^

以上、恐竜みたいな
アフリカンロックモニターでした!!

〜今日の生き物〜
ノドグロイワオオトカゲ
学名:Varanus albigularis
英名:African Rock Monitor
分布:アフリカ大陸南東部

2月がやって来ましたね
やはり2月といえば
“バレンタイン”ではないでしょうか!

私自身バレンタインはあまりいい思い出
はありませんが(;_;)
学生の時はそれはそれは
机の中、靴箱の中を確認したものです^ ^

 

そんな話はさておき!!
今回はトカゲ、、ではなく
トカゲモドキの登場です\(^^)/

名前にモドキとついていますが
そもそも”モドキ”とは何なのか?
知っている方も多いと思いますが
改めて説明させて頂きますと

名前の下につけて、それに似て非なるもの
またはそれに匹敵するものと言う
意味があります!

おでんの具である”がんもどき”
の”もどき”も、鳥である雁(がん)
の肉の味に似ていることから
付けられたと言います!

これにちなんで
“モドキ”とつく本種も
ヤモリなのにトカゲの様な特徴を持っているため
トカゲモドキと名前が付いているんですねぇ^ ^

ではどこがトカゲの様な特徴なのでしょうか?
それは、、、ヤモリは本来瞼(まぶた)を持たず
目を薄い膜で覆っているのに対し、本種は
しっかり瞼があるんです!!
瞼があるので表情も豊かで
とても可愛いです^ ^

ん〜、トカゲの様なヤモリ
ややこしいですが(^^;
つぶらな瞳が癒されます^ ^

餌を見せるとお部屋から
顔だけを出すところが
またまた可愛いです^_^

爬虫類としては大人しく
体も丈夫なため
ペットとしても人気があります(´∀`)
ぜひ気になった方は
飼育してみてはいかがでしょう!!

それでは今日はここまで!
また次回(^O^)/

〜今日の生き物〜
ヒョウモントカゲモドキ
学名:Eublepharis macularius
英名:Leopard gecko
分布:インド北西部、パキスタン
アフガニスタン南東部

 

最近、少しでも他国の言葉を
理解したいなと思っています。
というのも、街中などを歩いていると
なぜだか外国人の方によく道を聞かれます!
その度にまったくと言うほど
理解できず、道を聞かれても
結局意味がありません(°_°)
聞かれた時に少しでも
役に立ちたいものです‼︎

さて今回は、あの可愛いデグーではなく
ちょっぴり怖いテグーの紹介です‼︎
デグーは草食ですがテグーは肉食です
そして、デグーは小さいですが
テグーは大きいです。
と言うように名前はすごく似ているのに
対照的な2種類です‼︎
黒と白のコントラスト非常に美しいテグーは
他にもホワイトヘッド、ブルーなどの
3タイプが存在します‼︎
名前が珍しい事もあってか一般的な
知名度は低いですが、マニアの間では
根強い人気を誇ります^ ^

 

15310296_366040887071207_791722864_n
覗いてみると、お気に入りの寝床で
頭だけ隠してお休み中でした‼︎

 

15280989_366041063737856_1245699655_n

近づいて写真を撮ってみると
シャッター音に反応して必ず
目をつぶります^ – ^

この季節、特に爬虫類は温度が低くなると
一気に体調を崩してしまうので
テグーを含め、体調の変化には
神経質になります‼︎

餌の食いつきで一喜一憂し
日々考えさせられますが
その分、沢山の喜びや癒しを
与えてくれます^ ^
本当に動物たちには感謝です‼︎

毎日違う表情を見せてくれる
テグー君、明日はどんな
表情を見せてくれるんでしょうか^ ^
〜今日の生き物〜
ミナミテグー
別名:サウザンブラックアンドホワイトテグー
学名:Tupinambis merianae
英名:Argentine Black and White Tegu
分布:ブラジル、アルゼンチンなど

こんにちは、庄田です!
ちょっとした雑談になるのですが、
大学の研究室でこの辺りでは見慣れない
生物が飼育されていました!

歩脚が4対、触肢が鋏のように発達した
クモのようなサソリの様なこちらの
生き物ですが、種名は見た目の通り
サソリモドキと言います。

先月の初めに奄美大島へ採集に出掛けた
友人が譲ってくれたらしく、研究室で
観察も兼ねて飼育しているみたいです。

名前に「サソリ」と付きますが、
系統的にはクモ網に属されるので
クモの仲間に分類されます。

英名はVinegaroon(ビネガロン)といい、
外敵に遭遇すると尾鞭を上げて
酢酸臭のある液を噴出することから
この名がついたと言われています。
(Vinegar=酢)

1度脱走してしまったことがあるらしく、
捕獲しようとしてこの液の被害を受けた
人が続出したそうです(笑)
(私はその場に居なかったので被害を
受けずに済みました(笑))

そんなサソリモドキですが、
この奇妙な見た目から世界三大奇虫と
言われていているんですよ!

三大奇虫の残り2種(ヒヨケムシ、
ウデムシ)もかなり奇妙な容姿を
しているので、興味がある方は
自己責任で検索してみて下さい…(笑)

以上、ちょっとした雑談でした☆

〜動物紹介〜
和名:アマミサソリモドキ
英名:vinegaroon、Amami whipscorpion
学名:Typopeltis stimpsonii
分布:熱帯、亜熱帯(ヨーロッパと
オーストラリアを除く)
日本では八丈島、九州南部〜沖縄

By 庄田明日香

突然ですが、皆さんは
小学生の頃は良く外で遊んでましたか?
私は良く遊んでいました!
今考えてみると昔は
真夏も、真冬も関係なく
はしゃいでいました^_^

今はもう暑い時は汗かいてぐったり
寒い時はブルブルしながらコタツ
みたいな感じで、とてもじゃないけど
外で遊ぶ気にはなれません^_^;

さてさて、今回は…
ミズオオトカゲについて
書いていきたいと思います!
“大きいトカゲ”と言うと
もしかしたら皆さんはコモドドラゴンを
思い浮かべるかもしれません
とても大きく、カッコいいですよね!
しかし、このミズオオトカゲも
負けていません体長は最大2メートル
まで成長すると言われており
性格も、バラつきはありますが
慣れる個体はすごく慣れると言います!!

 

15058728_358537984488164_1125783701_n
舌を出してカメラ目線!!!
このミズオオトカゲ君は元気いっぱいなので
写真を撮るのに苦労しました^_^;

 

15049819_358538041154825_1151500770_n
こちらは何か言いたげな表情を浮かべてます
どうしたんだろ~??

とまぁ色んな顔を見せてくれるので
とっても可愛いです(^^)
恐竜の様にも見えてくるところが
人気の一つかもしれません!!

まだまだ小さいですが元気に成長して
いつまでも色んな表情が見たいものですね!!

〜今日の生き物〜
ミズオオトカゲ
別名:サルバトールモニター
学名:Varanus salvator
英名:Water monitor
分布:中国南部からインド東部の間の東南アジア