Tag: 西日本

こんにちは、庄田です。
今回の写真は、羽角が片一方だけ
寝ている黒飴ちゃん(ユーラシア
ワシミミズク) を選びました!

ご存知の方が多いと思いますが、
羽角というのはミミズクの頭上に
ある耳のような飾羽のことです。
実際に耳だと勘違いされる方も
多いですが、本当の耳は顔の横
あたりの羽をかき分けると
見つけることができますよ(^^)

羽角の有無がフクロウとミミズク
の違いと言われていますが、
何故ミミズクには羽角がついて
いるのでしょうか?
まだ学術的に解明されては
いませんが、羽角を枝などに
見立てて木に擬態する為という
説が有力だと言われています。
他にも羽角を立てる事によって
後ろからの音を拾いやすく
しているのではないか、などの
説もあるようです。
いろんな説があって面白いですね!

きっと生物の進化と退化の上で
ミミズクに羽角があるという事は
何か意義のあることなんだろうな
と私は思います。
写真の黒飴ちゃんも、木に擬態
するために片方の羽角をわざと
寝かせているのかもしれませんね!

〜動物紹介〜
*黒飴
種名:ユーラシアワシミミズク
(ワシミミズク)
英名:Eurasian Eagle Owl
学名:Bubo bubo

 

こんにちは、庄田です。
今年もあと1ヶ月! 朝晩の冷え込みが
辛い季節になってきました(>_<;)
関東の方では既に雪が観測された日も
あるようです。

大阪では滅多に雪が積もる事が
ありませんが、雪が積もる地域に
生息している動物って白い毛色の
生き物が多いですよね。

一般的な考えとして、白い毛色は
雪や風景に溶け込みやすくなり、
外敵に見つかりにくくする役割も
あると言われています。

フクロウももちろん例外ではなく、
同じ種類でも白い羽色になることが
あるんですよ!

最初の写真は、白みが強いタイプ
(流通名はホワイト・タイガー)の
アメリカワシミミズクです!!

 

15327587_351187071906525_1417029206_n

 

こちらが通常のアメワシ。
見比べてみると全く色が違いますよね!

アメワシの分布はアラスカ~カナダ、
中央・南アメリカとなっており、
北へ行くほど白みが強くなる
傾向があると言われています!!

他にも白い羽色の種類も存在するので
色々見比べて見るのも楽しいかも
知れませんね(^^)♪

〜動物紹介〜

和名:アメリカワシミミズク
英名:Great Horned Owl
学名:Bubo virginianus
分布:アラスカ~カナダ、
中央・南アメリカ

 

年の瀬を迎え
2015年も残すところあと僅かとなりました。

本年もサイエンスファクトリーならびに
アニマルプランニングにご愛顧を賜り
スタッフ一同心より御礼申し上げます。

良い年末年始をお過ごしください。
また来年もどぞよろしくお願い致します!!

I hope that 2016 finds you happy and successful.

 

 

年末年始におけるお荷物の遅延について…
年末年始は、交通渋滞や悪天候により
宅急便のお届けに遅延が生じる可能性がございますので
各ショッピングカートをご利用頂くお客様はくれぐれもご注意下さい。
 shutterstock_116992471

May the good times and treasures of the present
become the golden memories of tomorrow.
Wish you lots of love, joy & happiness.
Happy Christmas to you.

と、言う訳で、テストがてら投稿!
おひさしぶりです!
以前のものよりも機能面でグレードUPしております!
書いている当人は、、、、、
とまあ、機能のチェックに勤しんでおりますが、
効果的、且つ継続的に使用できるかが、目下の課題
お楽しみに〜
test1
アクアテラリウムで花が咲いたの図。とりあえずテストとしてUP!
藤井