Our Blog

831.jpg
“カッコウ”
一度ぐらいは聞いた事がある名前だと思いますが
体長は約30cm前後になる鳥で、ユーラシア大陸や
アフリカに生息、日本には夏鳥として5月頃に飛来します。
このカッコウという鳥は、自分の卵を他の鳥に預け抱卵
子育てを仮親に托す“托卵(たくらん)”行為をします。
托卵する相手の鳥は自分よりも身体の小さなウグイスや
オオヨシキリ、ホオジロ、モズなどの巣に托卵しますが
近年では温暖化の影響や互いの生息環境の変化などから
オナガなどの他の鳥にも托卵する傾向が増えています。
卵から孵ったカッコウのヒナはウグイスやオナガの卵を
巣から捨て、自分だけを仮の親から育ててもらうという
“親が親なら子も子”という“ドあつかましさ”
しかし、我が子を仮親に預ける“托卵”という行為は
単純に無責任なものではなく、低体温という自身では
卵を温められない体温の低さに理由があるそうです。
※体温変動の少ない他種に抱卵させたほうが繁殖に有利
自身の卵を他の鳥の体温で温めてもらい
自分の子どもを守ってもらう方法を考えついたカッコウ
我が子の好む昆虫食の相手を探し
托卵を覚られないようにするために、卵の色や斑紋までも
仮親の卵に似せ、仮親の卵を巣から捨てて数合わせをし
仮親の卵とぶつかって割れぬよう固い殻で卵を産みます。
我が子を預けざるをえなかったカッコウ
動物たちの生きる知恵、生き残るための選択
勿論、托卵される側の鳥達も、カッコウが巣に近づいたら
猛烈に攻撃したり、カッコウが自分の巣に卵を産んだら
自分の卵と区別してカッコウの卵を放り出してしまうとか
対抗手段は持っているのでご安心を…。
托卵する側とされる側が互いの生存をかけての進化競争
生存競争に勝ち残るために進化をし続ける動物たち。