Category: 魚類・甲殻類

ペット博2016大阪会場も無事終了
天候に恵まれない週末となりましたが
連日多くのお客様がご来場下さり
本当に有難う御座いました。

 

14446467_1156246367777392_1377543638_o

 

又、イベントスタッフとして活躍
お手伝いに来てくれたOAOの学生さん達
差し入れや激励のお声がけを下さった
皆々様、本当に有難う御座いました。
皆様のお力添えのお陰で
今年も無事に終える事が出来ました。

 

14423771_1156246337777395_55552809_o

 

来期も必ず!?
会場でお会いできる事を願っています。

 

14424162_1156246354444060_431208466_o

 

 

追記…
当ブースでお迎え頂いた子供たちの事で
何かお困りの事が御座いましたら
いつでも結構ですのでお問合せ下さい。

by. CEO

 

 

フルブラックのアメリカザリガニという
珍奇なネタから一夜

毎年恒例
ペット博で使用するための
ザリガニ釣り用のザリガニ採集に出陣
デカさと量がウリの“ザリガニ釣り”
その辺で採れるサイズには
子供たちもピクリとも反応しませんが
普段見慣れないビッグサイズだと
大人も子供も喜んで参加してくれるので
採るほうも必死なのです(笑

ま、そんな中?
ビッグクラーキー探しに翻弄し
夜な夜なドブの中を徘徊していた習性か
爪幅やサイズに微妙に反応してしまい
もはやペット博用という目的さえも
見失ってしまう勢いで採って来ました。

 

1472541594616

 

ちなみに…

色変タイプではスノースパインが
まぁまぁなサイズで数匹

 

1472541641246

 

1472541643536

 

TLでは14~15センチクラスが数匹

1472541581657

1472541555188

 

 

あのアメリカザリガニの秘密に迫る!?
オスとメスの違いはどこ?
素朴な疑問から珍問まで一挙に解決!!
http://sf-japan.ocnk.net/page/21

 

天然アメリカザリガニのバリエーション
http://sf-japan.ocnk.net/page/30

 

by.CEO

先日、千葉県四街道市にある
ゴルフ場を管理されている会社の方から
敷地内の池の清掃メンテナンスの際に
” 黒いアメリカザリガニが採れた!?  ”
という事でわざわざご連絡を頂き

珍しい個体かもしれないので
鑑定がてら研究用に送って下さるという
非常に有り難いお申し出を頂いた。

そんな経緯で入手した ” 黒いアメザリ ”

結果から先に言いますと…
残念ですが、黒化型やフルブラックと
呼ばれる ” 色素変異タイプ ” とは異なり
生息する環境下で黒っぽく色変わりする
” 色焼け ” と呼ばれる個体であり
他のポイントでも稀に採集できるので
毎度のように フルブラック出現か!? と
テンションが上げられるほどに
見た目は黒化型の個体に類似している。

勿論、黒化型に比べると希少性は低いが
今回ご提供頂いた
“なんちゃってフルブラック”は
非常に完成度の高い ” 色焼け ” 具合
腹部や胸脚部分に若干の赤みは残るが
ほぼ完全系に近い形で
フルブラックな装いを醸し出している。

 

1472360415262

 

1472360483704

 

1472363992151

黒いアメリカザリガニ

本物の黒化型フルブラック個体
果たして? 次の個体に出会える機会は
いつの日になる事やら…。

 

PS:千葉県四街道市 (株)○○○様
個体のご提供有難う御座いました!!
あのアメリカザリガニの秘密に迫る!?
オスとメスの違いはどこ?素朴な疑問から珍問まで一挙に解決!!
http://sf-japan.ocnk.net/page/21

天然アメリカザリガニのバリエーション
http://sf-japan.ocnk.net/page/30

 

by.CEO

今日の写真は癒やし系のペットとして人気の生き物、オカヤドカリです。
みなさんもペットショップなどで一度は見かけられた事があるのでは?

オカヤドカリは日本では
主に小笠原諸島や沖縄などの暖かいところに生息しています。
その現地ではごく普通に見かける生き物だそうですが実は天然記念物に指定されているため一般の人が勝手に採ったりする事は出来ません。
そんな天然記念物のオカヤドカリをペットとして飼えるなんて不思議な話ですよねー

オカヤドカリは可愛い癒やし系の見た目をしていますがその脚には強力なハサミが!
可愛く見えますがこんな恐ろしい武器を持っているんですね( ̄O ̄;)

今日は昨日の写真とカニつながり
ということでヤシガニの写真です。

陸上生活をおくる甲殻類の中でも
最大のサイズを誇るヤシガニ。
その名前にはカニとついていますが
カニの仲間ではなくヤドカリの仲間なんです。
確かにヤドカリの貝殻が無いだけで
よく似てますよね?

ヤシガニの最大の武器は
なんと言ってもこの大きなハサミ!
ですがヤシガニには
他にもハサミがあるのをご存じですか?
それはココ!

よく見ると細い脚の先が
ハサミになっています。
前にあるハサミに比べてかなり小さいですが
脚の力が強いので挟まれると痛い目に( ̄O ̄;)
もしヤシガニを持つ機会があったら
ご注意下さいね。笑


今日の写真はカニ!
このカニは沖縄などに生息する
オカガニというカニで主に陸地で暮らしています。
このカニ、この写真ではわかりにくいですがとっても大きいカニなんですよ。
わかりやすくするためにものさしを置いてみました。

どうです?
大きくありませんか?
でもこれでも最大サイズじゃないんですよ。
驚きですねΣ(・□・;)

香港が生んだアクションスター
ジャッキー・チェンの地
香港に行った時の事です
金魚街というのがあって
そこではビニール袋に入った金魚がたくさん売られていたんです
P1030590_convert_20130517074444.jpg
日本ではあまり見ない風景ですね
香港は風水とか気にする人が多く
金運upとなる金魚をオフィスや自宅で飼っているらしいのです

トリミングを(も?)サボっていたら
水草が伸び放題しておりましたのでトリミング
トリミング前
SANY0024_convert_20130214225914.jpg
トリミング後
SANY0028_convert_20130214225948.jpg
右に植えておりますロタラインディカをバッサリ切り
南米ウィローモスを手で少しむしり
ボルビティスの古い葉を手で切ってトリミング完了
2,3週間もすればいい感じに生えそろうと思います!
写真が鮮明でないので分かりにくいですが
前景草にミニヘアーグラスがすこーし植えてあります。
なかなかランナーを出してくれず、草原には程遠い感じ・・・
(CO2添加をしていないので、そのせいだと思います。)
と、こんな水槽もあるんだと無駄にアピールしてみました☆
PS 切り取った大量のロタラ、良い使い道は無いものか毎度悩みます。
  良いアイデアがあれば是非教えて下さいm(_ _)m
ひょっこり藤井

昨日の記事ではオオトカゲ君が
頭だけ隠していましたが
反対に今日の子は…
fc2blog_20130212233714d9b.jpg
はい、頭だけ出してますね
この子はヨーロッパオオナマズという種類のナマズで
名前はインカといいます
オオナマズと言うだけあって
最大で3メートルにもなるというナマズなんです
そんなに大きくなったらもう隠れる筒はないでしょうね
いや、それよりも水槽に入るかな(ー▽ー;)
■ヨーロッパオオナマズ
学名:Silurus glanis
英名:Wels catfish
原産:ヨーロッパ
・大きな湖や流れの緩やかな河に生息
・魚や甲殻類、ネズミなどの小動物、時には水鳥などを食べている

メンテナンスをとっていたら目に止まったのでUP!
SANY1010_convert_20130115225102.jpg
アメリカザリガニ(Procambarus clarkii)です。
とは言え、その辺にいる赤色でもなく、
ペットショップで売られている白色や青色などでもなく、
なんとも言えない美しい色合い!
これは突然変異で白化した個体です。
しかも養殖ではなく、野生のもの!
う〜ん、美しいッ!!
注)美しく見えないと言う方、それは写真の腕の問題かと思われます(汗)
お求めの際はこちらまで〜
ショッピングカート 魚類.甲殻類/生体
短髪にしたら冬の厳しさを肌身に感じた藤井でした〜