Author: fltzp4vhdb3wxju

どーも!!毎度上杉です♪( ´θ`)ノ
いや〜それにしても桜が散るのは
早いですね(^^;
「あっ!!桜だ 」と思ったら
あっという間です!
今年は写真も撮れなかったので
少し残念ですヽ(´o`;
また来年、春に会いましょう!!

今日は少し国語について触れたいと
思います!!
みなさんは”蛇足”という故事成語を
ご存知でしょうか?
よく日常でも使う場面があるので
わからない人は少ないと思います!

蛇足という言葉の歴史は古く
紀元前3世紀の中国”楚”(そ)
という国のお話で
一人分の酒を巡って
先に蛇の絵を描いた者が
お酒を飲むということになり
一人の召使いが一番先に蛇の絵を
描いたが、あまりにも早く描けたので
その蛇の絵に足を付け足したところ
2番目に描けた召使いに
「蛇に足なんかない、だから蛇を
描いたことにはならない」
と言われて酒を飲まれてしまった!
というように、余計なものを
してしまい全体を駄目にしてしまう
と言うのが蛇足ですよね!!

そこで気になるのは
“蛇に足なんてない”
と言うところです!!
確かに蛇はニョロニョロしていて
足なんて無い!と言うのが
一般常識的なところが
ありますが、ニシキヘビやボアの
仲間にはしっかりと小さい
足が存在するんです^_^

写真はボールパイソンと言う
蛇なのですが小さな
足があるんです!
わかりますか〜??
この爪みたいな足は
正確には”けずめ”という部分で
地中で生活するために進化し
足を退化させた名残
と言われています!!

なので一番に蛇を描き、足をつけた
召使いはある意味間違いでは
なかった!!
と言うことなんですね〜(^.^)
しかし、蛇達も進化するために
足を退化させた訳ですから
“足が必要じゃなかった”
つまり”余計なもの”
と言うところでは
蛇足と言う言葉の意味が
しっかりあっていますよね^_^

こうして動物が出てくる
故事成語やことわざが
いっぱいあるので
実際に照らし合わせてみると
とっても面白いですよね!!
勉強が大嫌いな私も
少し勉強したくなりました(^.^)

みなさんも言葉に動物が
出てきたら詳しく調べて
みはいかがでしょうか?
きっと面白いですよ^_^

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

〜今日の生き物〜
ボールパイソン
学名:Python regius
英名:Ball python
分布:ウガンダ西部、ガーナなど

みなさんいきなりですがこれ
なんだかわかりますか〜??

少しわかりにくいですね(^^;
では少し角度を変えて

って一緒やないかいっヽ(´o`;
これは弊社で飼われている
ポニーのアンちゃんの鼻なんです^_^
前にもブログで紹介した
アンちゃん!!
なぜ今日は鼻なのか?
と言いますと私は馬の鼻が
とっても大好きなんです^ ^

なぜ鼻が好きなのか
それはとっても柔らかく
匂いを嗅ぐ時などは
イモムシみたいに動くところが
たまらなく好きなんです!!

また、馬の鼻はとてもいいと言われており
人の感情も匂いで嗅ぎとる
と言われているんです^ ^
匂いで感情を読み取られたら
馬の前では焦っちゃいられないですね(^^;

さらにもう一つ僕が好きなところが
あるんですがそれが
顎の部分にある頤(おとがい)
と呼ばれるところで
そこはまんじゅうのようにプクっと
膨れているのですが
そこがまたもぉ感触がマシュマロ
みたいでプニプニしているんです!!
みなさんも馬に会った時は
触って見てください!!
きっと虜になるはず^ ^

そんな鼻フェチの上杉でした〜♪( ´θ`)ノ

 

 

ども! 上杉です〜
社会人となった今、昔ほど
感動する事は少なくなってきましたが
この季節になるとやはり
桜が綺麗で和みますね^_^
近くの公園や、道路の脇に咲く
桜がなんとも言えない癒しを
与えてくれます!!
まさに春の風物詩ですね^ ^

そんな桜をよそに今日も動物たちは
とってもにぎやかです!

この子はイグアナですが
よく見る緑色とは違い
なんだか青い色をしています!!
この子は実はグリーンイグアナ
なのですがアザンティック(黄色の色素を
持たない)なのでブルーなんです^ ^

ブルーイグアナは少し性格が
荒いところはありますが
一度手懐ければ、トイレの場所を
覚えたり自分の名前を理解したり
すると言われています!!
とっても賢いんですね^_^

また、グリーンイグアナと違い
価格の方も安定しないと
言われているので入手
するのはなかなか困難かもしれません!!

それにしても、このブルーは
とっても綺麗ですよね^ ^
成長するともう少し青色に
深みが出ると言われているので
大きくなるのが楽しみですね!!

なんとなく気に入った写真
とってもかっこいい!!

みなさんもイグアナ
興味が出たら一度迎えてあげても
いいかもしれません^ ^
(ただし飼育は大変です)

それでは今日はこの辺で!!

〜今日の生き物〜
アザンティックグリーンイグアナ

こんにちは〜!上杉です^ ^
最近の話ですが、すごい形をした
イチゴを見つけて思わず写真を撮って
しまいました!

色んな見方が出来ますが
私がすぐに連想したのは
コウモリでした^_^

それにしてもすごい形!!
ずっと残しておきたかったのですが
食べ物なのでそうはいきません!!
写真を撮った後、動物達の
デザートになりました^ – ^
美味しそうに食べてくれてたので
良かったです!

もう一つ今度は可愛い写真を!!

ルリコンゴウインコのラズリです^_^
可愛いこともさることながら
とっても色鮮やかで綺麗ですね!!

クチバシもすごく特徴的な形を
していますよね!!
見た目以上に強力で、クルミも
簡単に砕いてしまうほどの威力なんだとか^ ^

また、ルリコンゴウインコはとても
飼い主に慣れやすい性格で
一言で言えば犬みたいななつき方といいます!
こんなに可愛いのに犬みたいに懐くと
もぉたまりませんね(^^)

なでなでがとても好きで
とっても気持ち良さそうな顔を
する所がもぉメロメロです!!

こちらの写真はカメラが気になって
寄ってきた時に撮った写真です!!
鳴きながらこっちに来るところが
本当に愛らしいです^ ^

皆さんもルリコンゴウインコに会う
機会があれば是非実際に見て
いただきたいです!!
写真よりももっと美しいですよ(^^)

それではまた♪( ´θ`)ノ

〜今日の生き物〜
ルリコンゴウインコ
学名:Ara ararauna
英名:Blue-and-Yellow Macaw
分布:南アメリカ大陸パナマ南部

 

こんにちは〜上杉です!
寒い寒い冬も終わり春がやってきましたね
特に日中はポカポカしていて気持ちが
いいですよね(^^)
晴れている日は外に出て、春を感じるのも
いいかもしれませんね!!

そして、春といえば出会いと別れの季節
でもありますよね〜
学生の方は卒業や進学、就職など様々です!
新たなスタートそれぞれ頑張って
いきましょう^_^

今回は久々にトカゲの登場〜!!

きょ..恐竜??と思うほど迫力があり
体長も頭から尻尾まで1メートルほどあります!
種類はアフリカンロックモニターと言いまして
アフリカ大陸の東部から南部にかけて
分布が広いので、亜種も様々ですが
一般的にはノドジロイワオオトカゲ
ノドグロイワオオトカゲ、アンゴラ
イワオオトカゲの3亜種で別れています!

見かけによらずとてもおとなしく
掃除をしている時はいつも
手を舌でペロペロしてきて
とっても可愛いんです^_^

カメラを近づけるとこの通り
舌でペロペロ攻撃です(‘ω’)

目だけを撮ると恐竜感が一気に
増します^_^

これから夏に向けて暖かくなって
きたので爬虫類達にとっては
過ごしやすい気温になってきて
いますが、やはり生き物は
季節関係なく何が起こるか
分からないので気が抜けません!!
動物達にパワーを貰いながら
頑張っていきたいと思います^ ^

以上、恐竜みたいな
アフリカンロックモニターでした!!

〜今日の生き物〜
ノドグロイワオオトカゲ
学名:Varanus albigularis
英名:African Rock Monitor
分布:アフリカ大陸南東部

ご好評頂いております。
あずきときなこの動画をご紹介

様々な鳴き声を使い分け 感情表現する姿
器用に動かせる指先で
様々なものを使って遊ぼうとします。

好奇心旺盛なこの生き物?
色んな意味で “目が離せない”
そんな2匹のカワウソが
今日もまた?飼い主泣かせの珍事を炸裂中~

★泣きぐずって甘えるカワウソあずきと、眠たすぎるきなこ

★知育玩具で夢中になって遊ぶカワウソ「きなこ」

★カワウソきなこがオモチャを貸してくれる時と貸してくれない時?

★カワウソのあずきときなこのモグモグおやつタイム

★【赤ちゃんカワウソ】アズキときなこの成長記~赤ちゃん編~

こんにちは〜!!毎度上杉です!
もうすぐ春ですね^ ^
出会いと別れの季節でもあり
新しいスタートの季節でもあります!!
何か新しいことを始めるのも
いいかもしれませんね^ ^

と言うことで私は最近
筋トレを毎日するようにしています!!
もともとトレーニングは好きな方で
学生時代は友達とジムに通っていた事も
ありました^ ^
トレーニングを頑張ってミナミコアリクイ
みたいな太く筋肉質な腕になりたい
ものです!!

今回は初めて聞いたと言う方も
多いかもしれない動物
コタケネズミの登場です(^^)
名前の通り”小型の竹鼠”と言う意味が
あるそうで、竹鼠は主に竹の根っこなどを
食べますが本種はサツマイモや人参など
色々なものを食べます^_^

目が小さくて、ずんぐりしている姿は
とっても癒されます( ^ω^ )
顔も可愛いですが、習性もとっても
キュートで餌を巣に持ち帰える
ところはついつい眺めてしまいます!!

動物園などでもたまに見かけるコタケさん
ですが、なかなかレアなネズミなので
見かけたら皆さんも是非その可愛さに
触れてみてください^_^

げっ歯好きな人にはたまらない
コタケネズミでした〜!!
ではまたヽ(^o^)

〜今日の生き物〜
コタケネズミ
学名:Cannomys badius
英名:Lesser Bamboo Rat
分布:ネパール東部からビルマ、タイ

 

 

どうも〜上杉です!
突然ですがみなさんは
本を読みますか?
こんな私も本を読むことがあるのですが
昔から何度も読んでしまう本があります!
それは、”へんないきもの”と言う本です(^^)
ご存知の方もいると思いますが
この本は変な形をした生き物や
変な習性を持っている生き物に
スポットライトをあてて
面白おかしく解説しているものなのですが
それが非常に笑えます^ ^
是非気になる方は読んで見てください!

今回はミーアキャットのカシュー
の紹介です!!
ミーアキャットと言いますがもちろん
猫ではなく、マングースの仲間で
雑食なので昆虫から果物まで
色々なものを食べるんです^ ^
サソリや、クモなどの毒にも耐性が
あるそうで
サバンナでは”ギャング”と
呼ばれているんだとか….
さらに、ミーアキャットは”教育”
も行うそうで大人が子供に狩の
やり方をレベルを変えながら
一人前に育てていくと言うから
驚きです^_^

写真はちょうどカシューが
くつろいでいる時です^_^
全身の力を抜いて
なんだか気持ち良さそうです!!

カメラが気になり、いてもたっても
いられなくなったカシュー
でも、なかなか抜けなくて必死です^ – ^

写真を撮ろうとするといつもすぐに
でて来てしまうので、なかなか大変でしたが
頑張りました( ´∀`)

いや〜それにしても可愛すぎる^ – ^
他にもミーアキャットといえば
立ち姿も愛らしいので
また写真を撮ってみなさんに
紹介したいと思います!!
それではまた(^-^)v

〜今日の生き物〜
ミーアキャット
学名:Suricata suricatta
英名:Mier-cat
分布:ナミビア、ボツワナ南部

 

 

どうも〜上杉です^ ^
ところで皆さんは趣味を持っていますか?
私は、絵を描くことが趣味で
絵を描いている時は自分の世界に
入ってしまいます^_^

“絵”と一言で言っても種類は
様々で、リアルなタッチの絵や
ポップな可愛い絵、漫画風の絵など
描く人の気持ちやセンスが絵に現れます!
中でも私は、リアルなタッチの絵が好きで
紙と鉛筆で写真や風景を模写するのが
大好きです^ ^

そんな私ですが最近ではポップな描写にも
挑戦していて、色々と描いてはいるのですが
なかなか納得のいく絵が描けません∑(゚Д゚)
描いていくうちにコツは掴めていますが
まだまだなので練習あるのみです!!

今回は前回のカナちゃんと同様
コモンマーモセットのてっちゃん
の登場〜^_^

カナちゃんと同様 てっちゃんも
男の子で、とっても元気一杯!!
なので写真を撮るのに
本当に苦労しました(*_*)

カメラを近づけるとオモチャと
勘違いし、レンズを手でカリカリする
やんちゃぶり!!

しかし、一通り遊んだ後は
お気に入りの柿のお部屋で一休み^_^

すっぽりハマっているところが
可愛さを引き立てます^ ^
将来はカナちゃんと一緒にお嫁さんを
もらうのかな!?
男磨きもおこたるなよ〜てっちゃん!!

こう言う自分が一番男磨きをしなきゃ
いけないと言うことは言うまでもない
上杉でした!!^ ^

〜コモンマーモセット豆知識〜
コモンマーモセットは盲腸や大腸に
舌と同じか、それ以上の味覚情報伝達分子群
が存在する!!

こんにちは、庄田です。
突然ですが皆さんは空を自由に
飛べる哺乳類といえば何が
思い浮かびますか?
モモンガ?それともムササビなど
でしょうか??
しかし、モモンガ等は皮膜を
使って風に乗って滑空して
いるので動力飛行はできません。
正解は…?

そう!コウモリです!!
コウモリは現在確認されている
中で、唯一自由に空を飛べる
哺乳類なんですよ(^o^)
次の写真はコウモリの骨格標本
なのですが、翼は5本の指から
構成されていることがわかります。

 

こうして見てみると、ヒトと
よく似た骨格をしていますよね。
実は、コウモリの祖先は5本指の
食虫目(トガリネズミ等)であると
考えられており、私達ヒトと
共通祖先を持っているそうですよ!
もしかしたら私達も飛べるように
進化したかもしれないと思うと
すごく面白いですよね(^^)

他にもコウモリの骨格で面白いと
思ったのは後脚!!
股関節が私達とは逆についていて、
膝が後ろに曲がります。

ヒトのように歩行するわけでは
ないので、前に曲げる必要が
ないですし、飛行の際の空気抵抗
を軽減させる為の進化だと
考えられています。
変わっているのは翼だけかと思われ
がちですが、実は後脚も変化して
いたんですね!(^^)

 

以上、今回はコウモリについて
書いてみました!
この標本は自分で作ったのですが、
体の構造を深く知ることができて、
すごく勉強になりました。
また機会があれば他の動物も
作ってみたいです(^^)

~動物紹介~
種名:エジプトルーセット
オオコウモリ(通称フルーツバット)
英名:Egyptian Rousette Bat /
Egyptian Fruit Bat
学名:Rousettus aegyptiacus
分布:アフリカ、アラビア半島等

By 庄田明日香