Tag: 映画

動物プロダクションと言えば
実際にリアルな生きもの達を使った
リアルな撮影がメインだと思われがちですが
実写以外にも映画やCM、PVの中で使われる
CGなどの素材作りや動物の鳴き声などの
音源や音響素材などを制作する為のご依頼や
本物の昆虫や動物などの生きもの達を使い
よりリアルな生きもの達の動きや挙動
表情やしぐさなどを作る為の素材作り
トレースの為のご依頼などにも対応します。

リアルな動物達の動きに驚かされるほどのCG

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日や

実写版ジャングル・ブックなどで見られる
実写と見間違うほどの映像美と世界観

国内でこれほどの作品が作られる可能性は
映像技術などの問題だけではないので
現実的には極めて低いと思われますが

いずれ動物愛護などの観点から考えても
動物を酷使するような撮影内容ではなく
動物はブルーバックのスタジオで撮影を行う
無理な動きや動物に負担のかかるシーンは
CGで対応するといった事が当たり前になる
そんな時代もありなんじゃないのかな?

と、思ってみたり 願ってみたり
そんな今日この頃。

そんな日は来なくて良い。

大半の方はそう思われると思いますが
映像の世界などでは意外と使われており
シチュエーションや舞台背景などに合わせ
走らせてみたり…飛ばしてみたり…

時には大量のゴキブリ達を使用するような
変わったご依頼もあったり

そんな状態を想像するだけで
気分を害される方も少なくないはずなので
施工方法などをあまり細かくは書きませんが
虫を操る事も我々のお仕事のひとつですので
どんな昆虫であれご用意させて頂いてます。

※撮影用のゴキブリは無菌タイプの養殖個体

そんなゴキブリ依頼(国産種限定)の中で
最も出番多いのがコイツ↓

【1位】

■和名:クロゴキブリ
■英名:smoky brown cockroach
■学名:P. fuliginosa
■原産:中国南部
■体長:30~40mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月中旬~10月上旬
■卵鞘内日数:30~60日
■卵鞘内卵数:約20個
■幼虫期間:約半年~1年
■成虫寿命:約半年(単為生殖)
■産卵数:年間約300個
■生態:温暖多湿な環境を好む

【2位】

■和名:ヤマトゴキブリ
■英名;Japanese cockroach
■学名:P. japonica
■原産:在来種
■体長:約20~25mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月初旬~9月中旬
■卵鞘内日数;35~50日
■卵鞘内卵数:16個
■幼虫期間:180~600日(幼虫休眠)
■成虫寿命:3ヶ月~半年(単為生殖)
■産卵数:年間約280個
■生態:温暖多湿、半屋外生息

【3位】

■和名:チャバネゴキブリ
■英名:German cockroach
■学名:Blattella germanica
■原産:アフリカ
■体長:約10~15mm
■最適活動温度:33℃
■発生回数:年数回
■活動時期:通年
■卵鞘内日数:20~35日
■卵鞘内卵数:約40個
■幼虫期間:30~90日
■成虫寿命:3ヶ月~半年
■産卵数:年間約200個
■生態:温暖乾燥、水場付近

【4位】

■和名:ワモンゴキブリ
■英名:American cockroach
■学名:Periplaneta americana
■原産:アフリカ
■体長:約30~45mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月中旬~10月上旬
■卵鞘内日数:29~58日
■卵鞘内卵数:約15個
■幼虫期間:約半年~1年
■成虫寿命:約半年~2年 (単為生殖)
■産卵数:年間約800個
■生態:温暖多湿な環境を好む

ま、何の順位やねん!!って感じですが

如何でしょうか
お気付きになられました?

残念なことにほとんどの種が単為生殖が可能
オスがいなくてもメスだけでも増える

これらの発生回数や活動周期を見ても
1年足らずで途方もない数に増えてしまう…

なので皆さんのご家庭では?コイツらに
くれぐれも出番がないようにご注意を~

 

 

いや〜それにしても桜が散るのは
早いですね(^^;
「あっ!!桜だ 」と思ったら
あっという間です!
今年は写真も撮れなかったので
少し残念ですヽ(´o`;
また来年、春に会いましょう!!

今日は少し国語について触れたいと
思います!!
みなさんは”蛇足”という故事成語を
ご存知でしょうか?
よく日常でも使う場面があるので
わからない人は少ないと思います!

蛇足という言葉の歴史は古く
紀元前3世紀の中国”楚”(そ)
という国のお話で
一人分の酒を巡って
先に蛇の絵を描いた者が
お酒を飲むということになり
一人の召使いが一番先に蛇の絵を
描いたが、あまりにも早く描けたので
その蛇の絵に足を付け足したところ
2番目に描けた召使いに
「蛇に足なんかない、だから蛇を
描いたことにはならない」
と言われて酒を飲まれてしまった!
というように、余計なものを
してしまい全体を駄目にしてしまう
と言うのが蛇足ですよね!!

そこで気になるのは
“蛇に足なんてない”
と言うところです!!
確かに蛇はニョロニョロしていて
足なんて無い!と言うのが
一般常識的なところが
ありますが、ニシキヘビやボアの
仲間にはしっかりと小さい
足が存在するんです^_^

写真はボールパイソンと言う
蛇なのですが小さな
足があるんです!
わかりますか〜??
この爪みたいな足は
正確には”けずめ”という部分で
地中で生活するために進化し
足を退化させた名残
と言われています!!

なので一番に蛇を描き、足をつけた
召使いはある意味間違いでは
なかった!!
と言うことなんですね〜(^.^)
しかし、蛇達も進化するために
足を退化させた訳ですから
“足が必要じゃなかった”
つまり”余計なもの”
と言うところでは
蛇足と言う言葉の意味が
しっかりあっていますよね^_^

こうして動物が出てくる
故事成語やことわざが
いっぱいあるので
実際に照らし合わせてみると
とっても面白いですよね!!
勉強が大嫌いな私も
少し勉強したくなりました(^.^)

みなさんも言葉に動物が
出てきたら詳しく調べて
みはいかがでしょうか?
きっと面白いですよ^_^

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

〜今日の生き物〜
ボールパイソン
学名:Python regius
英名:Ball python
分布:ウガンダ西部、ガーナなど

寒い寒い冬も終わり春がやってきましたね
特に日中はポカポカしていて気持ちが
いいですよね(^^)
晴れている日は外に出て、春を感じるのも
いいかもしれませんね!!

そして、春といえば出会いと別れの季節
でもありますよね〜
学生の方は卒業や進学、就職など様々です!
新たなスタートそれぞれ頑張って
いきましょう^_^

今回は久々にトカゲの登場〜!!

きょ..恐竜??と思うほど迫力があり
体長も頭から尻尾まで1メートルほどあります!
種類はアフリカンロックモニターと言いまして
アフリカ大陸の東部から南部にかけて
分布が広いので、亜種も様々ですが
一般的にはノドジロイワオオトカゲ
ノドグロイワオオトカゲ、アンゴラ
イワオオトカゲの3亜種で別れています!

見かけによらずとてもおとなしく
掃除をしている時はいつも
手を舌でペロペロしてきて
とっても可愛いんです^_^

カメラを近づけるとこの通り
舌でペロペロ攻撃です(‘ω’)

目だけを撮ると恐竜感が一気に
増します^_^

これから夏に向けて暖かくなって
きたので爬虫類達にとっては
過ごしやすい気温になってきて
いますが、やはり生き物は
季節関係なく何が起こるか
分からないので気が抜けません!!
動物達にパワーを貰いながら
頑張っていきたいと思います^ ^

以上、恐竜みたいな
アフリカンロックモニターでした!!

〜今日の生き物〜
ノドグロイワオオトカゲ
学名:Varanus albigularis
英名:African Rock Monitor
分布:アフリカ大陸南東部

こんにちは、庄田です!

hercures

とある撮影の為、先日ヘラクレスオオカブト
が会社にやってきました!
か、かっこいい…!
思わずテンションが上がってしまいました(笑)
撮影、頑張ってね!

以上、庄田でした!

By 庄田明日香