Category: 哺乳類

上野で生まれた赤ちゃんパンダの話題が
ニュースなどで報道される度に思う事がある
”  赤ちゃんパンダってそんなに珍しい? ”

確かに日本でパンダが見られる動物園は3件
東京の上野動物園と神戸の王子動物園
そして和歌山のアドベンチャーワールド
個体の保有数で言えば、上野動物園が

今回の赤ちゃんパンダを含め現在で3頭
神戸の王子動物園が1頭
アドベンチャーワールドが5頭の全国で9頭
しかも、和歌山アドベンチャーワールドは
今年の6月に国内繁殖した3頭を中国に返還
※海浜、陽浜、優浜の3頭を中国四川省へ
頭数を目減りさせても和歌山が保有数No.1
他の激レアな種類の生体などに比べると
まあまあな頭数がいる動物さんなのである。

前回は生後6日で死亡してしまい
5年ぶりに赤ちゃんが生まれたから話題!?

これに関してもアドベンチャーワールドは
1994年の飼育開始から2000年、2001年
2003年、2005年、2006年、2008年
2010年、2012年、2014年、2016年と
コンスタントに繁殖に成功されていますが
上野動物園のような扱い方はされておらず
出産日にニュースが報道されるぐらいで
生後何日で何g増えただの、何喰っただの
全くと言っていいほど報道されはしない。

この中国のパンダ外交システムによって
諸外国に貸出しされているパンダの中でも
アドベンチャーワールドでの繁殖実績は
中国本土を除けば世界一のはずなのに…
そんな偉業さえもクローズアップされない

上野で赤ちゃんパンダが生まれた事による
経済効果は267億円、来場者数200万人増
関東で見れるのが上野動物園だけだから?
もはや地域格差だけで片付けられる話では
ないケタの数字が並んでいる(笑

上野動物園、正式名称は恩賜上野動物園
1882年に博物館の付属施設として開園し
日本で最も古くから存在する動物園であり
日本の首都である東京に位置する動物園
1972年 日中国交正常化のシンボルとして
ランランとカンカンという2頭のパンダが
日本に贈られた際に選ばれた老舗動物園

日本が高度経済成長期に沸いていた時代
戦後日本の平和と繁栄の象徴として
” 日本に最初にやってきた上野のパンダ ”
日本国民の脳裏に刷り込まれたこの印象
社会現象にまでなったという事も頷ける
そう考えると上野動物園のパンダは別格
歴史的背景によるブランド力の差
宿命的に今も引き継いでいる印象の差は
繁殖実績や保有数といったものだけでは
到底埋まらないのかも知れないですね。

ちなみに、国内のジャイアントパンダは
全て中国からのレンタル扱いなのですが
日本の飼育下で子供ちゃんが生まれても
性成熟する4歳ぐらいまでには基本的に
中国に返還されるシステムになっている。

レンタル料(ペア)は年間で約8000万
10年契約となるので合計8億円程となる。
貸与名目としては繁殖の為の研究目的
「野生動物保護事業への支援」として
中国の成都大熊猫繁育研究基地保有で
中国野生動物保護協会に支払われる形だ

今回のように国内繁殖した赤ちゃんにも
このシステムのレンタル料金は適用され
年間で約7000万が請求される。
尚、自然死以外で死亡してしまった場合は
損害金として約4000万が発生するらしい。

個人的には” いらんわそんなもん!! ” だが
経済効果267億円と聞くと安く思える(笑

しかし…
この中国のパンダ有料レンタルビジネス
なかなかのボロイ商売だとは思いますが
既に2016年の段階でパンダの格付けが
世界自然保護基金(WWF)の発表により
絶滅危惧種から危急種に引き下げらた事で
研究目的を名目にレンタルし続けるには
少しばかり無理があるような気がします。

ま、
そんな事に動じる国ではないでしょうがね

会社のロゴにも使用しているアリクイ

モデルはミナミコアリクイのミクちゃん
まだまだ増やしたい動物種のひとつ。

■和名:ミナミコアリクイ
■学名:Tamandua tetradactyla
■英名:Southern Tamandua
Collared Anteater、Lesser Anteater
■分布:ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン

【 ミナミコアリクイ亜種 】
●Tamandua tetradactyla nigra
●Tamandua tetradactyla quichua
●Tamandua tetradactyla straminea

■和名:キタコアリクイ
■学名:Tamandua mexicana
■英名:Northern Tamandua
■分布:南米/南アメリカ北部
■体長:60~90cm程度

■和名:ヒメアリクイ(姫蟻食)
■学名:Cyclopes didactylus
■英名:Pygmy Anteater、Silky anteater
■分布:エクアドル、ガイアナ、コスタリカ
コロンビア、スリナム、トリニダード・トバゴ
ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ブラジル
フランス(仏領ギアナ)ベネズエラ、ベリーズ
ペルー北部、ボリビア、ホンジュラス
メキシコ南部
■体長:最大25cm程度(最小種)

【 ヒメコアリクイ亜種 】
●Cyclopes didactylus didactylus
●Cyclopes didactylus catellus
●Cyclopes didactylus dorsalis
●Cyclopes didactylus eva
●Cyclopes didactylus ida
●Cyclopes didactylus melini
●Cyclopes didactylus mexicanus

■和名:オオアリクイ(大蟻食)
■学名:Myrmecophaga tridactyla
■英名:Giant Anteater
■分布:アルゼンチン、エクアドル、ガイアナ
コロンビア、スリナム、ニカラグア、パナマ
パラグアイ、ペルー、ブラジル、仏領ギアナ
ベネズエラ、ボリビア、ホンジュラス
アルゼンチン(エントレ・リオス州、コルドバ州)
ウルグアイ、エルサルバドル、グアテマラ
ブラジル(エスピリトサント州
サンタカタリーナ州、リオグランデ・ド・スル州
リオデジャネイロ州)
■体長:最大120cm程度(最大種)

■和名:フクロアリクイ(袋蟻食)
■学名:Myrmecobius fasciatus
■英名:Numbat/Banded anteater
■分布:西オーストラリア州南西部固有種

フクロアリクイ科フクロアリクイ属の有袋類
通常のアリクイはアリクイ目に分類されますが
フクロアリクイはフクロネコ目に分類される為
アリクイと名前が付いていますが別種の動物
別名:ナンバット

【 フクロアリクイ亜種 】
Myrmecobius fasciatus rufus (絶滅種)

※時間が無い時は学術記載などに逃げるが勝ち!!

 

追記…タイトルのコアリクイVSコツメカワウソは

この2種への個人的な思い入れが

心情的に戦っているだけの表現です。

 

 

 

 

この季節ゆえにトナカイのお話
シカ科で唯一雌雄両方に角が生えており

雄(オス)の個体には春に角が生え
秋から冬にかけて角が落ちる
雌(メス)の個体には冬に角が生え
春から夏にかけて角が落ちる

ゆえに?
サンタさんのソリを引っ張ってるのは
時期的にはメスの個体達である可能性が
高いが、そんなのはどっちでも良い話。

まずはこの時期のイベントに使いたいと考え
必死にトナカイさんの空き状況を探し
悪戦苦闘しているイベンターの皆さんに一言

貸出が可能なトナカイを保有している施設は
全国にも僅か数件で数頭しか存在しません
色々な意味で貴重なトナカイさん達なのです。

■和名:トナカイ
■学名:Rangifer tarandus
■英名:Reindeer/Caribou
■分布:北極圏 亜寒帯
グリーンランド、ノルウェー
フィンランド、ロシア、アラスカ
カナダ、北アメリカ寒帯地方

※北アメリカ産の個体はカリブーとも呼ばれる。

■寿命:野生下では10年程度
飼育下では20年程度
■体長:雄個体/約180~220cm程度
雌個体/約160~200cm程度
■体重:雄個体/約160~180kg程度
雌個体/約100~140kg程度

※亜種によっては300kgを超える個体も存在。

■食性:植物性(木の根 球根 木の葉 茎など)

※野生下では小動物なども捕食

学名にある「Rangifer」は
「地面を打ち鳴らす」という意味があるが
トナカイは歩行時にカチカチという音を立てる
このカチカチという音は蹄の当たる音ではなく
膝の構造と腱によって生じているとされる。

群れをなして行動するトナカイ
群れの後に続く子供や仲間達を導くために
この膝の音は役立っていると言われている。

■トナカイの亜種について…

★ユーラシアに分布するもの

■学名:Rangifer tarandus tarandus
■英名:Mountain reindeer-caribou
■分布:ノルウェーの北極ツンドラ地帯

■学名:R. t. fennicus
■英名:Finnish forest reindeer
■分布:ロシア北西部 フィンランド森林地帯

■学名:R. t. platyrhynchus
■英名:Svalbard reindeer
■分布:ノルウェー スバールバル諸島

■学名:R. t. groenlandicus【 最小種 】
■英名:Barren-ground caribou
■分布:グリーンランド西部
カナダ ヌナブト準州 ノースウエスト準州など

★北米に分布するもの…

■学名:R. t. caribou【 最大種 】
■英名:Woodland caribou
■分布:カナダ南部 アメリカ合衆国北西部

■学名:R. t. granti
■英名:Porcupine caribou/Grant’s caribou
■分布:アラスカ カナダのユーコン州

■学名:R. t. pearyi
■英名:Peary caribou
■分布:カナダ ヌナブト準州
ノースウェスト準州の島

■学名:R. t. dawsoni
■英名:Queen Charlotte Islands caribou
■分布:カナダのクイーンシャーロット島
※本亜種は既に絶滅したとされている。

■学名:R. t. eogroenlandicus
■英名:Arctic reindeer
■分布:グリーンランド東部
※本亜種は既に絶滅したとされている。

この他にも多くの亜種が存在するが
北に分布する亜種よりも南に分布する亜種達の
ほうが身体の大きさは大型と言える。

トナカイの走る速さは時速60~80km程で駆け抜け
季節移動の際の移動距離は1日に約30~50km
年間で5000kmを超える移動をする。

最近よく歩く事が多くなりました!
思い返せば歩いてどこかへ向かう
というのは、ここ2、3年
無かったなぁ〜としみじみ
感じております^ ^

改めて歩くことの楽しさを
感じている今日この頃です!

さて、だんだんと寒くなって
来ていますが、そろそろ衣替え
の時期!

服を重ねて着ている人も
多いことでしょう^ ^

さてこの子たちも…って
け、毛がない…!!

名前はスキニーギニアピッグ
と言い、毛がないモルモット
なんです^ ^

もともといるモルモットを
品種改良をして作出
されたので
野生では生息していないん
だとか…

“手乗りブタ”といわれて
いるらしく、ペットとしても
人気があるんですよ〜^_^

いいですね〜手乗りブタ
でも、年中
毛と言う服を着れないので
温度管理には気をつけ
なければいけませんね!

皆さんも、是非
生でスキニーギニアピッグ
見てみてはいかがでしょうか^ ^

〜今日の生き物〜
スキニーギニアピッグ
学名:Cavia porcellus
英名:guinea pig

雨続きかと思ったらまたまた台風
来てますよね〜

本当に最近の天気は
荒れに荒れています(;o;)

是非みなさんも気をつけて
ください!!

さて今回はこの子

小さな顔に大きな目が
とてもキュートですよね!!

種類名はショウガラゴ
別名ブッシュベビー
と呼ばれており

猿らしくない猿
なんて言われたり
しています!!

確かに一般的な
お猿さんのイメージ
とはかけ離れていますよね〜

それにしてもこのパッチリ
とした目は、女性は
羨ましいかも?しれませんね^ ^

〜今日の生き物〜
ショウガラゴ
学名:Galago senegalensis
英名:Bush Baby
分布:アフリカ大陸中部

ここ最近、ずっと雨ですね〜

せっかくの秋なのに
これだけ雨が続くと
出掛けようにも
なかなか気分が乗らないですね〜

しかし、そんな事は言ってられません!!
遊びに、仕事に充実させたいものですね^ ^

会社の方では相変わらず
のんびり気分のナナちゃん!!

「雨なんだからのんびりしよ〜」
と言わんばかりのこの表情は
癒されます^ ^

こちらは先日、生まれたばかりの
チビデグー!!

カメラ目線頂きました^ – ^

天気が悪くてもなんのその
そんな、可愛い動物たちの
一コマでした〜!!

朝、昼、夜の寒暖差が
激しくなりましたね〜

でもやっぱり秋は過ごし
やすいですね^_^
ずっとこの気候がいいと思いますが
そういうわけにはいかないです!!

そして、季節の移り変わりと共に
一年はあっという間だなぁ〜と
しみじみ感じます(;_;)

体に気をつけ、1日1日を
大切にしたいですね!!

さて今回も可愛いシリ〜ズ〜^ ^

ふと足を止めた視線の先に
わたがし?!
と、思ったら違います
チンチラでした!
写真は前を向いてくれていますが
後ろ姿を見ると本当に
わたがしみたいに
まんまるモコモコなんですよ!

もう少し近くで見ると
少し遠慮がちな表情
いや、照れてるのかな?^ ^

まだまだ可愛い所
見せてくれそうで
楽しみです!!

では、今日はここまで〜

〜今日の生き物〜
チンチラ
学名:Chinchilla lanigera
英名: Long-tailed chinchilla
分布:南アメリカ、アンデス山脈の高地

いや〜台風また来ましたね(;_;)
季節の変わり目はやはり天候が
安定しないですよね…

台風が近づいてきたーと聞くと
学生の頃はとても喜んでいたものですが
働き始めると脅威でしかありません(゚ω゚)

何より、交通機関に影響が出るのは
辛いですよね!
来て欲しくない存在です…

そんな、荒れる天気をよそに
気持ちよさそうに寝ている子が
居ました!!

本当に気持ちよさそうに
寝ているのでホッコリ
しました^_^

よっぽど疲れて居たんでしょうね!
この子の寝ている姿には
いつも癒されます^ ^

皆さんも是非この写真を見て
癒されてくださいね〜

ではっ\(^-^)/

〜今日の生き物〜
プレーリードッグ
学名:Cynomys Rafinesque
英名:prairie dog
分布:北米の草原地帯

アフリカヤマネのベビー入荷

学名:Graphiurus murinus
英名:African Dormice
分布:南アフリカなど

齧歯目ヤマネ科アフリカヤマネ属


★ペットの買取・引取・下取について…
http://sf-japan.ocnk.net/page/1

最近皆さんはどのように
お過ごしでしょうか??
暑くなって来たので
夏バテを起こしてしまいがち
ですが、この季節だからこそ
出来ることも沢山ありますね^ ^

体を動かすのはキツくてしんどい
ですが良いですよね〜!
私の場合は日々筋トレに励んで
います!!

胸筋を中心に鍛えていますが
やはり思うようには筋肉は
ついてくれないもので(;_;)

いろいろ、試しますが中々
筋トレも奥が深いものです!!
しかし、毎日トレーニングをして
筋肉がつくとなんとも言えない
達成感が生まれます^_^

会社にも一生懸命トレーニングをする
子を見つけました!!

ミナミコアリクイのミクちゃんです!
見てくださいこのたくましい腕
凄いですよね〜憧れます(^^)

この後もしばらく見ていましたが
ロープを引っ張りトレーニング?を
していました^_^

なるほど〜こういうトレーニング方法も
あるんですね師匠!!
よーし今日から私もロープ引っ張るぞ!!