Tag: 販売

映画やドラマなど
撮影用に使われる蝶や様々な昆虫の養殖
採集代行なども動物プロダクション内の
昆虫プロダクション事業部として活動し
これまでにも多くの作品やイベント
様々な現場に携わってきております。

手の平で羽ばたく蝶や
花畑に群がる蝶の演出など
様々なロケーションに合わせて操ります。

アゲハチョウとは昆虫綱鱗翅目
アゲハチョウ科の総称
(アゲハ蝶、揚羽蝶、鳳蝶)
チョウ目・アゲハチョウ上科内の分類単位
または同科に属するナミアゲハの別名。

アゲハチョウ科の蝶は全世界に約600種
アゲハチョウ科は、3つの亜科に分類され
更に幾つかの「族」に分けられています。

ナミアゲハ(Papilio xuthus)は
日本におけるその代表種と言える蝶
“ swallow-tail ”
※イギリスでswallow-tailといえば
キアゲハの事を意味する。

国内でアゲハチョウと言えばアゲハチョウ亜科
(Papilioninae)の種を指すことが多いが
アゲハチョウ科にはギフチョウや
ウスバシロチョウなどの蝶の種類も含まれる。

モンシロチョウ(紋白蝶)
学名:Pieris rapae
チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科
シロチョウ科に分類されるチョウの一種。

オス個体は前翅の黒い部分が小さく
全体に黄色みが強く
メス個体は前翅の黒い部分が多く
前翅のつけ根部分が灰色をしている。

翅に紫外線を当てる事でメスの翅は白く
オスの翅は黒く見えるため
オスメスの区別は比較的容易な種である。

蝶は完全変態(かんぜんへんたい)をする
昆虫の仲間であり、完全変態とは
卵から幼虫、幼虫から蛹、蛹から成虫へ
その成長段階と共にカラダの仕組みや
その姿形を変えて成長していく事を言います。

 

撮影に使う昆虫の事なら
昆虫プロ・サイエンスファクトリーにお任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

オーストラリア便入荷
不動の人気を誇るゴキブリ
“ヨロイモグラゴキブリ”

この時期は現地での
採集シーズンも終わる事から
最終便をギリギリまで調整

GWから夏休みイベントまで
各地で行われる展示イベントや
企画展用などの展示生体として
明日より全国へ出荷の予定

※ヨロイモグラゴキブリは
年間を通して採集は可能だが
日本側の外気温が高すぎる為
到着時のロスが非常に多いので
夏場に輸入する事はしない。

自社ショッピングカートはこちら
http://sf-japan.ocnk.net

ヨロイなどのゴキブリ達はココ↓

http://sf-japan.ocnk.net/product-list/17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの動物たちを抱える中
飼育環境の改善や繁殖に対する意識は
常に試行錯誤の繰り返しとなりますが

それぞれの動物たちの健康管理や維持に
重要な役割を担ってくれているのが
栄養補助サプリメントなどの存在です。

そんな栄養補助サプリメントの中で
自社が多用させてもらっている

鳥類・小鳥用サプリメント
“ LoveWing-PROシリーズ ”について
少しご紹介させて頂こうと思います。

これまで鳥類のサプリメントは
ネクトンSやネクトンBIOなど
海外からの商品を流用する事が多く
それなりの実績を感じていましたが

LoveWing-PROシリーズは
国産メーカーが開発した安全な国産品
用量や用途も明確になっているので
非常に安心して鳥たちにも与えやすく
効果も如実に感じられたので
今現在はフル活用させて頂いている。

 

LoveWing-PRO 小鳥用サプリメント

 

★バイタルサインD
健康維持サポート!!

【 Vital signs Daily 】

14種類のビタミン、18種類のアミノ酸
6種類の微量元素をバランス配合する
ことで大切な鳥たちの
毎日の健康をサポート!!

 

★バイタルサインF
発情促進&羽毛活性!!

【 Vital signs Feather 】

羽毛活性と
ゆるやかな発情促進をサポート!!
ビタミン、アミノ酸、微量元素配合。
ケラチン加水分解物と
L-シスチンの効果で
換羽期の羽毛活性と繁殖期までの
ゆるやかな発情を促します。

 

★バイタルサインE
発情促進&繁殖力増強!!

【 Vital signs VitaminE 】

発情促進と繁殖力増強をサポート!!
ビタミンE1000g中66650mg配合。
卵の受精率の向上や産卵数の増加など
繁殖機能を正常に保つ効果が期待!
血行促進作用や
細胞を錆付かせるとされる
活性酸素を除去する
抗酸化作用の働きがあり
鳥たちの老化予防などにも効果が期待!

 

★バードミラカル
乳酸菌&腸内細菌活性!!

【 Bird Mira-Cal 】

鳥たちのより強い骨格と
卵殻形成をサポート!!
吸収効率の高い乳酸カルシウムと
リン酸カルシウム
マグネシウム、ビタミンD3
ビタミンK3を
バランスよく配合する事で
カルシウムの吸収力UPが期待!!

 

★バイタルサインA
総合栄養補助No.1サプリ!!

【 Vital signs A 】

ビタミン必須アミノ酸、微量元素
乳酸菌を配合した鳥たちにベストな
オールインワン商品です!!

 

★バードシンビオ
乳酸菌&オリゴ糖!シンバイオ!!

【 Bird Synbio 】

生きたまま腸内に届く乳酸菌と酪酸菌
すぐに栄養源となる
オリゴ糖をバランス配合。
腸内活性による善玉菌増加が
期待!話題のシンバイオティクス!!

 

★シーベジタブル
天然由来海藻100%使用!!

【 Sea Vegetable 】

天然由来海藻100%使用!
17種のアミノ酸、50種類のミネラル
微量要素を含有。
フコイダン、ラミナリンなどによる
抗病効果の期待!!

 


LoveWing-PRO 小鳥用サプリメントは
こちらのページでも販売しております。
http://sf-japan.ocnk.net/product-list/43

 

 

 

「 BIRDS OF PREY 」
猛禽飼育をもっと楽しく
もっとカッコ良く。

そんなコンセプトから生まれた
ひとつのシリーズブランド
“バード・オブ・プレイ”

 

 

それぞれの飼育者たちの
ライフスタイルに合わせた
新しい形の猛禽ライフを
常に創造するブランド

あなただけの“ オリジナル ”

画像の商品は天然木を使った
ハンドメイド商品となります。

 

#天然木 #架(ホコ) #ボウパーチ
#ファルコンブロック #丸太
#販売 #飼育 #繋留 #道具

近日発売開始

 

商品ロゴに含まれている
メッセージコメントの意味は…

Don’t touch me unless you’re tender-hearted.

「優しい心を持っていないなら
私に触らないで。」
「あなたが優しくなければ
私に触れないでください。」

という意味のコメントです。

オリジナルカラー対応
店舗/ショップ様など
オリジナルカラーにも対応

画像商品のオプション品として
猛禽用爪研ぎストーンパーチなども
販売を開始致しますのでお楽しみに!!

 

 

国産畳を使用した和風ver.も出るよ~

 

近い将来に食糧危機が訪れた際
昆虫食が食糧難を救うとして国連さんも推奨
食糧問題を解決する将来有望なタンパク源
日本でも「昆虫」が注目されているという話

“ まだ来ないの?いつ来るの? ”

撮影用の昆虫の養殖事業に力を入れている為
食用の為の昆虫農家に転身する日が来るかも
そんな能天気な発想からも昆虫食ブームから
目が離せないのである…たぶん。

勿論、食料危機などの近い将来は望まないが
日本では昆虫食に対しての抵抗感は半端なく
ゲテモノ喰いのイメージは払拭されぬまま
虫を食べる事がパフォーマンスとされたり
罰ゲーム的な要素として使用するメディアも
圧倒的にゲテモノ喰いなイメージで伝える。

 

 

見た目からくる抵抗感を払拭しようとする
海外のような取り組みは未だ見られないまま
姿煮や丸焼きの状態でゲテモノ感を煽ってる
この風潮のお陰で?撮影関係のお仕事が増え
ホクホク状態な立場の私が言う事ではないが
そろそろ違う食べ方も定着させたいところ。

海外では虫を使ったスナック菓子なども販売
原材料として使用しやすい用に粉末加工した
加工済みの昆虫食材などが流通しています。

ま、食糧危機が来ずに
ゲテモノ喰いなノリが末長く続いてくれれば
自社としては一番有難い事なのですがね。

★昆虫食を試してみたい方への注意点…

「虫は生で喰うな!!」

野生の昆虫=野生動物の生肉を喰うのと同じ
刺身感覚や新鮮さはウリにならないので注意
天然採集された昆虫には食中毒を起こす細菌
人にも寄生するタイプの寄生虫を持っている
可能性もあるので必ず加熱して食べるべし。

焼くも良し、茹でるも良し、煮るも良し
揚げたり蒸したり炒めちゃっても良い。
生はダメ、絶対。

「昆虫食アレルギーかも!?」

昆虫の身体を構成する成分にはエビやカニと
同じ殻の成分「キチン質」が含まれています。
なので甲殻類アレルギー持っている方などは
特に注意が必要です。
昆虫食も他の食品同様にアレルギー症状などを
引き起こす可能性を持っている事を認識し
先ずは少量から食べてみるべし。

「毒ある虫でも大丈夫!?」

食用として流通しているタイプのサソリや
タランチュラは高温で長時間の加熱をする事で
毒性は無くなるそうなので食べてみるべし。
※全ての種に当てはまる訳ではありません。

ちなみに、ツチハンミョウやマメハンミョウは
体液に「カンタリジン/cantharidin」という
猛毒を持っており体液に触るだけでも危険です
食べてしまった場合のカンタリジンの症状は
嘔吐や腹痛、下痢等を発症しますが、致死量が
極めて少量に為に最悪の事態も起こりますので
絶対に食べるな!
※カンタリジンはカミキリモドキ類にもある。

「虫だからと何でも喰うな!!」

腐肉をエサとしているゴミムシやシデムシ
家庭内で見かける雑食性の高いゴキブリなどの
感染性の細菌を保有している可能性の高い虫や
毒性の高い植物を食べて育ち体内に毒素を蓄積
しているような昆虫などもいますので注意。

昆虫食ブームのパイオニアになりたいなら
昆虫マニアになって虫を選んでから喰うべし!!

※無菌タイプの養殖ゴキブリが必要な場合は
国産種外産種問わず 当社までご連絡下さい。

画像の個体群は西日本(近畿)産のヒキガエル
主に大阪南部にて採集した個体になります。

 

■和 名:ニホンヒキガエル
■学 名:Bufo japonicus japonicus
■英 名:Japanese toad
■別 名:ガマガエル(蟇/蟾蜍)
■原産地:日本
■採集地:大阪
■最大全長:17.5cm程度
■寿命:15程度(最長36年)

尚、日本には亜熱帯域原産の外来種とされる
小笠原諸島などに分布するオオヒキガエル
(Bufo marinus/Rhinella marina)を含め
本土種として代表的なニホンヒキガエル
(Bufo japonicus japonicus)
中部:山地渓流に生息するナガレヒキガエル
(Bufo torrenticola)
沖縄県宮古島固有のミヤコヒキガエル
(Bufo gargarizans miyakonis)

※ミヤコヒキガエルは大東諸島にも生息
アジアヒキガエル(Bufo gargarizans)の亜種

この4種類のヒキガエルがいますが
一般的に本州で見られるニホンヒキガエルは
2つの亜種に分けられており、北海道を除く
東日本ではアズマヒキガエルB.j.formosus
西日本ではニホンヒキガエルB.j.japonicus
となっている。

オオヒキガエル(B.marinus)に関しては
サトウキビの害虫駆除の目的で
台湾から南大東島に移入させた事により定着
分布域を広げながら帰化してしまった事で
生態系への影響が懸念されるという理由から
現在は特定外来生物に指定され
飼育、保管、運搬なども禁じられています。

 


★ヒキガエルの持つ「毒」について…

ヒキガエルの毒は耳(鼓膜)付近の「耳腺」と
呼ばれる器官から分泌されます。
乳白色の汗のような状態で滲み出てきますが
ブフォトキシンという神経毒の一種であり
皮膚に付着すると炎症を起こしたり
誤って口に入ってしまうと嘔吐や下痢
幻覚や心臓発作などの循環器系に障害が生じ
最悪の場合は死に至る猛毒ですが
人間がヒキガエルの毒を人間の致死量分を
経口摂取する可能性は極めて低く

本来は動きの鈍いヒキガエル達が
自分の身を守る為に身に付けた毒ですので
危険を感じた際などに分泌されるだけで
常に付着しているものではありませんので
ご安心ください。

尚、触れる際は手洗いを忘れずに。
ヒキガエル達が身に危険を感じるような
そんな飼い方だけはしないようにご注意を。

★ヒキガエルの病気「赤足病」について…

赤足病「レッドレッグ症候群」
(Red Leg Disease) 細菌性皮膚敗血症
赤足病の原因はエロモナス・ヒドロフィラ
(Aeromonas hydrophila)による感染が有名

※エロモナス属、シュードモナス属
フラボバクテリウム属などの細菌が感染

自然下の個体に見られる病気ではなく
飼育環境が不衛生な場合などに発症する為
飼育中の飼育トラブルのひとつとして
両生類の病気の中ではポピュラーと言える
疾患、具体的な症状や経過としては

手足や腿、腹部や喉元が赤くなり
皮膚の充血や血管の膨張などの兆候が現れ
悪化する事で潰瘍となり皮膚がただれ出血
患部が壊死する事で皮膚や肉がはがれたり
足裏から骨が剥き出しになるなどし
外傷的なダメージからなのか給餌量も減り
最悪の場合は死に至る病気である。

この病気に関しては、進行速度も早い為
早期発見と早期治療が絶対的に必要ですが
自社では感染した個体のみを群れから隔離
メチレンブルーを使った薬浴で細菌の増殖
を抑える手法で最悪の事態は大幅に軽減
採集直後の輸送搬送によるストレスなど
まだ発症していない個体群に対しても
少量のメチレンブルーを薄めて使う事で
細菌感染の広がりも感じられなくなり
多頭飼育でのリスクも軽減されています。

★ヒキガエルの魅力について…

あえて飼育方法や餌などについては触れず
ヒキガエルの毒や病気について書きました
一般的な飼育方法などに関しては
多くの愛好者の方々がおられますので
そちらのページなどをご参考にされ
ご自身の飼育環境を整えてあげて下さい。

上手に飼育してあげれば非常に長生きする
とても表情の感じられる生き物です。
飼育はそれほど難しくはありませんので
機会があれば是非!?挑戦してみて下さい。

 


http://sf-japan.ocnk.net/product-list/4

11月3日から5日の3日間
インテックス大阪にて
毎年恒例のPet博が
開催されました^ ^

会場内は終始お客様で
賑わっており、大変
素晴らしくそして
楽しい3日間でした^ ^

自社の方では生体販売や
展示そしてザリガニ釣り
のイベントをさせて頂きました!

ハリネズミを初めとする
小動物、爬虫類、両生類は勿論
猛禽類達もイベントを
盛り上げてくれました^_^

また、ザリガニ釣りは
特に子供たちに人気がありました!!
大人の方は「昔、よくやったよ〜」
と懐かしんでくれておりました!

皆さんの笑顔に触れさせて
頂き、たくさんパワーを
貰いました^_^

長いようであっという間だった
3日間でしたが、本当に
勉強になりました!!

ありがとうPet博
そして何より
動物達に改めて感謝しております!

それでは今日はここまでっ♪( ´θ`)ノ

アフリカヤマネのベビー入荷

学名:Graphiurus murinus
英名:African Dormice
分布:南アフリカなど

齧歯目ヤマネ科アフリカヤマネ属


★ペットの買取・引取・下取について…
http://sf-japan.ocnk.net/page/1

突然ですが皆さんは空を自由に
飛べる哺乳類といえば何が
思い浮かびますか?
モモンガ?それともムササビなど
でしょうか??
しかし、モモンガ等は皮膜を
使って風に乗って滑空して
いるので動力飛行はできません。
正解は…?

そう!コウモリです!!
コウモリは現在確認されている
中で、唯一自由に空を飛べる
哺乳類なんですよ(^o^)
次の写真はコウモリの骨格標本
なのですが、翼は5本の指から
構成されていることがわかります。

 

こうして見てみると、ヒトと
よく似た骨格をしていますよね。
実は、コウモリの祖先は5本指の
食虫目(トガリネズミ等)であると
考えられており、私達ヒトと
共通祖先を持っているそうですよ!
もしかしたら私達も飛べるように
進化したかもしれないと思うと
すごく面白いですよね(^^)

他にもコウモリの骨格で面白いと
思ったのは後脚!!
股関節が私達とは逆についていて、
膝が後ろに曲がります。

ヒトのように歩行するわけでは
ないので、前に曲げる必要が
ないですし、飛行の際の空気抵抗
を軽減させる為の進化だと
考えられています。
変わっているのは翼だけかと思われ
がちですが、実は後脚も変化して
いたんですね!(^^)

 

以上、今回はコウモリについて
書いてみました!
この標本は自分で作ったのですが、
体の構造を深く知ることができて、
すごく勉強になりました。
また機会があれば他の動物も
作ってみたいです(^^)

~動物紹介~
種名:エジプトルーセット
オオコウモリ(通称フルーツバット)
英名:Egyptian Rousette Bat /
Egyptian Fruit Bat
学名:Rousettus aegyptiacus
分布:アフリカ、アラビア半島等

最近お昼などは少しだけ
暖かくなって来ましたね!?
徐々に季節というのは変わりますが
その変わり目に体調の方も
崩れやすくなりますよね∑(゚Д゚)
気をつけていきましょう!!

違う話になりますが…
最近、別の仕事現場に行く時に
電車を利用するのですが
いつもその駅までは原付
で行き、いつもの駐車スペースに
止めるのですが
帰りに原付に乗ろうとすると
いつも、野良猫さんが
お休みになっています^_^;

可愛くてできれば原付を置いておきたい
のですが、そうはいかないので
起こします!
本当に毎回なので、相当
寝心地がいいんでしょうね^ ^
起こした後、テクテク歩いて行く
後ろ姿がどこか切ないんです…
野良猫さん許しておくれ!

さて、雑談はこの辺にして
今回はコモンマーモセットの
カナちゃんのご登場〜!!

すっぽりとお部屋に入って
顔だけを出してる姿
最高に可愛いですね^ – ^

コモンマーモセットは見ての通り
小型のお猿さんで、大人になっても
体長は20〜30センチ程です!!
ペットとしても人気があり
表情も豊かで、気に入られると
固い絆で結ばれることも!!

しかし、やはり動物!!
そう一筋縄ではいかないのも
事実です。
特に、猿は知能が高く
成長するにつれ自分の意思が
強くなり人間の言うことを
きかせるのが難しくなる
と言います!!
頭がいいからこそ楽しく
魅力があり、頭がいいからこそ
とても難しいのです!!

なのでもし、猿を飼いたい!!
と思っている方は心構えと
しっかりとした環境で
飼ってあげて下さいね^ ^

あっ!! カメラに気づいた!!
なんだろ〜?と言わんばかりの表情…

撮らないで〜!!
恥ずかしがり屋のカナちゃん
潜ってしまいました^_^;

カナちゃんは女の子という事で
入荷したのですか
成長と共に男の子である事が判明

実はもう2匹
男の子ばかり3匹も居るんですよ^ ^
また他の男の子達の方も
紹介したいと思います!!
では、今日はここまで^ – ^

〜今日の生き物〜
コモンマーモセット
学名:Callithrix jacchus
英名:Common Marmoset
分布:ブラジル東部