Category: 徒然

人為的なミスで動物を死なしてしまったり
ケガをさせてしまったりしている奴を見ると
人間相手と同じように保護責任者遺棄致死罪や
重過失致死傷罪で逮捕されてくんないかなと
切に願う瞬間が最近はかなりの頻度である。
動物の生き死にに関わるような事柄に対して
“忘れてましたすいません”で片付けられる度に
犯人の極刑を希望する被害者の身内の心境だが
勿論この手の法は動物相手だと適用されない。

そんな 人と動物の扱われ方の違いですが
法律上、人間は「人」ですが動物は「物」です。

では、その人間を診る「医師」と動物を診る
「獣医師」の違いは何でしょう?

人間の医師が動物に対して治療を行うことは
法律違反になるのかならないのか?

ちなみに「医師」の管轄は厚生労働省
「獣医師」は農林水産省が管轄になります。

医師は医師法に基づいて「人」に対して診療を
行う資格ですから「動物」は管轄外になるので
医師が動物を診療するのは当然違法となります。

獣医師も人間の医師同様に獣医師法に基づいて
「動物」に対して診療を行う資格ですので
獣医師が人を診療するのも当然違法となります。

【 獣医師法 】
http://www.houko.com/00/01/S24/186.HTM
【 獣医療法 】
※動物病院の開業などついて定められた法
http://www.houko.com/00/01/H04/046.HTM

「医師」だから動物を診ちゃいけない法律があり
「獣医師」だから人を診ちゃいけない法律がある
どちらも社会的責務の大きい国家資格なのです。

ですが…
法律上、人間は「人」ですが動物は「物」です。

動物への無資格での医療行為は器物損壊罪?
結果的に治れば器物損壊罪も適用されない?

獣医師以外の無資格な一般の方などが
自分が飼っている動物以外の動物
自身のペット以外の動物について行う治療行為は
報酬の有無に関わらず、それは診療行為にあたり
獣医師法あるいは獣医療法違反となります。
しかし、自分が飼っている動物についての治療は
基本的には診療行為にはあたりません。
※内容が動物愛護法に違反する可能性はあります

ペットショップが販売前の個体に注射をしたり
薬を飲ませたりといった医療類似行為を行い
客から対価を得た場合は法令違反になりますが
その個体の健康状態の維持管理を目的として
医療類似行為を行った場合などは不法行為とは
言えない事案や事例があるという事です。
但し、獣医師の処方などのない薬の投与や注射で
その処置を行った事により死亡した場合などは
動物愛護法に抵触する可能性もあります。
※動物に処方される薬の大半が人間用の薬です。
動物試験をクリアした薬が人間に利用されますが
安易に体重比のみで計算したものを与えると
動物種によって薬物に対しての代謝能力が違い
効かないだけでなく、中毒を起こす危険性もあり
素人判断だけでは非常に危険です。

法的にも曖昧なグレーゾーンが多いと感じるのは
動物関連の規制法が確立されていないのが原因か
自身の法解釈が間違っているだけなのかもですが
また機会があれば書いてみたいと思います。

日本国内で実施されている動物関連の
資格試験の名称を一覧にしたものだが
民間資格は聞いたことないようなのが大半
いつの間にこんなに増えたのか知らんが
仕事するうえで必要な資格なのかな?
どんな仕事に必要なのかさえ意味不明だが

【 国家資格 】

■獣医師 (獣医師法)

■動物愛護監視員
(動物の愛護及び管理に関する法律)

■狂犬病予防員 (狂犬病予防法)

■狩猟免許 (鳥獣保護法)

■と畜検査員 (と畜場法)

■種畜検査員
(家畜伝染病予防法/家畜改良増殖法)

■家畜人工授精師
(家畜伝染病予防法/家畜改良増殖法)

■家畜防疫員
(家畜伝染病予防法/家畜改良増殖法)

■食鳥処理衛生管理者
(食鳥処理の事業の規制及び
食鳥検査に関する法律)

【 公的資格 】

■家畜商(都道府県による免許制)

■家畜人工授精師(都道府県による免許制)

【 民間資格 】

■動物看護士 (JCSA)

■動物看護師 (日本小動物獣医師会)

■小動物看護士
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■小動物介護士
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■小動物健康管理士
(協同組合 ペットサービスグループ)

■小動物介護士認定
(財団法人 職業技能振興会)

■愛玩動物飼養管理士
(公益社団法人日本愛玩動物協会)

■動物看護技能師認定
(財団法人 職業技能振興会)

■愛玩動物救命士
(愛玩動物福祉協会)

■家庭動物販売士
(一般社団法人全国ペット協会)

■日本ペット技能検定協会認定トリマー
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■日本ペット技能検定協会認定トレーナー
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■日本ペット技能検定協会認定ペット販売士
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ペット繁殖指導員
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ペット飼育アドバイザー
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ペットビジネスコンサルタント
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ペット美容アドバイザー
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ペット繁殖指導員/日本畜犬学会
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ペット販売技能師認定
(財団法人 職業技能振興会)

■ペット栄養管理士
(日本ペット栄養学会)

■ペットエステティシャン
(ペットエステ国際協会ジャパン)

■ペット販売士
(株式会社日本畜犬学会)

■ペットグルーミングスペシャリスト
(ヤマザキ動物看護短期大学/同動物専門学校)

■ペットロス・カウンセラー
(日本ペットロス協会)

■トリマーペットスタイリスト試験
(特定非営利活動法人 日本能力開発推進協会)

■JADP認定トリマー
ペットスタイリスト資格(NPO法人JADP)

■トリミング技能師認定
(財団法人 職業技能振興会)

■ブリーディング技能師認定
(財団法人 職業技能振興会)

■ドッグアドバイザー
(NPO法人日本ドッグパーク普及協会)

■ドッグシッター
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ドッグ検定
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ドッグヘルスアドバイザー
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ドッグトレーニングアドバイザー
(一般社団法人日本ペット技能検定協会)

■ドッググルーミングスペシャリスト
(日本動物衛生看護師協会)

■PSGコンパニオンドッグトレーナー
(日本動物衛生看護師協会)

■家庭犬トレーニング技能師認定
(財団法人 職業技能振興会)

■PD公認トリマー
(社団法人 日本警察犬協会)

■日本警察犬協会(NPD)認定犬訓練士
(社団法人 日本警察犬協会)

■日本警察犬協会公認訓練士
(社団法人 日本警察犬協会)

■ジャパンケネルクラブ公認トリマー
(ジャパンケネルクラブ)

■ジャパンケネルクラブ公認ハンドラー
(ジャパンケネルクラブ)

■ジャパンケネルクラブ公認訓練士
(ジャパンケネルクラブ)

■ジャパンケネルクラブ公認訓練教士
(ジャパンケネルクラブ)

■JSV公認訓練士
(社団法人日本シェパード犬登録協会/JSV)

■JDA公認トリマー
(社団法人全日本愛犬技術者指導協会)

■AFC認定家庭犬しつけインストラクター
(アニマルファンスィアーズクラブ)

■日英家庭犬トレーニング協会認定
家庭犬トレーニングインストラクター
(日英家庭犬トレーニング協会)

■キャットグルーマー
(インターナショナルキャットクラブ)

■認定装蹄師
(社団法人日本装蹄師会)

■乗馬ライセンス
(社団法人全国乗馬倶楽部振興協会)

■生物分類技能検定
(財団法人自然環境研究センター)

■初生雛鑑別師
(社団法人畜産技術協会)

■ホリスティックカウンセラー
(一般社団法人日本アニマルウェルネス協会)

Wiki:掲載情報一部引用

インドネシアのジャングルで偶然撮影された
マカクザル「ナルト」の自撮り写真をめぐり
自撮り写真を撮影したカメラの所有者である
自然写真家とアメリカの動物愛護団体
動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)が
この自撮り写真の著作権を巡って争っていた
裁判はサンフランシスコの連邦裁判所による
「動物に著作権保護は適用とされない。
このサルに写真の著作権は認められない」と
判断、PETA側が上訴を断念したことで
2年にも及ぶ訴訟に決着がついた形となった。

 

※下の画像が「ナルト」の自撮り写真である。

WILDLIFE PERSONALITIES by David J Slater

 

この訴訟の発端は2011年
インドネシアのスラウェシでイギリス人の
自然写真家デイビッド・スレイター氏が
絶滅危惧種のクロザルを撮影していた際
放置されていたカメラに動物達が興味を持ち
このカメラを使ってサル達が遊び始めた事が
サルの自撮り写真という偶然を生んだ。

この奇跡的な一枚の写真が口コミで広まり
インターネットなどで拡散された事で
この写真の著作権を巡って論争が始まった。

著作権は自分にあると主張するスレイター氏
写真の使用料を払わないのは違法であり
経済的損失を被ってきたと主張し
ライセンスフリーの画像などを提供する
ウィキメディア・コモンズに対し
「ナルト」の写真を削除するように要求

しかし、削除要求されたウィキメディア側は
人間ではなく動物によって撮影された写真は
パブリックドメインに属すると主張し
スレイター氏の要求を拒否したのである。

この両者の争いに加え、2015年
動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)が
クロザルの「ナルト」に代わり
この写真の著作権所有を求める訴訟を起こし

著作権法は作品を作った者に対して著作権を
付与するものであり
そこに生物の種類の制限は無いはず。
著作権法はカメラを所有する人間ではなく
写真を撮った存在に権利を与えていると主張

これが「サルの自撮り」を巡って巻起こった
動物に財産権が認められるのかが争われた
前代未聞と言われた裁判の全容です。

個人的な意見としては、意外性のない結末
「やっぱりね…。」という結果でしたが
動物を「物」として扱うのか
動物にも権利を与えるのかという論争の中
世界中の注目を集め続けていたこの裁判は
野生動物たちの存在をアピールするうえでも
意味のあるものだったのではと思います。

又、原告が動物という珍しい裁判は1995年に
奄美のクロウサギやオオトラツグミ
アマミヤマシギ、ルリカケスを原告とした
「アマミノクロウサギ訴訟」というものが
土地開発で生存を脅かされた動物達に代わり
住民たちの方々が動物の生存権を主張して
開発の差止めを求める裁判というものが
日本でも過去に行われた事がありましたが

日本の場合は動物に訴訟を訴える資格はない
法律は人を対象としたものであり
法律で認められる権利が帰属するのは人だけ
という判断から訴えを却下したそうですが

住民たちは、天然記念物や絶滅危惧種などに
指定されている奄美の固有種たちを守れない
不甲斐なさから予想された結果と解りつつも
現行法では自然環境を保護することの困難さ
その限界を世間の人たちに知ってもらおうと
訴訟を提起されたのだそうです。

 

 

動物に対して虐待行為と思われる行為の強要
動物に対する配慮など微塵も感じない現場

動物愛護問題が問題視されている昨今でさえ
日本の撮影現場では普通に行われています。

勿論、撮影前の段階で内容的に拒否するもの
現場での無茶な要求や要望などに対し
その場で問題定義したり拒否する現場など
様々なケースやパターンが存在しますが
基本的には小道具扱いされている場合が多く
動物に対しても丁寧に扱って頂ける現場は
ほんの一握りと言っても過言ではありません

日本には動物取扱業という動物を扱う側への
規制や法律などは少なからずありますが
撮影に動物を使用する際のガイドラインが
テレビや映画の制作側には設けられておらず
最終的には動物を貸し出す側の判断のみ
この点に関しても曖昧な法解釈が先行し
動物愛護法という効力は現場に生かされず

制作側も低予算の中で最大限の努力はするが
低予算ゆえの扱いが動物へのシワ寄せを生み
低予算でも請け負わねば生計が成り立たない
動物業者との構図や専門業者すら使えずに
一般の飼育者から借りて撮影する制作側など
動物達の扱い方にまで配慮できる形態には
なっていないというのが実情だと思います。

映像制作の現場での動物の扱い方に対し
何の規制や順守義務も持たない日本の現場で
基準とされる海外のようなガイドラインが
導入されるのはいつの日なのだろうか?

 

 

「この映画を製作するにあたって
いかなる動物虐待も行っていない」

「この映画の制作にあたり
危害を受けた動物はいません」

アメリカの動物映画でエンドロールに流れ
表示されているこの一文・コメント内容は
公式に認められた動物福祉団体が策定した
動物の為のガイドラインを制作会社が採用し
動物の扱い方に対してこの団体からの助言や
撮影時の査察を受けている事を示している。

日本の作品に見られる“一応入れとくか”
程度の軽い認識のものではない。

このガイドラインは動物たちの安全は勿論
動物たちを使おうと考えるメディアの方々の
立場や権利をも守る為のガイドラインです。

私たちは“動物プロダクション”として
動物を扱うプロとして世界基準を推奨し
このガイドラインの普及に取り組んでいます

 

 

動物プロダクションと言えば
実際にリアルな生きもの達を使った
リアルな撮影がメインだと思われがちですが
実写以外にも映画やCM、PVの中で使われる
CGなどの素材作りや動物の鳴き声などの
音源や音響素材などを制作する為のご依頼や
本物の昆虫や動物などの生きもの達を使い
よりリアルな生きもの達の動きや挙動
表情やしぐさなどを作る為の素材作り
トレースの為のご依頼などにも対応します。

リアルな動物達の動きに驚かされるほどのCG

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日や

実写版ジャングル・ブックなどで見られる
実写と見間違うほどの映像美と世界観

国内でこれほどの作品が作られる可能性は
映像技術などの問題だけではないので
現実的には極めて低いと思われますが

いずれ動物愛護などの観点から考えても
動物を酷使するような撮影内容ではなく
動物はブルーバックのスタジオで撮影を行う
無理な動きや動物に負担のかかるシーンは
CGで対応するといった事が当たり前になる
そんな時代もありなんじゃないのかな?

と、思ってみたり 願ってみたり
そんな今日この頃。

モズという鳥は生け垣などの尖った小枝や
枝木の隙間、有刺鉄線のトゲなどを利用し
バッタやカエルなどの獲物達を串ざしにする
変わった習性がある事で知られています。

 

 

日本ではこれを鵙の早贄や百舌の早贄と書き
「モズのはやにえ」と呼んでいる。
生贄のように吊るされる亡骸の不気味さゆえ
江戸時代には「モズが鳴く夜は死人が出る」
と信じられ、凶鳥として扱われてきました。
又、ドイツではモズの事を「絞め殺す天使」
イギリスでは「屠殺人の鳥」などと呼ばれ
この習性のお陰でどの国でも散々なイメージ

そんな凶鳥イメージのモズですが、昔の人は
本能的に雪に隠れない高さに早贄があるとし
吊るされる位置が低ければその年の積雪量が
少ないと、カマキリの産みつける卵塊同様に
その年の積雪量を占っていたというのだから
モズを信用してるんだか信用してないんだか
なんとも微妙なお話なのである。

捕獲した獲物を尖った枝などに突き刺す…。
なんとも狂気じみた行為にも思えるが

この行動には諸説があり、何の為に行うのか
実際のところは解明されていないようですが
自分の縄張りを他の鳥に誇示する為の行為や
冬を越すための食糧管理の為の行為だとか
いずれも憶測の域を脱しないのが残念だが
捕食された形跡も無く吊るされた亡骸も多く
餌付けされた個体でもはやにえを行う事から
本能的な要素が強いと考えられている。

又、肉食傾向が強い鳥の為、猛禽類のように
上顎の形状は下方に曲がり嘴縁突起まである
のだが、肉食のタカやフクロウ達のように
獲物を掴むだけの脚や爪は発達していない為
脚で抑えた状態で獲物を引き裂く事が出来ず
モズなりに考えた生活の知恵なのであれば
動物って凄いよね!!

で片付く話だと自分は思うのだが(笑

 

 

■和名:モズ (百舌/百舌鳥/鵙)
■学名:Lanius bucephalus
■英名:Bull-headed shrike
■分布:日本 中国東部から南部
朝鮮半島 ロシア南東部
■環境:日本では全国の平地から森林
農耕地、河畔林などに生息して繁殖
■体長:全長約20cm程度
■食性:動物食(昆虫 甲殻類 爬虫類 哺乳類)
※あんまり良いイメージの少ない鳥ですが
なんと大阪府の府の鳥として認定されており
堺市の市の鳥さんにも指定されている。

 


尚、画像にある「はやにえ」らしき亡骸達は
大阪府の北部で昨日撮影されたものですが
串刺しにされた状態の亡骸数が非常に多く
低位置である事からモズの仕業ではなく
まだ命を理解していない小さな子供の仕業か
理解した上で行われている鬼畜行為なのか…

はっきりとした事は言い切れませんが
世知辛い世の中なんだとは思いたくないので
ま、モズの早贄であって欲しいと願いつつ
そのへんの事に関してはご了承下さいまし。

 

Just this side of heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge.

There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together.

There is plenty of food, water and sunshine, and our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor. Those who were hurt or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by.

The animals are happy and content, except for one small thing; they each miss someone very special to them, who had to be left behind.

They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.

His bright eyes are intent. His eager body quivers. Suddenly he begins to run from the group, flying over the green grass, his legs carrying him faster and faster.

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again.

The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more into the trusting eyes of your pet, so long gone from your life but never absent from your heart.

Then you cross Rainbow Bridge together.

See you over the Rainbow Bridge someday.

My beloved KEITH.

 

 

生きもの達の「生と死」に向き合い
動物の命について考える事が飼育者であり
生きもの達の死と向き合うことで後悔し
愛情を注いだ分だけ悲しみや後悔を纏う。

悔まれる気持ちを様々な学びに変え
その死に疑問を感じ
気になることを調べ始める

何が足りなかったのかが気になり栄養学を
何かしてやれなかったのかで獣医学を
自身のスキルを疑い飼育書を読み返す…

次に生かす為、次に後悔しない為
生きもの達を無駄死にさせない為の勉強

その勉強を苦に感じるのか?
それを必要だと思わないのか?

命を預かる責任すら感じず
命の尊さすらにも気付けない
生きものの死に無頓着な者が増えている。

プロ意識や飼育スキル以前の問題

動物業界以外では通用するのか知らないが
生きものの命を預かる立場である以上
生きものの死に無頓着な者は
動物業界では不適合者でしかないはず。

不注意でモノを壊すのと
管理ミスで生きものを殺すのは意味が違う

失敗の原因を「意識の弱さ」にすり替え
なぜ失敗してしまったのか原因追究をせず
「意識が足りませんでした」と片付ける。

失敗の全てを意識の問題にしてしまうと
常に意識を集中し続けなくてはならず
結局意識が消耗し 同じ失敗を繰り返し
いずれ「自分はダメな人間なんだ」と諦め
何をするにも自信がなくなるという悪循環
負の連鎖が始まる。

何について書いたのか
どこに向けて書いたのか
ただの愚痴なのかも知れませんが

書いてる本人がわからなくなってきたので
今日はこのへんで(笑

…to be continued

 

こんにちは!上杉です
照りつける夏の日差しが
より一層激しい今日この頃
いかがお過ごしでしょう?

最近は大阪に台風が直撃
したりと、天気の方も
荒れました( ;  ; )

そんな情緒不安定な
天気をよそ目に
久しぶりに懐かしい
“夏”を目にしました!

クマゼミの終齢幼虫!
昔はよく捕まえて
家で成虫になるのを
眺めて興奮していたものです^_^

公園に行くといたるところに
穴が空いていて
改めて夏を実感しました!!

もし、幼虫を見かけたら
優しく見守ってあげましょう(^^)

〜今日の生き物〜
クマゼミ
学名:Cryptotympana facialis
英名:Blackish cicada
分布:関東地方以西

こんにちは〜上杉ですよ〜!!
夏真っ只中いかがお過ごしでしょう
皆さん、遊びに仕事に充実していますか?

何でも仕事ばかりじゃダメ!もちろん
遊びばかりでもダメ
その二つを両立させる事こそ
大事なんだそうです^ ^

夏だからといって暑い〜と
ばかり言っていられないって事ですね!
トータルバランスを大切に
していきましょう^_^

さて、そんな夏の暑さも
吹き飛ばすくらいに元気な
メンフクロウたちが
すくすくと育っています!!

ほんの数ヶ月前までは
こーんなにチビだった子も

あっという間に大きくなりました!
本当にフクロウの成長は早いものですね^ ^

メンフクロウは顔が凄く特徴的ですが
やはり、お父さん似お母さん似
はっきり出ますね〜

2枚目の写真の子はお母さんに
よく似てるんです^_^
瓜二つってやつです!

この子本当にお母さんに似て…
と思ったらみんな顔がお母さんでビックリ
みんなお母さんに似ているメンフクロウ
でした〜

まだまだ暑い夏メンフクロウ達に
負けないぐらい元気でいくぞ〜(^^)