Author: fltzp4vhdb3wxju

インドネシアのジャングルで偶然撮影された
マカクザル「ナルト」の自撮り写真をめぐり
自撮り写真を撮影したカメラの所有者である
自然写真家とアメリカの動物愛護団体
動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)が
この自撮り写真の著作権を巡って争っていた
裁判はサンフランシスコの連邦裁判所による
「動物に著作権保護は適用とされない。
このサルに写真の著作権は認められない」と
判断、PETA側が上訴を断念したことで
2年にも及ぶ訴訟に決着がついた形となった。

 

※下の画像が「ナルト」の自撮り写真である。

WILDLIFE PERSONALITIES by David J Slater

 

この訴訟の発端は2011年
インドネシアのスラウェシでイギリス人の
自然写真家デイビッド・スレイター氏が
絶滅危惧種のクロザルを撮影していた際
放置されていたカメラに動物達が興味を持ち
このカメラを使ってサル達が遊び始めた事が
サルの自撮り写真という偶然を生んだ。

この奇跡的な一枚の写真が口コミで広まり
インターネットなどで拡散された事で
この写真の著作権を巡って論争が始まった。

著作権は自分にあると主張するスレイター氏
写真の使用料を払わないのは違法であり
経済的損失を被ってきたと主張し
ライセンスフリーの画像などを提供する
ウィキメディア・コモンズに対し
「ナルト」の写真を削除するように要求

しかし、削除要求されたウィキメディア側は
人間ではなく動物によって撮影された写真は
パブリックドメインに属すると主張し
スレイター氏の要求を拒否したのである。

この両者の争いに加え、2015年
動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)が
クロザルの「ナルト」に代わり
この写真の著作権所有を求める訴訟を起こし

著作権法は作品を作った者に対して著作権を
付与するものであり
そこに生物の種類の制限は無いはず。
著作権法はカメラを所有する人間ではなく
写真を撮った存在に権利を与えていると主張

これが「サルの自撮り」を巡って巻起こった
動物に財産権が認められるのかが争われた
前代未聞と言われた裁判の全容です。

個人的な意見としては、意外性のない結末
「やっぱりね…。」という結果でしたが
動物を「物」として扱うのか
動物にも権利を与えるのかという論争の中
世界中の注目を集め続けていたこの裁判は
野生動物たちの存在をアピールするうえでも
意味のあるものだったのではと思います。

又、原告が動物という珍しい裁判は1995年に
奄美のクロウサギやオオトラツグミ
アマミヤマシギ、ルリカケスを原告とした
「アマミノクロウサギ訴訟」というものが
土地開発で生存を脅かされた動物達に代わり
住民たちの方々が動物の生存権を主張して
開発の差止めを求める裁判というものが
日本でも過去に行われた事がありましたが

日本の場合は動物に訴訟を訴える資格はない
法律は人を対象としたものであり
法律で認められる権利が帰属するのは人だけ
という判断から訴えを却下したそうですが

住民たちは、天然記念物や絶滅危惧種などに
指定されている奄美の固有種たちを守れない
不甲斐なさから予想された結果と解りつつも
現行法では自然環境を保護することの困難さ
その限界を世間の人たちに知ってもらおうと
訴訟を提起されたのだそうです。

 

 

動物に対して虐待行為と思われる行為の強要
動物に対する配慮など微塵も感じない現場

動物愛護問題が問題視されている昨今でさえ
日本の撮影現場では普通に行われています。

勿論、撮影前の段階で内容的に拒否するもの
現場での無茶な要求や要望などに対し
その場で問題定義したり拒否する現場など
様々なケースやパターンが存在しますが
基本的には小道具扱いされている場合が多く
動物に対しても丁寧に扱って頂ける現場は
ほんの一握りと言っても過言ではありません

日本には動物取扱業という動物を扱う側への
規制や法律などは少なからずありますが
撮影に動物を使用する際のガイドラインが
テレビや映画の制作側には設けられておらず
最終的には動物を貸し出す側の判断のみ
この点に関しても曖昧な法解釈が先行し
動物愛護法という効力は現場に生かされず

制作側も低予算の中で最大限の努力はするが
低予算ゆえの扱いが動物へのシワ寄せを生み
低予算でも請け負わねば生計が成り立たない
動物業者との構図や専門業者すら使えずに
一般の飼育者から借りて撮影する制作側など
動物達の扱い方にまで配慮できる形態には
なっていないというのが実情だと思います。

映像制作の現場での動物の扱い方に対し
何の規制や順守義務も持たない日本の現場で
基準とされる海外のようなガイドラインが
導入されるのはいつの日なのだろうか?

 

 

「この映画を製作するにあたって
いかなる動物虐待も行っていない」

「この映画の制作にあたり
危害を受けた動物はいません」

アメリカの動物映画でエンドロールに流れ
表示されているこの一文・コメント内容は
公式に認められた動物福祉団体が策定した
動物の為のガイドラインを制作会社が採用し
動物の扱い方に対してこの団体からの助言や
撮影時の査察を受けている事を示している。

日本の作品に見られる“一応入れとくか”
程度の軽い認識のものではない。

このガイドラインは動物たちの安全は勿論
動物たちを使おうと考えるメディアの方々の
立場や権利をも守る為のガイドラインです。

私たちは“動物プロダクション”として
動物を扱うプロとして世界基準を推奨し
このガイドラインの普及に取り組んでいます

 

 

動物プロダクションと言えば
実際にリアルな生きもの達を使った
リアルな撮影がメインだと思われがちですが
実写以外にも映画やCM、PVの中で使われる
CGなどの素材作りや動物の鳴き声などの
音源や音響素材などを制作する為のご依頼や
本物の昆虫や動物などの生きもの達を使い
よりリアルな生きもの達の動きや挙動
表情やしぐさなどを作る為の素材作り
トレースの為のご依頼などにも対応します。

リアルな動物達の動きに驚かされるほどのCG

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日や

実写版ジャングル・ブックなどで見られる
実写と見間違うほどの映像美と世界観

国内でこれほどの作品が作られる可能性は
映像技術などの問題だけではないので
現実的には極めて低いと思われますが

いずれ動物愛護などの観点から考えても
動物を酷使するような撮影内容ではなく
動物はブルーバックのスタジオで撮影を行う
無理な動きや動物に負担のかかるシーンは
CGで対応するといった事が当たり前になる
そんな時代もありなんじゃないのかな?

と、思ってみたり 願ってみたり
そんな今日この頃。

モズという鳥は生け垣などの尖った小枝や
枝木の隙間、有刺鉄線のトゲなどを利用し
バッタやカエルなどの獲物達を串ざしにする
変わった習性がある事で知られています。

 

 

日本ではこれを鵙の早贄や百舌の早贄と書き
「モズのはやにえ」と呼んでいる。
生贄のように吊るされる亡骸の不気味さゆえ
江戸時代には「モズが鳴く夜は死人が出る」
と信じられ、凶鳥として扱われてきました。
又、ドイツではモズの事を「絞め殺す天使」
イギリスでは「屠殺人の鳥」などと呼ばれ
この習性のお陰でどの国でも散々なイメージ

そんな凶鳥イメージのモズですが、昔の人は
本能的に雪に隠れない高さに早贄があるとし
吊るされる位置が低ければその年の積雪量が
少ないと、カマキリの産みつける卵塊同様に
その年の積雪量を占っていたというのだから
モズを信用してるんだか信用してないんだか
なんとも微妙なお話なのである。

捕獲した獲物を尖った枝などに突き刺す…。
なんとも狂気じみた行為にも思えるが

この行動には諸説があり、何の為に行うのか
実際のところは解明されていないようですが
自分の縄張りを他の鳥に誇示する為の行為や
冬を越すための食糧管理の為の行為だとか
いずれも憶測の域を脱しないのが残念だが
捕食された形跡も無く吊るされた亡骸も多く
餌付けされた個体でもはやにえを行う事から
本能的な要素が強いと考えられている。

又、肉食傾向が強い鳥の為、猛禽類のように
上顎の形状は下方に曲がり嘴縁突起まである
のだが、肉食のタカやフクロウ達のように
獲物を掴むだけの脚や爪は発達していない為
脚で抑えた状態で獲物を引き裂く事が出来ず
モズなりに考えた生活の知恵なのであれば
動物って凄いよね!!

で片付く話だと自分は思うのだが(笑

 

 

■和名:モズ (百舌/百舌鳥/鵙)
■学名:Lanius bucephalus
■英名:Bull-headed shrike
■分布:日本 中国東部から南部
朝鮮半島 ロシア南東部
■環境:日本では全国の平地から森林
農耕地、河畔林などに生息して繁殖
■体長:全長約20cm程度
■食性:動物食(昆虫 甲殻類 爬虫類 哺乳類)
※あんまり良いイメージの少ない鳥ですが
なんと大阪府の府の鳥として認定されており
堺市の市の鳥さんにも指定されている。

 


尚、画像にある「はやにえ」らしき亡骸達は
大阪府の北部で昨日撮影されたものですが
串刺しにされた状態の亡骸数が非常に多く
低位置である事からモズの仕業ではなく
まだ命を理解していない小さな子供の仕業か
理解した上で行われている鬼畜行為なのか…

はっきりとした事は言い切れませんが
世知辛い世の中なんだとは思いたくないので
ま、モズの早贄であって欲しいと願いつつ
そのへんの事に関してはご了承下さいまし。

 

Just this side of heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge.

There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together.

There is plenty of food, water and sunshine, and our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor. Those who were hurt or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by.

The animals are happy and content, except for one small thing; they each miss someone very special to them, who had to be left behind.

They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.

His bright eyes are intent. His eager body quivers. Suddenly he begins to run from the group, flying over the green grass, his legs carrying him faster and faster.

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again.

The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more into the trusting eyes of your pet, so long gone from your life but never absent from your heart.

Then you cross Rainbow Bridge together.

See you over the Rainbow Bridge someday.

My beloved KEITH.

 

 

この季節ゆえにトナカイのお話
シカ科で唯一雌雄両方に角が生えており

雄(オス)の個体には春に角が生え
秋から冬にかけて角が落ちる
雌(メス)の個体には冬に角が生え
春から夏にかけて角が落ちる

ゆえに?
サンタさんのソリを引っ張ってるのは
時期的にはメスの個体達である可能性が
高いが、そんなのはどっちでも良い話。

まずはこの時期のイベントに使いたいと考え
必死にトナカイさんの空き状況を探し
悪戦苦闘しているイベンターの皆さんに一言

貸出が可能なトナカイを保有している施設は
全国にも僅か数件で数頭しか存在しません
色々な意味で貴重なトナカイさん達なのです。

■和名:トナカイ
■学名:Rangifer tarandus
■英名:Reindeer/Caribou
■分布:北極圏 亜寒帯
グリーンランド、ノルウェー
フィンランド、ロシア、アラスカ
カナダ、北アメリカ寒帯地方

※北アメリカ産の個体はカリブーとも呼ばれる。

■寿命:野生下では10年程度
飼育下では20年程度
■体長:雄個体/約180~220cm程度
雌個体/約160~200cm程度
■体重:雄個体/約160~180kg程度
雌個体/約100~140kg程度

※亜種によっては300kgを超える個体も存在。

■食性:植物性(木の根 球根 木の葉 茎など)

※野生下では小動物なども捕食

学名にある「Rangifer」は
「地面を打ち鳴らす」という意味があるが
トナカイは歩行時にカチカチという音を立てる
このカチカチという音は蹄の当たる音ではなく
膝の構造と腱によって生じているとされる。

群れをなして行動するトナカイ
群れの後に続く子供や仲間達を導くために
この膝の音は役立っていると言われている。

■トナカイの亜種について…

★ユーラシアに分布するもの

■学名:Rangifer tarandus tarandus
■英名:Mountain reindeer-caribou
■分布:ノルウェーの北極ツンドラ地帯

■学名:R. t. fennicus
■英名:Finnish forest reindeer
■分布:ロシア北西部 フィンランド森林地帯

■学名:R. t. platyrhynchus
■英名:Svalbard reindeer
■分布:ノルウェー スバールバル諸島

■学名:R. t. groenlandicus【 最小種 】
■英名:Barren-ground caribou
■分布:グリーンランド西部
カナダ ヌナブト準州 ノースウエスト準州など

★北米に分布するもの…

■学名:R. t. caribou【 最大種 】
■英名:Woodland caribou
■分布:カナダ南部 アメリカ合衆国北西部

■学名:R. t. granti
■英名:Porcupine caribou/Grant’s caribou
■分布:アラスカ カナダのユーコン州

■学名:R. t. pearyi
■英名:Peary caribou
■分布:カナダ ヌナブト準州
ノースウェスト準州の島

■学名:R. t. dawsoni
■英名:Queen Charlotte Islands caribou
■分布:カナダのクイーンシャーロット島
※本亜種は既に絶滅したとされている。

■学名:R. t. eogroenlandicus
■英名:Arctic reindeer
■分布:グリーンランド東部
※本亜種は既に絶滅したとされている。

この他にも多くの亜種が存在するが
北に分布する亜種よりも南に分布する亜種達の
ほうが身体の大きさは大型と言える。

トナカイの走る速さは時速60~80km程で駆け抜け
季節移動の際の移動距離は1日に約30~50km
年間で5000kmを超える移動をする。

そんな日は来なくて良い。

大半の方はそう思われると思いますが
映像の世界などでは意外と使われており
シチュエーションや舞台背景などに合わせ
走らせてみたり…飛ばしてみたり…

時には大量のゴキブリ達を使用するような
変わったご依頼もあったり

そんな状態を想像するだけで
気分を害される方も少なくないはずなので
施工方法などをあまり細かくは書きませんが
虫を操る事も我々のお仕事のひとつですので
どんな昆虫であれご用意させて頂いてます。

※撮影用のゴキブリは無菌タイプの養殖個体

そんなゴキブリ依頼(国産種限定)の中で
最も出番多いのがコイツ↓

【1位】

■和名:クロゴキブリ
■英名:smoky brown cockroach
■学名:P. fuliginosa
■原産:中国南部
■体長:30~40mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月中旬~10月上旬
■卵鞘内日数:30~60日
■卵鞘内卵数:約20個
■幼虫期間:約半年~1年
■成虫寿命:約半年(単為生殖)
■産卵数:年間約300個
■生態:温暖多湿な環境を好む

【2位】

■和名:ヤマトゴキブリ
■英名;Japanese cockroach
■学名:P. japonica
■原産:在来種
■体長:約20~25mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月初旬~9月中旬
■卵鞘内日数;35~50日
■卵鞘内卵数:16個
■幼虫期間:180~600日(幼虫休眠)
■成虫寿命:3ヶ月~半年(単為生殖)
■産卵数:年間約280個
■生態:温暖多湿、半屋外生息

【3位】

■和名:チャバネゴキブリ
■英名:German cockroach
■学名:Blattella germanica
■原産:アフリカ
■体長:約10~15mm
■最適活動温度:33℃
■発生回数:年数回
■活動時期:通年
■卵鞘内日数:20~35日
■卵鞘内卵数:約40個
■幼虫期間:30~90日
■成虫寿命:3ヶ月~半年
■産卵数:年間約200個
■生態:温暖乾燥、水場付近

【4位】

■和名:ワモンゴキブリ
■英名:American cockroach
■学名:Periplaneta americana
■原産:アフリカ
■体長:約30~45mm
■最適活動温度:30℃
■発生回数:年1回
■活動時期:4月中旬~10月上旬
■卵鞘内日数:29~58日
■卵鞘内卵数:約15個
■幼虫期間:約半年~1年
■成虫寿命:約半年~2年 (単為生殖)
■産卵数:年間約800個
■生態:温暖多湿な環境を好む

ま、何の順位やねん!!って感じですが

如何でしょうか
お気付きになられました?

残念なことにほとんどの種が単為生殖が可能
オスがいなくてもメスだけでも増える

これらの発生回数や活動周期を見ても
1年足らずで途方もない数に増えてしまう…

なので皆さんのご家庭では?コイツらに
くれぐれも出番がないようにご注意を~

 

 

生きもの達の「生と死」に向き合い
動物の命について考える事が飼育者であり
生きもの達の死と向き合うことで後悔し
愛情を注いだ分だけ悲しみや後悔を纏う。

悔まれる気持ちを様々な学びに変え
その死に疑問を感じ
気になることを調べ始める

何が足りなかったのかが気になり栄養学を
何かしてやれなかったのかで獣医学を
自身のスキルを疑い飼育書を読み返す…

次に生かす為、次に後悔しない為
生きもの達を無駄死にさせない為の勉強

その勉強を苦に感じるのか?
それを必要だと思わないのか?

命を預かる責任すら感じず
命の尊さすらにも気付けない
生きものの死に無頓着な者が増えている。

プロ意識や飼育スキル以前の問題

動物業界以外では通用するのか知らないが
生きものの命を預かる立場である以上
生きものの死に無頓着な者は
動物業界では不適合者でしかないはず。

不注意でモノを壊すのと
管理ミスで生きものを殺すのは意味が違う

失敗の原因を「意識の弱さ」にすり替え
なぜ失敗してしまったのか原因追究をせず
「意識が足りませんでした」と片付ける。

失敗の全てを意識の問題にしてしまうと
常に意識を集中し続けなくてはならず
結局意識が消耗し 同じ失敗を繰り返し
いずれ「自分はダメな人間なんだ」と諦め
何をするにも自信がなくなるという悪循環
負の連鎖が始まる。

何について書いたのか
どこに向けて書いたのか
ただの愚痴なのかも知れませんが

書いてる本人がわからなくなってきたので
今日はこのへんで(笑

…to be continued

 

■サソリの寿命について…

タランチュラでは大抵どの種もメスであれば
10年以上という寿命を持ち、成体からでも
比較的長生きする事が知られていますが
サソリに関しては幼体から育てた場合でも
2年~10年ほどの寿命である場合の種が多く
多くの種は成体で何年も生きられる事はなく
フルアダルトなどの成体で購入し数ヶ月後に
原因不明で死亡という場合の多くの要因には
この寿命の短さが原因のひとつと考えられる
一般的なダイオウサソリの場合で
成体になるまでに約3年、寿命で約10年
成体になってからは外見で年齢的なものを
判断する術は無い為、より大きい個体などを
選んでしまうと残された余命は短く
ワイルドの持ち腹個体のメスだった場合は
この時点で性成熟までの3年程度の期間と
約10ヶ月程度の妊娠期間がプラスされるので
確実に4年程は生きている事になるのである。

だが、より大きなカッコイイ個体が欲しい。
繁殖を狙えるような持ち腹個体を選びたいと
店頭などで選ぶ際に考える者も少なくはなく
その時点から?この寿命による問題に
知らぬ間に翻弄させられてしまうので注意

尚、サソリが短命だというお話ではなく
サソリの生涯寿命から考えると
国内に入荷する個体群は成体サイズが多く
本当の寿命が読めないよね。ってお話。
ま、サソリに限らずワイルド便で入荷する
多くの生き物に言える事ではありますが。

 


■和名:ダイオウサソリ
■学名:Pandinus imperator
■英名:Emperor scorpion
■分布:アフリカ大陸中西部

■サソリの発光(蛍光)現象について…

サソリにブラックライト(紫外線ライト)を
照射すると外骨格が青白く発光するが
サソリであればどの種も発光する訳でなく
一部には発光しない種も存在する。
サソリの発光現象については諸説があるが
何の目的のために光るのか本当のところは
未だ解明されていない。

産まれたてのベビーは外骨格の問題なのか
脱皮を繰り返さないと発光しない。
脱皮の回数を重ねる事で蛍光性が強くなる
ゆえに脱皮直後の外骨格が固まっていない
段階では発光せず、時間経過と共に発光し
何故か脱皮した脱皮殻も発光する。

サソリの外骨格にあるヒアリン層には
β・カルボリンという化学物質が含まれ
この化学物質が紫外線に当たって反応し
青白く発光しているという。

ちなみに?標本作成時、油抜き処理の為に
亡骸をアセトンに漬けていた際
翌朝にはアセトン全体が神々しく発光し
不思議な液体になっていました。
次にやる時は不思議な液体が何日光るか?
色々と実験してみたいと思います。

 

 

画像の個体群は西日本(近畿)産のヒキガエル
主に大阪南部にて採集した個体になります。

 

■和 名:ニホンヒキガエル
■学 名:Bufo japonicus japonicus
■英 名:Japanese toad
■別 名:ガマガエル(蟇/蟾蜍)
■原産地:日本
■採集地:大阪
■最大全長:17.5cm程度
■寿命:15程度(最長36年)

尚、日本には亜熱帯域原産の外来種とされる
小笠原諸島などに分布するオオヒキガエル
(Bufo marinus/Rhinella marina)を含め
本土種として代表的なニホンヒキガエル
(Bufo japonicus japonicus)
中部:山地渓流に生息するナガレヒキガエル
(Bufo torrenticola)
沖縄県宮古島固有のミヤコヒキガエル
(Bufo gargarizans miyakonis)

※ミヤコヒキガエルは大東諸島にも生息
アジアヒキガエル(Bufo gargarizans)の亜種

この4種類のヒキガエルがいますが
一般的に本州で見られるニホンヒキガエルは
2つの亜種に分けられており、北海道を除く
東日本ではアズマヒキガエルB.j.formosus
西日本ではニホンヒキガエルB.j.japonicus
となっている。

オオヒキガエル(B.marinus)に関しては
サトウキビの害虫駆除の目的で
台湾から南大東島に移入させた事により定着
分布域を広げながら帰化してしまった事で
生態系への影響が懸念されるという理由から
現在は特定外来生物に指定され
飼育、保管、運搬なども禁じられています。

 


★ヒキガエルの持つ「毒」について…

ヒキガエルの毒は耳(鼓膜)付近の「耳腺」と
呼ばれる器官から分泌されます。
乳白色の汗のような状態で滲み出てきますが
ブフォトキシンという神経毒の一種であり
皮膚に付着すると炎症を起こしたり
誤って口に入ってしまうと嘔吐や下痢
幻覚や心臓発作などの循環器系に障害が生じ
最悪の場合は死に至る猛毒ですが
人間がヒキガエルの毒を人間の致死量分を
経口摂取する可能性は極めて低く

本来は動きの鈍いヒキガエル達が
自分の身を守る為に身に付けた毒ですので
危険を感じた際などに分泌されるだけで
常に付着しているものではありませんので
ご安心ください。

尚、触れる際は手洗いを忘れずに。
ヒキガエル達が身に危険を感じるような
そんな飼い方だけはしないようにご注意を。

★ヒキガエルの病気「赤足病」について…

赤足病「レッドレッグ症候群」
(Red Leg Disease) 細菌性皮膚敗血症
赤足病の原因はエロモナス・ヒドロフィラ
(Aeromonas hydrophila)による感染が有名

※エロモナス属、シュードモナス属
フラボバクテリウム属などの細菌が感染

自然下の個体に見られる病気ではなく
飼育環境が不衛生な場合などに発症する為
飼育中の飼育トラブルのひとつとして
両生類の病気の中ではポピュラーと言える
疾患、具体的な症状や経過としては

手足や腿、腹部や喉元が赤くなり
皮膚の充血や血管の膨張などの兆候が現れ
悪化する事で潰瘍となり皮膚がただれ出血
患部が壊死する事で皮膚や肉がはがれたり
足裏から骨が剥き出しになるなどし
外傷的なダメージからなのか給餌量も減り
最悪の場合は死に至る病気である。

この病気に関しては、進行速度も早い為
早期発見と早期治療が絶対的に必要ですが
自社では感染した個体のみを群れから隔離
メチレンブルーを使った薬浴で細菌の増殖
を抑える手法で最悪の事態は大幅に軽減
採集直後の輸送搬送によるストレスなど
まだ発症していない個体群に対しても
少量のメチレンブルーを薄めて使う事で
細菌感染の広がりも感じられなくなり
多頭飼育でのリスクも軽減されています。

★ヒキガエルの魅力について…

あえて飼育方法や餌などについては触れず
ヒキガエルの毒や病気について書きました
一般的な飼育方法などに関しては
多くの愛好者の方々がおられますので
そちらのページなどをご参考にされ
ご自身の飼育環境を整えてあげて下さい。

上手に飼育してあげれば非常に長生きする
とても表情の感じられる生き物です。
飼育はそれほど難しくはありませんので
機会があれば是非!?挑戦してみて下さい。

 


http://sf-japan.ocnk.net/product-list/4