Tag: アニマルプランニング

昔々の大昔のある年の暮れのこと
神様が動物達にお触れを出したそうな…

「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。
1番早く来た者から12番目の者までは
それぞれ1年交代で順番に動物の大将に
してやろう」と言いました。

それを聞いた動物達は元日が来るのを
指折り数えて待っていました。
ところがネコは神様のところに行く日を
忘れてしまったのでネズミに聞きました。

するとネズミは「1月2日の朝」だと
嘘の日にちを教えたのでネコは元旦の日
参加する事は出来ませんでした。

歩くのが遅いウシは夜のうちに支度をし
まだ暗いうち皆よりも早く出発しました。
それを見ていたネズミは
ウシの背中にこっそりと飛び乗りました。

そんな事とは知らず
ウシが神様の御殿に近付いてみると
まだ誰も来ておらずウシは大喜び
ウシを迎え入れようと門が開いた瞬間

ウシの背中から飛び降りたネズミが
先に門を潜り1番になってしまいました。

ネズミに先を越されたウシが2番となり
そこからトラ、ウサギ、龍、ヘビ、馬
ヒツジ、サル、鳥、犬、イノシシ
の順で到着しました。

ネズミに嘘をつかれたネコは
大将の仲間に入れてもらえず
今でもその時の事を恨んで
ネズミを追い掛け回しているそうです。

この十二支のお話は日本版だけでなく
中国やモンゴル、ロシアなどにも存在し
それぞれの国で内容が異なりますが
ネズミがズル賢いという顛末だけは
共通しているというから不思議ですね。

とりあえず?

ネコは可哀そうな奴で
ネズミはズル賢い最低な奴という事で。

ちなみに…
動物プロダクションとして
十二支の動物を集めるのに苦労する点は
何だか解りますか?

龍…辰としてタツノオトシゴにするか
龍のまま龍魚と呼ばれるアジアアロワナか
意外にもそんなイメージ問題で苦労します
水槽展示なのはどちらも一緒なので
選ぶのはどちらでも良いとは思うのですが
個人的にはタツノオトシゴ=龍にはならず
龍と言えば龍魚=アジアアロワナ派
かなりの少数派かもしれませんがね(笑

http://sf-japan.ocnk.net/page/23

 

 

 

動物プロダクションとは簡単には動物貸出業
撮影内容などに応じて動物を調教する場合や
個体に応じ訓練などを行う必要もありますが
基本的には動物の習性や本能を利用し
それぞれの個体の特性などを生かせるように
現場や内容に沿った動物をキャスティング

勿論、保有していない種の動物や生き物
昆虫などの野生種のご依頼もありますので
野外採集などで段取りするような事もあれば
撮影に適した動きが可能なアニマルタレント
指定された種を保有されている業者や動物園
個人で活躍されているトレーナーさんなど
キャスティングの方法は生き物の数だけ様々

そんな動物プロとしての活動の中で
動物を使った番組やドラマ、映画やCM
MVなどの撮影時にも監修依頼が入るケース
施工と同時に対応するものもあれば
編集段階でのチェックのみの依頼まである。

海外の撮影チームが日本国内で撮影する事が
年々増えてきている事もあり
動物や昆虫などを使った撮影などに対しては
徹底したアテンダントを要求される。

各国によってレイティング審査の基準が違う
日本で問題視されていない事が問題視され
キャスティングする動物の数を増やしたり
動物用に保障される内容部分が圧倒的に違う

レイティング審査…
日本にも映倫という審査機関が存在するが
性的描写や暴力描写などは規制対象とするが
動物の扱いに対しては映画倫理綱領にある
宗教と社会の項目の中で

(1)信教の自由を尊重し ゆえなくこれを軽侮
中傷し憎悪を掻き立てる様な表現は避ける。

(2)人権の著しい侵害にあたらない限り
其々の国や地域の文化的多様性を尊重する。

(3)著しく反倫理的な行為を容認するような
表現ならびに善良な風俗
習慣を乱し否定するような表現は避ける。

(4)動物の生命および自然環境を

尊重することの重要さに配慮する。

日本のレイティング審査の基準とされやすい
映倫でさえ動物の事に関しての記述は
この項目にある最後の一行のみなのである。

他国ではあまり問題にならないような事柄に
神経質過ぎるのも無理はないと思いますけど
毎回基準差に悩まされるのも吝かではないし
諸外国の方々と一緒に仕事が出来る醍醐味は
現場の面白さを充分に感じさせてくれます。

如何でしたか?
動物プロダクションの業として
次回は様々なペットビジネスのプロデュース
コンサルティングなどのお仕事内容について
また時間があれば書いてみたいと思います。

 

 

 

最近お昼などは少しだけ
暖かくなって来ましたね!?
徐々に季節というのは変わりますが
その変わり目に体調の方も
崩れやすくなりますよね∑(゚Д゚)
気をつけていきましょう!!

違う話になりますが…
最近、別の仕事現場に行く時に
電車を利用するのですが
いつもその駅までは原付
で行き、いつもの駐車スペースに
止めるのですが
帰りに原付に乗ろうとすると
いつも、野良猫さんが
お休みになっています^_^;

可愛くてできれば原付を置いておきたい
のですが、そうはいかないので
起こします!
本当に毎回なので、相当
寝心地がいいんでしょうね^ ^
起こした後、テクテク歩いて行く
後ろ姿がどこか切ないんです…
野良猫さん許しておくれ!

さて、雑談はこの辺にして
今回はコモンマーモセットの
カナちゃんのご登場〜!!

すっぽりとお部屋に入って
顔だけを出してる姿
最高に可愛いですね^ – ^

コモンマーモセットは見ての通り
小型のお猿さんで、大人になっても
体長は20〜30センチ程です!!
ペットとしても人気があり
表情も豊かで、気に入られると
固い絆で結ばれることも!!

しかし、やはり動物!!
そう一筋縄ではいかないのも
事実です。
特に、猿は知能が高く
成長するにつれ自分の意思が
強くなり人間の言うことを
きかせるのが難しくなる
と言います!!
頭がいいからこそ楽しく
魅力があり、頭がいいからこそ
とても難しいのです!!

なのでもし、猿を飼いたい!!
と思っている方は心構えと
しっかりとした環境で
飼ってあげて下さいね^ ^

あっ!! カメラに気づいた!!
なんだろ〜?と言わんばかりの表情…

撮らないで〜!!
恥ずかしがり屋のカナちゃん
潜ってしまいました^_^;

カナちゃんは女の子という事で
入荷したのですか
成長と共に男の子である事が判明

実はもう2匹
男の子ばかり3匹も居るんですよ^ ^
また他の男の子達の方も
紹介したいと思います!!
では、今日はここまで^ – ^

〜今日の生き物〜
コモンマーモセット
学名:Callithrix jacchus
英名:Common Marmoset
分布:ブラジル東部

こんにちは、庄田です!
早いものでもう11月になりました。
気温もどんどん下がってきていて、
もうすっかり冬に突入しましたね!

2016年も残り二ヶ月を切り、街中でも
カレンダーやスケジュール帳など
新年を迎える準備があちこちで
見られるようになりました(^^)

来年2017年の干支は酉年!という事で…

 

15046432_339825703042662_188248234_n

 

昨年に引き続き、当社のフクロウ達が
カレンダーになっております!

私もサンプルを頂いたので、
お家に帰って早速開封しました(笑)

 

15046307_339825709709328_946092741_n

 

個人的な感想としては、今年の
カレンダーも素敵でしたが、
来年のデザインは色合いもポップで
全体的にすごく可愛いです!(^o^)♡

 

15049867_339825716375994_1387372393_n

 

空いている日がフクロウマークに
なっているのも可愛いですね♪

更に個人的に嬉しいのは10月!
サバクコノハのとっとりの写真が
採用されています!
体の小さな種類という特徴を
使ったデザインになっていたのが
すごく嬉しかったですね♪

フクロウや鳥がお好きな方、
どのカレンダーにしようか悩んでいる方、
来年度のカレンダーはぜひフクロウに
してみてはいかがでしょうか?(^^)

書店やネットでも販売しております☆

https://www.amazon.co.jp/dp/4635852458/ref=cm_sw_r_fa_dp_t2_03bjyb2YV1C9F

By 庄田明日香

こんにちは、庄田です!
今日の一枚は、メンフクロウのプラム!

メンフクロウというと白色のイメージが
強いですが、実は黒い羽色のタイプも
存在するんですよ(^^)

メンフクロウは分布が広い為、亜種の数
がとても多いと言われています。
この黒い羽色のタイプは通称ブラック
タイプと呼ばれており、一般的な白い
羽色(ホワイトタイプ) よりやや小振りで
顔盤が焦茶、全体的に濃い灰色をして
いるのが特徴的ですね。

その名の通り仮面をつけているかの
ような見た目で、メンフクロウは怖い
というイメージを持たれている方も
居るのではないかと思いますが、
プラムはメンフクロウの中でも
愛嬌のある可愛らしい顔立ちをして
いると思います(^^♪

まだ完全に据えられる事に慣れて
いないのですが、プラムなら
きっと人気者になれるはず!
プラムの今後の活躍に期待ですね♪

〜動物紹介〜
*プラム
種名:メンフクロウ(ブラックタイプ)
英名:Common Barn Owl
学名:Tyto alba
分布:ヨーロッパ西部、南北アメリカ、
南アフリカ、西アジア、東南アジア、
オーストラリアなどの広い地域

By 庄田明日香

こんにちは、庄田です!

今回はアズきなのお魚タイムの様子を紹介
します。

お魚の時間ですよ~と合図をすると、
「待ってました!」とそれぞれの椅子に
スタンバイするアズきな

4-3

きなこはピンク、アズキは青の椅子に
飛び乗って上手におねだりします。

4-1

特にきなこはおねだりが上手で食べる時も
お上品♪さすがは女の子ですね!

4-2

アズキ君はわざわざ振り返ってドヤ顔しなが
ら食べます(笑)

二匹がおいしそうにお魚を頬張っている姿を
眺めていると見ているこちらまで嬉しくなっ
てきますね(^^)

以上、庄田でした!

~動物紹介~
*アズキ(♂)、きなこ(♀)
種名:コツメカワウソ
英名:Small Clawed otter
学名:Aonyx cineleus
分類:ネコ目イタチ科ツメナシカワウソ属
分布:インド、インドネシア、カンボジア、
中国(南部)、ネパール、バングラデシュ、
フィリピン、ブータン、ベトナム、
マレーシア、ミャンマー、ラオスなど

By 庄田明日香

こんにちは、庄田です!

今日は2匹のコツメカワウソを紹介します♪

unnamed

unnamed (4)

unnamed (2)

体が小さくてちゃんと育つか心配でしたが、
2匹をお迎えして無事にここまで大きく
なりました!

unnamed (5)

名前はアズキ(画面右、男の子)、
きなこ(画面左、女の子)です!

好奇心旺盛で何でも触ってみようといろんな
所に手を伸ばしまくっています。
時には服の隙間から手を入れてくることも
しばしば(お尻を触られたりします(笑))
手を上手に使える動物って面白い!

元気に育ってくれてなによりですが、2匹
とも元気すぎてスタッフの方が少々押され
気味です(^^;

unnamed (6)
松本さんに猛アタックするアズキ(笑)

unnamed (8)
カメラに突進してくるきなちゃん

unnamed (9)
水遊びしてズブ濡れに…(笑)

やっぱり水が大好きなんですね!現在泳ぐ
練習もしているんですよ(^^)

コツメカワウソのアズキときなこ、まるで
本当の兄妹のように仲良しです♪
二匹の今後の成長を暖かく見守って頂けると
幸いです。

以上、庄田でした!

~動物紹介~
種名:コツメカワウソ 英名:Small Clawed otter
学名:Aonyx cineleus
分類:ネコ目イタチ科ツメナシカワウソ属
分布:インド、インドネシア、カンボジア、
中国(南部)、ネパール、バングラデシュ、
フィリピン、ブータン、ベトナム、
マレーシア、ミャンマー、ラオスなど

By 庄田明日香

初めまして、庄田明日香です!
この度ブログに参加することになりました!
記念すべき初投稿ということで、少し自己
紹介をさせて頂きます♪

私は小さな頃から生き物に興味津々で、
河川敷で虫を捕ったり、釣りに行ったり、
動物園や水族館を訪れたりするのが大好きな
子供時代を過ごし、中学生の頃には既に動物
に関わる仕事に憧れていていました。

現在は大学でバイオサイエンスを専攻して
いて栄養学や生理学などを学んできましたが
やはりもっと直接的に動物と関わりたい!と
いう気持ちが大きくなっている所でこの
「動物プロダクション」という仕事と知り
ました。こういう仕事があるんだと知った
私は迷わず連絡を取り、研修させてもらう
ことになりました。これが当社と出会った
きっかけです。
私にとって身近なものから初めて触れ合った
動物まで多種多様な生き物を飼育しており、
自分が憧れていた世界に触れる喜びと同時に
経験値の無さから動物たちとの距離感が
はかれず苦悩することも多く、無我夢中の
毎日を過ごしていました。あっという間に
研修期間が過ぎてしまい、どうしてもここで
働きたいと思った私は無理をお願いして大学
生活と両立しながら学ばせて頂くことになり
真の動物のプロになれるように日々精進中
です。

そんな中、私は猛禽類の扱いを課題として
与えて頂きました。

taimi2

猛禽類とはフクロウやハリスホークなどの
鳥類の総称で、共通の特徴として他の動物を
捕食する習性を持ち、鋭い爪や鉤型に
曲がった嘴を持っています。
これまで全く猛禽との接点はなかったの
ですが、研修時に先輩達が猛禽を扱っている
のを見ていて憧れていたこともあり、自分も
扱えるようになりたいと必死で訓練を積んで
きました。鷹匠さんほどの実力にはまだまだ
ほど遠いですが、目標はそこを目指して修行
に臨んでいます。

これからブログを書くにあたって、まだまだ
修行中の身のため未熟な所をお見せすること
もあるとは思いますが温かい目で読んで
いただけると幸いです。勿論動物達の魅力的
な写真も載せていきたいと考えています(^-^)
頑張って更新していくのでよろしくお願い
致します!

読んで頂き有難うございます!
以上、庄田でした♪

by 庄田明日香