Tag: 関西

昔々の大昔のある年の暮れのこと
神様が動物達にお触れを出したそうな…

「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。
1番早く来た者から12番目の者までは
それぞれ1年交代で順番に動物の大将に
してやろう」と言いました。

それを聞いた動物達は元日が来るのを
指折り数えて待っていました。
ところがネコは神様のところに行く日を
忘れてしまったのでネズミに聞きました。

するとネズミは「1月2日の朝」だと
嘘の日にちを教えたのでネコは元旦の日
参加する事は出来ませんでした。

歩くのが遅いウシは夜のうちに支度をし
まだ暗いうち皆よりも早く出発しました。
それを見ていたネズミは
ウシの背中にこっそりと飛び乗りました。

そんな事とは知らず
ウシが神様の御殿に近付いてみると
まだ誰も来ておらずウシは大喜び
ウシを迎え入れようと門が開いた瞬間

ウシの背中から飛び降りたネズミが
先に門を潜り1番になってしまいました。

ネズミに先を越されたウシが2番となり
そこからトラ、ウサギ、龍、ヘビ、馬
ヒツジ、サル、鳥、犬、イノシシ
の順で到着しました。

ネズミに嘘をつかれたネコは
大将の仲間に入れてもらえず
今でもその時の事を恨んで
ネズミを追い掛け回しているそうです。

この十二支のお話は日本版だけでなく
中国やモンゴル、ロシアなどにも存在し
それぞれの国で内容が異なりますが
ネズミがズル賢いという顛末だけは
共通しているというから不思議ですね。

とりあえず?

ネコは可哀そうな奴で
ネズミはズル賢い最低な奴という事で。

ちなみに…
動物プロダクションとして
十二支の動物を集めるのに苦労する点は
何だか解りますか?

龍…辰としてタツノオトシゴにするか
龍のまま龍魚と呼ばれるアジアアロワナか
意外にもそんなイメージ問題で苦労します
水槽展示なのはどちらも一緒なので
選ぶのはどちらでも良いとは思うのですが
個人的にはタツノオトシゴ=龍にはならず
龍と言えば龍魚=アジアアロワナ派
かなりの少数派かもしれませんがね(笑

http://sf-japan.ocnk.net/page/23

 

 

 

動物プロダクションとは簡単には動物貸出業
撮影内容などに応じて動物を調教する場合や
個体に応じ訓練などを行う必要もありますが
基本的には動物の習性や本能を利用し
それぞれの個体の特性などを生かせるように
現場や内容に沿った動物をキャスティング

勿論、保有していない種の動物や生き物
昆虫などの野生種のご依頼もありますので
野外採集などで段取りするような事もあれば
撮影に適した動きが可能なアニマルタレント
指定された種を保有されている業者や動物園
個人で活躍されているトレーナーさんなど
キャスティングの方法は生き物の数だけ様々

そんな動物プロとしての活動の中で
動物を使った番組やドラマ、映画やCM
MVなどの撮影時にも監修依頼が入るケース
施工と同時に対応するものもあれば
編集段階でのチェックのみの依頼まである。

海外の撮影チームが日本国内で撮影する事が
年々増えてきている事もあり
動物や昆虫などを使った撮影などに対しては
徹底したアテンダントを要求される。

各国によってレイティング審査の基準が違う
日本で問題視されていない事が問題視され
キャスティングする動物の数を増やしたり
動物用に保障される内容部分が圧倒的に違う

レイティング審査…
日本にも映倫という審査機関が存在するが
性的描写や暴力描写などは規制対象とするが
動物の扱いに対しては映画倫理綱領にある
宗教と社会の項目の中で

(1)信教の自由を尊重し ゆえなくこれを軽侮
中傷し憎悪を掻き立てる様な表現は避ける。

(2)人権の著しい侵害にあたらない限り
其々の国や地域の文化的多様性を尊重する。

(3)著しく反倫理的な行為を容認するような
表現ならびに善良な風俗
習慣を乱し否定するような表現は避ける。

(4)動物の生命および自然環境を

尊重することの重要さに配慮する。

日本のレイティング審査の基準とされやすい
映倫でさえ動物の事に関しての記述は
この項目にある最後の一行のみなのである。

他国ではあまり問題にならないような事柄に
神経質過ぎるのも無理はないと思いますけど
毎回基準差に悩まされるのも吝かではないし
諸外国の方々と一緒に仕事が出来る醍醐味は
現場の面白さを充分に感じさせてくれます。

如何でしたか?
動物プロダクションの業として
次回は様々なペットビジネスのプロデュース
コンサルティングなどのお仕事内容について
また時間があれば書いてみたいと思います。

 

 

 

生きもの達の「生と死」に向き合い
動物の命について考える事が飼育者であり
生きもの達の死と向き合うことで後悔し
愛情を注いだ分だけ悲しみや後悔を纏う。

悔まれる気持ちを様々な学びに変え
その死に疑問を感じ
気になることを調べ始める

何が足りなかったのかが気になり栄養学を
何かしてやれなかったのかで獣医学を
自身のスキルを疑い飼育書を読み返す…

次に生かす為、次に後悔しない為
生きもの達を無駄死にさせない為の勉強

その勉強を苦に感じるのか?
それを必要だと思わないのか?

命を預かる責任すら感じず
命の尊さすらにも気付けない
生きものの死に無頓着な者が増えている。

プロ意識や飼育スキル以前の問題

動物業界以外では通用するのか知らないが
生きものの命を預かる立場である以上
生きものの死に無頓着な者は
動物業界では不適合者でしかないはず。

不注意でモノを壊すのと
管理ミスで生きものを殺すのは意味が違う

失敗の原因を「意識の弱さ」にすり替え
なぜ失敗してしまったのか原因追究をせず
「意識が足りませんでした」と片付ける。

失敗の全てを意識の問題にしてしまうと
常に意識を集中し続けなくてはならず
結局意識が消耗し 同じ失敗を繰り返し
いずれ「自分はダメな人間なんだ」と諦め
何をするにも自信がなくなるという悪循環
負の連鎖が始まる。

何について書いたのか
どこに向けて書いたのか
ただの愚痴なのかも知れませんが

書いてる本人がわからなくなってきたので
今日はこのへんで(笑

…to be continued

 

一人暮らしをして
あっという間に1年ちょっと経ちました

一人と言うのは案外寂しいものです
しかし、そう言うときは
僕は映画を観ます!

最近観ているのは
ファンタスティックビースト!!

公開中に映画館で観たのですが
あの感動が忘れられないので
今では家で、繰り返し観ています^ ^

魔法動物が沢山登場し
とても世界観に引き込まれます!!
まだ観てない〜と言う方は是非^_^
オススメです!!

さて、今回は少しハデな奴

この黒に黄色の水玉模様
いかにも毒々しい
彼らはマダラサラマンダー
またの名をファイアサラマンダー
と言い、ヨーロッパの森の中に
生息しています!!

名前もさることながら
色もチョーかっこいいですね!

この独特の色は”警戒色”と言い
自分は毒を持ってるぞ〜
危険だぞ〜と外敵に知らせて
いると言います!!

その忠告を無視して近づいて
来たものには毒のキツ〜イ
お仕置きが待っているので
用心したいものです(;o;)

まさに綺麗な薔薇には棘がある
と言う言葉が似合う
ファイアサラマンダーでした^ ^

〜今日の生き物〜
ファイアサラマンダー
学名:Salamandra salamandra
英名:Fire Salamander
分布:中央ヨーロッパから
南ヨーロッパ全域

照りつける夏の日差しが
より一層激しい今日この頃
いかがお過ごしでしょう?

最近は大阪に台風が直撃
したりと、天気の方も
荒れました( ;  ; )

そんな情緒不安定な
天気をよそ目に
久しぶりに懐かしい
“夏”を目にしました!

クマゼミの終齢幼虫!
昔はよく捕まえて
家で成虫になるのを
眺めて興奮していたものです^_^

公園に行くといたるところに
穴が空いていて
改めて夏を実感しました!!

もし、幼虫を見かけたら
優しく見守ってあげましょう(^^)

〜今日の生き物〜
クマゼミ
学名:Cryptotympana facialis
英名:Blackish cicada
分布:関東地方以西

夏真っ只中いかがお過ごしでしょう
皆さん、遊びに仕事に充実していますか?

何でも仕事ばかりじゃダメ!もちろん
遊びばかりでもダメ
その二つを両立させる事こそ
大事なんだそうです^ ^

夏だからといって暑い〜と
ばかり言っていられないって事ですね!
トータルバランスを大切に
していきましょう^_^

さて、そんな夏の暑さも
吹き飛ばすくらいに元気な
メンフクロウたちが
すくすくと育っています!!

ほんの数ヶ月前までは
こーんなにチビだった子も

あっという間に大きくなりました!
本当にフクロウの成長は早いものですね^ ^

メンフクロウは顔が凄く特徴的ですが
やはり、お父さん似お母さん似
はっきり出ますね〜

2枚目の写真の子はお母さんに
よく似てるんです^_^
瓜二つってやつです!

この子本当にお母さんに似て…
と思ったらみんな顔がお母さんでビックリ
みんなお母さんに似ているメンフクロウ
でした〜

まだまだ暑い夏メンフクロウ達に
負けないぐらい元気でいくぞ〜(^^)

 

こんにちは、庄田です。
今回の写真は、羽角が片一方だけ
寝ている黒飴ちゃん(ユーラシア
ワシミミズク) を選びました!

ご存知の方が多いと思いますが、
羽角というのはミミズクの頭上に
ある耳のような飾羽のことです。
実際に耳だと勘違いされる方も
多いですが、本当の耳は顔の横
あたりの羽をかき分けると
見つけることができますよ(^^)

羽角の有無がフクロウとミミズク
の違いと言われていますが、
何故ミミズクには羽角がついて
いるのでしょうか?
まだ学術的に解明されては
いませんが、羽角を枝などに
見立てて木に擬態する為という
説が有力だと言われています。
他にも羽角を立てる事によって
後ろからの音を拾いやすく
しているのではないか、などの
説もあるようです。
いろんな説があって面白いですね!

きっと生物の進化と退化の上で
ミミズクに羽角があるという事は
何か意義のあることなんだろうな
と私は思います。
写真の黒飴ちゃんも、木に擬態
するために片方の羽角をわざと
寝かせているのかもしれませんね!

〜動物紹介〜
*黒飴
種名:ユーラシアワシミミズク
(ワシミミズク)
英名:Eurasian Eagle Owl
学名:Bubo bubo

 

こんにちは、庄田です。
今年もあと1ヶ月! 朝晩の冷え込みが
辛い季節になってきました(>_<;)
関東の方では既に雪が観測された日も
あるようです。

大阪では滅多に雪が積もる事が
ありませんが、雪が積もる地域に
生息している動物って白い毛色の
生き物が多いですよね。

一般的な考えとして、白い毛色は
雪や風景に溶け込みやすくなり、
外敵に見つかりにくくする役割も
あると言われています。

フクロウももちろん例外ではなく、
同じ種類でも白い羽色になることが
あるんですよ!

最初の写真は、白みが強いタイプ
(流通名はホワイト・タイガー)の
アメリカワシミミズクです!!

 

15327587_351187071906525_1417029206_n

 

こちらが通常のアメワシ。
見比べてみると全く色が違いますよね!

アメワシの分布はアラスカ~カナダ、
中央・南アメリカとなっており、
北へ行くほど白みが強くなる
傾向があると言われています!!

他にも白い羽色の種類も存在するので
色々見比べて見るのも楽しいかも
知れませんね(^^)♪

〜動物紹介〜

和名:アメリカワシミミズク
英名:Great Horned Owl
学名:Bubo virginianus
分布:アラスカ~カナダ、
中央・南アメリカ

 

オランジーナのCMで
コミドリコンゴウインコのコミちゃんが
登場しています!!
CMの撮影だけでなく
様々な現場で活躍する動物達に
こちらも日々、エネルギーを
貰っています!!

今回はプレーリードッグの登場です!
前回のブログで紹介した
リチャードソンジリス同様に
ふっくらしたおまんじゅうみたいで
見ているだけで癒されます!

そんなプレーリードッグが
おしくらまんじゅうをしていました!!

15057804_357126427962653_1293854804_n
ズームインしてみると完全におねんねタイム
でした^ – ^

15050201_357126314629331_802188025_n
もう一匹の方はもはや、顔がどこにあるかも
わかりませんね^_^;

2003年から感染症防止の為
輸入が禁止となり、国内繁殖のみ
となりましたが人気のある動物です!!
また、非常に寂しがりやな動物でもあり
一匹で飼うとストレスで自咬症などの
病気になる可能性もありますが
その反面、人には良く懐くと
言われています!!

天敵が近づくと、仲間に
「キャンキャン」と泣いて知らせることから
草原の犬=プレーリードッグと言う
名前がつけられたと言いいますから
驚きです!!

これからまだまだ寒くなってきますが
風邪をひかないように
おしくらまんじゅうをするのも
いいかもしれませんね^ – ^

〜今日の生き物〜
オグロプレーリードッグ
学名:Cynomys ludovicianus
英名:Black-tailed Prairie Dog
分布:北アメリカ中央部など

夏も過ぎて、秋が来ましたね!!
一気に気温が下がったので
つい、衣替えの時期を
逃してしまいました(‘Д’)
朝と、夜は特に冷えるので
みなさんも体調には
気を付けていきましょう!!

今回はフトアゴヒゲトカゲについて
書いていきたいと思います!
名前のようにアゴにヒゲのような
トゲがあります
トカゲということでとても
すばしっこいイメージがありますが
餌を捕るときや、逃げる時以外では
比較的おとなしいと言われています!(^^)!

日中はライトの下に集まって
重なり合ってとても仲良しな一面も
見せてくれます!!

14658156_342329859442310_1926554309_n

チューをしようとしたのか
一っぴきのフトアゴ君が
口を抑えられていました(*_*)
”ダーメ”と聞こえてきそうなくらい
見事に口を抑えていたので
たまらず、笑ってしまいました!!
くれぐれも、フトアゴ君のように
強引にチューをするのは
やめましょう(^.^)

まだまだ小さい子たちですが
大きくなると頭から尻尾まで
40センチを超えると言います!
これから、冬に向けてどんどん
寒くなってきますが、餌をたくさんを食べて
すくすくと育っていって
ほしいですね!!

~今日の生き物~
フトアゴヒゲトカゲ
学名:Pogona vitticeps
英名:Central bearded dragon
分布:オーストラリア東部から南東部