Our Blog

公園に行くと木の根元に小さな穴がいっぱい
fc2blog_20130714075223d43.jpg
これ、セミの幼虫の穴なんです
幼虫は3〜17年もの時をを地下で過ごし
長い地下生活のうちに数回の脱皮します
地下では太く鎌状に発達した前脚で
木の根に沿って穴を掘り、
口吻を木の根にさしこみ、
道管より樹液を吸って成長します
そして地下生活を終えるとついに地上へ!
羽化の時がくるのです
羽化中は無防備で、
昼間は明るく敵に見つかりやすいため
夕方に行います
そうする事で敵が出てくる頃には
もう飛べるようになってるんです