2月 2016

どうも庄田です!

猛禽部屋で飼育している鳥達にはみんな
それぞれに名前が付いているのですが、
サバクコノハズクとナンベイヒナフクロウ
にはまだ名前が付いていなかったので、
スタッフで案を出し合って命名しました!

採用された案は…
サバクコノハズク → とっとり
ナンベイヒナフクロウ → 南
です!(笑)

無題
とっとり(サバクコノハズク)

minami
南(ナンベイヒナフクロウ)

とっとり、南のそれぞれ詳しい紹介は
次回を予定しています。
お楽しみに♪

By 庄田明日香

こんにちは、庄田です!
当社には昆虫などの節足動物も多く飼育して
いるのですが、中でも在庫量がケタ違い?
温室内で圧倒的な存在感を放っているのが
マダガスカルオオゴキブリ(マダゴキ)です!

shutterstock_11976829

マダゴキの保有数はなんと約7000匹以上!
Babyサイズも合わせると20000匹超え!!
ゴキブリや虫が嫌いな方からしたら
トラウマになりそうな数ですよね…(笑)

ゴキブリと言えば存在自体を毛嫌いされる
生き物ですが、マダゴキは体長約7cm程の
大型種の割に見た目がゴキブリっぽくない
のでまだマシな方だと思います(^^;

shutterstock_290474924

そんなマダゴキさんですが、海外ではペット
としての流通量も多く、意外と可愛がられて
いることが多いんですよ(^^)

尚、当社では各種イベントなどへの貸出や
バラエティー番組、ホラー系の撮影現場など
様々な現場で活躍してくれています!

shutterstock_58537195

生体の販売も行っていますので、
マダゴキさんが気になる方はぜひ…☆笑
http://sf-japan.ocnk.net/product-list/17

■マダガスカルゴキブリ
※マダガスカルオオゴキブリ
※マダガスカルヒッシングコックローチ

■学名:Gromphadorrhina portentosa
■科目:ゴキブリ目 オオゴキブリ科
■分布:マダガスカル

By 庄田明日香

こんにちは、庄田です!

sue

猛禽の扱いを課題として頂いてから
トレーニングを積んでいるのですが、
やっぱり据えることはそう簡単なこと
ではないですよね(-_-;)

思うようにできずに悶々とした日々を
過ごしています(苦笑)

挫けずに頑張らないと!

以上、庄田でした!

こんにちは、庄田です!

bake

シロフクロウのバケラッタ、通称バケちゃん
とスタッフの松本さん

バケちゃんは表情豊かな個体でいつも思わず
真似したくなるような表情をしています(^^)

シロフクロウといえば、ハリー・ポッター
シリーズで主人公ハリーが飼っていた
フクロウとしても知名度が高いですよね!

シロフクロウは雌雄の判別を外観からする
ことも可能で、オスはほぼ白一色の羽色に
対してメスは黒っぽい斑点が縞状に入って
いるんですよ!

また、北極圏に分布している特徴として、
・白い羽色が保護色になる
・白夜があるため、日中でも活動できる
・暑さに弱い
などが挙げられます。

雌雄判別が外見から可能だったり、日中も
活動できたり、フクロウの中でも面白い
特徴を持っている個体といえるのではない
でしょうか(^^)

以上、庄田でした!

~動物紹介~
*バケラッタ
種名:シロフクロウ 英名:Snowly Owl
学名:Bubo scandiacus(Nyctea scandiaca)
分類:フクロウ目フクロウ科ワシミミズク属
分布:ロシア、グリーンランドなど北極圏

By庄田明日香